CD 輸入盤

交響曲第9番 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ベルリン・フィル(1944)(旧東ドイツ放送局、1966年放送)(平林直哉復刻)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GS2220
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


稀少! 旧東ドイツ放送局(Deutschlandsender DDR)より
「フルトヴェングラー生誕80年記念」として放送されたブルックナーの第9登場!


【このCDの復刻者より】
「フルトヴェングラーが振ったブルックナーの交響曲第9番は、1944年10月に演奏されたベルリン・フィルとのものが唯一知られています。今回、当CDで復刻に使用したテープは1966年1月25日、旧東ドイツ放送局(Deutschlandsender DDR)より「フルトヴェングラー生誕80年記念」として放送されたものを使用しています(アナウンス付き)。伝えられるところによりますと、当時西ベルリン在住だった人物が旧東ドイツ放送局に出向き、その場でテープ(2トラック、19センチ、オープンリール)にコピーし、持ち帰ったそうです。演奏内容については、今さら繰り返すまでもありませんが、放送された当時、どれだけの数の人がラジオに耳を傾け、そして、どんな気持で聴いていたのか、それらを想像しただけでもワクワクしてきます。また、既存盤と比較すると、中低域のしっかりした、雰囲気の豊かな音場で再現されるのも魅力です。いずれにせよ、フルトヴェングラー・コレクターにとっては見逃せない珍品と言えるでしょう。」(平林直哉)

【収録情報】
● ブルックナー:交響曲第9番ニ短調(原典版)


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1944年10月7日
 録音場所:ベルリン、ベートーヴェンザール
 録音方式:モノラル(放送用録音)

 使用音源: Private archive(2トラック、19センチ、オープンリール・テープ)
 フルトヴェングラー生誕80年記念放送(旧東ドイツ放送局、1966年1月25日)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
是非とも、買うべきだ。フルトヴェングラー...

投稿日:2020/06/22 (月)

是非とも、買うべきだ。フルトヴェングラーのファンならとくに!聴いて ビックリ。「最初は、完全に、今迄、聞いていた「1944年10月フルトベングラー指揮・ベルリン・フィルのブルックナー:交響曲第9番」と別ものと思った。」ところが、現在までに販売された「フルトベングラー指揮・ベルリン・フィル1949年10月のブルックナー:交響曲第9番」と同じものだ。今迄の録音は、音が モノーラル録音らしいデットな響きの重厚な演奏のものだった。ちょうど、「ムラビンスキー指揮レニングラード・フィルのブルックナー:交響曲第9番」を、先取りした感じだった。ところが、新発売されたこのCDを、聴くと今迄に無い優美な、そして、「原典版」らしい簡潔な表現に驚かされる。フルトヴェングラーが、「ブルックナー:交響曲第9番」を、この様に演奏するとは、驚きだ。しかも、一部で、「ライブ録音」と言われていた。しかし、ライナーノーツによると、ナチス肝いりのラジオ放送用の録音で、フルトヴェングラーは、「ベートーヴェン・ザール」で10数日がかりで、「イヤイヤ」録音したという。それでも、この「ブルックナー:交響曲第9番」は、認識を改めさせる素晴らしい録音であります。そして、音も聴き易くなっている。是非とも、買って聴くべきだ。

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品