CD

4手ピアノによる交響曲全集〜第0番〜第9番 ピアノ・デュオ・ディノ・セクイ&ゲルハルト・ホッファー(10CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TBRCD0080
組み枚数
:
10
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤

商品説明


目から鱗! 新鮮そのもの!
四手ピアノによるブルックナー:交響曲全集!
編曲者はレーヴェ、マーラー、シャルク兄弟ら錚々たる顔触れ


ブルックナーの交響曲全集を連弾で! しかもその編曲者たるやレーヴェ、マーラー、シャルク兄弟、ジンガーら錚々たる顔触れ。ブルックナーの門弟や紅衛兵ともいえる擁護者が心を込めて編曲したもの。お遊びでちょろちょろとやったものとは一線を画します。初期の交響曲が実に面白いのが特徴です。初期からかなり凝った作品をブルックナーが作り続けていたことが分かります。
 虚心坦懐に誠実な演奏を展開するのはディノ・セクイ(1984年ヴェネディク生まれ)とゲルハルト・ホッファー(1969ウェルス生まれ)のデュオ。ブルックナーの誕生日である9月4日にブルックナーがオルガンを弾いていたゆかりの地であるリンツ最大のバロック建築、旧大聖堂で10年以上に渡ってコツコツと演奏し続けた情熱がここに結実! 美麗ボックス入り、超特価(完全限定品)で登場です。(輸入元情報)


【収録情報】
『4手ピアノによるブルックナー:交響曲全集』


● 交響曲第0番ニ短調(アウグスト・ストラダル編)(14:34 / 12:57 / 7:22 / 11:53)
 録音時期:2019年9月4日

● 交響曲第1番ハ短調(フェルディナント・レーヴェ編)(12:44 / 11:50 / 6:49 / 14:15)
 録音時期:2008年9月4日

● 交響曲第2番ハ短調(ヨーゼフ・シャルク編)(18:38 / 13:04 / 7:08 / 12:46)
 録音時期:2009年9月4日

● 交響曲第3番ニ短調(グスタフ・マーラー編)(22:22 / 15:56 / 7:02 / 13:20)
 録音時期:2010年9月4日

● 交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(フェルディナント・レーヴェ編)(18:47 / 16:05 / 10:46 / 20:09)
 録音時期:2012年9月4日

● 交響曲第5番変ロ長調(オットー・ジンガー2世編)(21:48 / 18:45 / 10:28 / 20:04)
 録音時期:2013年9月4日

● 交響曲第6番イ長調(ヨーゼフ・シャルク編)(17:02 / 15:31 / 8:29 / 13:57)
 録音時期:2014年9月4日

● 交響曲第7番ホ長調(ヨーゼフ、フランツ・シャルク編)(20:07 / 21:56 / 10:18 / 12:50)
 録音時期:2016年9月4日

● 交響曲第8番ハ短調(ヨーゼフ・シャルク編)(14:43 / 14:55 / 26:22 / 22:12)
 録音時期:2017年9月4日

● 交響曲第9番ニ短調(ヨーゼフ・シャルク、フェルディナント・レーヴェ編)(25:05 / 10:38 / 24:42)
 録音時期:2018年9月4日

 ディノ・セクイ(ピアノ)
 ゲルハルト・ホッファー(ピアノ)

 録音場所:リンツ、旧大聖堂
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)


総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
まず全曲ライブレコーディングなので明らか...

投稿日:2020/02/09 (日)

まず全曲ライブレコーディングなので明らかなミスタッチや観客のノイズ(咳など)がところどころで気になりました。 演奏の出来不出来なのか編曲者の違いかは分かりませんが、共感できる演奏もあれば「???」の演奏もあり、音質も曲によって差異を感じました。 ただしブルックナーゆかりのリンツの旧大聖堂での録音なので多少の音質の悪さは納得して聴けます。 交響曲の連弾編曲なので突然大音量で鳴り出したりするので聴き流すより、ある程度音楽に対峙して聴くのがお勧めです。 ちょっと辛めに書きましたが、ごく最近に見つかった第0番を含めて全集にした演奏者及びスタッフは称賛に値します。 ブルックナー信奉者必聴の盤であることは間違いありません。

ぽぴたん さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
演奏者に最大限の拍手を送りたい。素晴らし...

投稿日:2020/01/25 (土)

演奏者に最大限の拍手を送りたい。素晴らしい演奏である。 大編成のオーケストラを要するブルックナーの交響曲をピアノ1台で表現するというのには最初は半信半疑であったが、1曲1曲聴いていくうちに正直すっかりハマってしまいました。初期の交響曲はまるで上質なピアノ・ソナタを聴いているようでオケで聴く以上に満足感が得られ、全作品を通しても、スケルツォ楽章は本盤のピアノ演奏の方が躍動感に溢れ、アダージョ楽章では抒情性が際立ち、曲想によってはある意味オケよりも雄弁に語っているようなところもあります。大聖堂での録音のため残響がかなり大きく賛否が分かれるところかも知れませんが、私はブルックナーの交響曲についてはこれはありと考えます。最近はベートーヴェン、ブラームスやマーラーの交響曲のピアノ編曲版がどんどん出てきていますが、このブルックナーはひとつの金字塔と言っても過言ではないと思います。

昭和の名盤楽派 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
これ、ブルックナー・ファンなら聴くべきで...

投稿日:2020/01/22 (水)

これ、ブルックナー・ファンなら聴くべきである。ブルックナーの交響曲は、弦のトレモロ、鳥のさえずりのような木管、そしてブラスの咆哮というサウンドと不可分の音楽ではないかとも思うが、当時の人はオケではなくピアノで聴いていたという。一聴してこれもアリだと納得してしまう。残響をたっぷりとった録音もあいまって(クレジットを見ればリンツのAlter dom!)4番の始まりのトレモロなどピアノであることに気付かない不思議な音響となっている。個人的には1番が最も好きかもしれない。あとは4番もよい。演奏は・・・一生懸命ピアノでオケを再現している!このピアノ連弾版でブルックナーの音楽をあらためて見つめてみると、やはり同時代の他の音楽の何にも似ていない。5連符的な衝突が交錯するところは、バッハ的ですらある。その個性の濃度が後期になればなるほど増していく変遷が聴けるのが面白い。価格も申し分なし。

コピーマスター さん | 千葉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品