ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ブレイディみかこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103526810
ISBN 10 : 4103526815
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
256p;20

内容詳細

Yahoo!ニュース|本屋大賞2019 ノンフィクション本大賞ノミネート! 大人の凝り固まった常識を、 子どもたちは軽く飛び越えていく。 世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、 落涙必至の等身大ノンフィクション。 優等生の「ぼく」が通い始めたのは、人種も貧富もごちゃまぜの イカした「元・底辺中学校」だった。 ただでさえ思春期ってやつなのに、毎日が事件の連続だ。 人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。 時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。 世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子と パンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。 連載中から熱狂的な感想が飛び交った、私的で普遍的な「親子の成長物語」。 はじめに 1 元底辺中学校への道 2 「glee/グリー」みたいな新学期 3 バッドでラップなクリスマス 4 スクール・ポリティクス 5 誰かの靴を履いてみること 6 プールサイドのあちら側とこちら側 7 ユニフォーム・ブギ 8 クールなのかジャパン 9 地雷だらけの多様性ワールド 10 母ちゃんの国にて 11 未来は君らの手の中 12 フォスター・チルドレンズ・ストーリー 13 いじめと皆勤賞のはざま 14 アイデンティティ熱のゆくえ 15 存在の耐えられない格差 16 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとグリーン

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 修一郎 さん

    8/31の「久米宏のラジオなんです」にブレイディみかこさんが出演されて,英国の緊縮財政はいかに低所得者層の子供を苦しめているかを懇々と語っておられた。港町ブライトンの元底辺校からの息子さんのお姿,御本人は地べたからの発信とおっしゃるけども,特別な地域の稀有な事情だとは思えない。人種差別にLGBT,私立校と公立校階級,様々な差別を受けたり見たり一見すると問題だらけの学校のあれこれをイエロー&ホワイトを自認する息子さんは軽々と乗り越えて見せるのだ。めっちゃ面白いです!英国比較本は数あれど,こいつは秀逸です!

  • seacalf さん

    これは違う惑星の話か?と思う程、度肝を抜かされた。のほほんと漠とした印象しか持っていなかった英国イメージが木っ端微塵だ。日本とはまるで違う教育システムや学校のありかたを知るだけでも単純に面白いし、想像以上に深刻な貧富の差や人種差別などをリアルな視点で知ることができる。多様性を認めるが故に、より公平さを求められる言葉へとどんどんと書き替えられていく風潮に若干違和感。おおらかさ皆無の、ひどく窮屈さを感じる世の中になったもんだ。息子さんの真っ直ぐさがとても鮮烈で、成長物語としてもかなり読ませる内容なのでお勧め。

  • kou さん

    一つ一つの話しが面白て深く、息子の発言や行動にハッとさせられることが多かった。これを読むと日本の教育は国際的に遅れているのでは?と不安になってしまう。自身も先入観を無くし、エンパシーを鍛えたい。それにしても、読めば読むほど、素敵な親子だと思う。連載は続いているようなので、是非2巻、3巻と続いていってもらいたい。

  • bunmei さん

    アイルランド人の夫と英国で暮らし、中学生の息子がいる著者。著者の視線を通して、日本とは違う教育システムの英国教育の中で、思春期に差し掛かる息子の考え方や成長を物語風に綴った一冊。小学校までは厳粛なカトリック校に通っていた息子が、中学校になると地元の中学校を選択。そこは、英国社会の陰の現実を反映したいじめやレイシズム、人種差別が当たり前のようにある元底辺中学校。そんな環境の中でも、冷静に逞しく成長していく息子の様を母の視線で捉えていきます。子供達なりに社会の理不尽さを乗り越えていく力強さを感じる一冊です。

  • 蜻蛉切 さん

    中学生になった息子の日常を中心にしたエッセイ。 社会階層の分断とかヘイトの問題とか、貧困とか人種とか、そういった社会の矛盾渦巻く中で悩んだり、傷ついたり傷つけたり・・・そんな日々の母と息子の会話は、一見クールだけれど、その行間に、著者の困惑とか哀しみとか、そういったものが垣間見える。 何が正解かは、分からないけれど、これからもきっと彼は(勿論著者もだが)、悩んだり怒ったり、正論吐いたりしていくんだろうな。 くすっと笑えたり、じわっときたりする部分も多いけれど、「やり切れなさ」が後に残る作品である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブレイディみかこ

1965(昭和40)年福岡生れ。県立修猷館高校卒。音楽好きが高じてアルバイトと渡英を繰り返し、’96(平成8)年から英国ブライトン在住。ロンドンの日系企業で数年間勤務したのち英国で保育士資格を取得、「最底辺保育所」で働きながらライター活動を開始。2017年『子どもたちの階級闘争』で新潮ドキュメント賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品