ブルック・バーカー

人物・団体ページへ

せつない動物図鑑

ブルック・バーカー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478102138
ISBN 10 : 4478102139
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;19

内容詳細

「サイは悲しそうに鳴く」って、知ってた?
絶対だれかに話したくなる115の本当の話。
クスッと笑えて、ちょっぴりためになります。

【著者紹介】
ブルック・バーカー : 作家、イラストレーター、コピーライター。初の著書である『せつない動物図鑑』が、ニューヨーク・タイムズ紙とロサンゼルス・タイムズ紙のベストセラーリストに載り、世界各国で翻訳出版された。イラストレーターとしての活動は幅広く、コカ・コーラやナイキの広告制作などにも参加。現在は夫とともにオランダのアムステルダムに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 馨 さん

    知らなかった事実満載で楽しく読みました。そういえばゾウがジャンプしている姿は見たことが無いな、ラッコってそんなに毛深いのだな、キツネって孤独な動物なのだな、ウミガメはお母さんに会ったことがないのか。。。等結構動物界は切ないというか、本人たちはそれが生まれ持った定めだから何とも思っていないのかもしれませんが厳しいというかシビアな世界なのだなと思います。

  • とろこ さん

    「図鑑」というよりも、「絵本」に近い。もっと詳しく掘り下げてほしい、と思うところもあったが、動物や昆虫について、浅く広く知るには良かった。意外な事実もたくさん知れた。人間からすれば、「せつない」生態でも、動物たちにとっては、それが摂理。そう思うと、今まで以上に、動物に対して親近感を覚える。苦手な生きものもいるが、彼らは彼らなりに懸命に生きているのだ、と思えば、愛着までは湧かなくとも、これまでとは少し違った感情を抱けそうな気がする。

  • Miyuki Usa さん

    ワニの脳の重量はオレオ一枚以下。。ホタルは成虫になると何も食べない。。犬がテレビを見るのは人間に付き合っているだけ。。 せつない。イラストとつぶやきがまたなんともせつないというか愛らしいというか。その動物への好奇心が膨らみ、癖になる本です。

  • ゆみきーにゃ さん

    《図書館》イラストが可愛すぎる^ ^すっごく面白いし手元に置いておきたい一冊でした。

  • thayami さん

    1つ1つの生き物から、異なる”せつなさ”が伝わるイラストとコメント。一般的な図鑑に飽きた時など、有効活用できますね。読後、少々強引ですが「運命」、「宿命」そして「合理性」三区分で、好みの生き物を3種類ずつ選んで、漢字変換してみる。「運命」が、鯨、蠅、鼠。次に「宿命」は、象、麒麟、皇帝人鳥。最後に「合理性」は、烏、亀、蜥蜴。因みに、どうやってその結論にたどり着いたのか摩訶不思議な生き物が、孔雀、羊、鰊。人類の期待であり、夢なのかもしれないなぁ。:)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルック・バーカー

作家、イラストレーター、コピーライター。イラストレーターとしての活動は幅広く、コカ・コーラやナイキの広告制作などにも参加。現在は夫とともにオランダのアムステルダムに住んでいる

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品