CD 輸入盤

交響曲第8番 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(1966年東京ステレオ・ライヴ)(2CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC2181
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


カラヤン&ベルリン・フィル1966年来日公演
ものすごい充実度と感動、1966年のブルックナー


カラヤンとベルリン・フィル1966年来日公演のうち、ベートーヴェンの交響曲全曲シリーズとならんでクラシック・ファンの関心を集めたのがブルックナーの交響曲第8番。まだ日本でブルックナー・ブームが起こる以前でしたが、聴衆の強い集中力と熱気が伝わる壮絶なライヴで、ベートーヴェンがカラヤンとベルリン・フィル芸術の精神的な骨格を示してくれたとすれば、ブルックナーは血と肉づけを体験させてくれたと評されました。シンフォニックな充実度も満点で、終演後の熱狂ぶりが当時の日本の音楽ファンの真摯さとして伝わります。(販売元情報)

【収録情報】
● ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 WAB108(ハース版)


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1966年5月2日
 録音場所:東京文化会館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

 国内プレス
 日本語帯・解説付

【NHKレジェンド・シリーズ 5】
NHKが収録した超大物来日演奏会ライヴ第5弾は、カラヤンとベルリン・フィル2回目1966年の来日公演が日の目を見ます。戦後21年、東京オリンピックの2年後ですが、日本のクラシック音楽ファンの間で大騒ぎとなり、高額なチケットを求める徹夜の長蛇の列がニュースとなりました。かくも当時の日本人を夢中にさせた幻の公演を初めてCD化。第1回発売は5夜連続で行なわれたベートーヴェンの交響曲全集、話題を集めたブルックナーの交響曲第8番、東京のみならず大阪でも話題となったフェスティバルホールのライヴ3点の登場となります。ご期待ください。
 古い音源を使用しているため、テープ劣化によるお聴き苦しい点もございます。予めご了承下さい。(販売元情報)

内容詳細

カラヤン指揮、ベルリン・フィルによる、ブルックナーの交響曲第8番。1966年に来日した際に開催された演奏会でのライヴ録音で、密度の濃い演奏が会場の熱気を高め、圧巻のフィナーレを迎える。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 交響曲第8番ハ短調 (ハース版)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
面白かった。 他の方々のレビューにある「...

投稿日:2019/07/15 (月)

面白かった。 他の方々のレビューにある「充実」が、どういう意味かはわからないが、「名職人としてのカラヤンの最高例」だと思う。この演奏、ご本人が存命であれば「廃棄を命じた」のではなかろうか?なぜなら、第一楽章の再現部近くて「アンサンブルが崩壊している。それもホルンがリードすべき箇所をド忘れした結果」である。その後も、いくつかの箇所でホルンの音程が不安定になる。また最終楽章の冒頭も「危なっかしい」こと、この上ない。つまり「あのベルリン フィルが信じられないミスをしている」のだ。 指揮者のせいなのかオケのせいなのかはわからない。が、第3楽章の、文字通り「充実ぶり」は素晴らしい。また最終楽章の「ケリのつけかた」も、である。カラヤン自身は「ミスを犯さない完璧な大指揮者」という虚像を追い求めたが、カラヤンの最も素晴らしかった点は「どんなハプニングが起ころうと立て直し、確実に素晴らしい結果を残せる」名人芸(フルトヴェングラーやトスカニーニ、クナッパーツブッシュが持っていた)にあったのだ。この録音はそれを示す「好例」である。

Y.A さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
カラヤンにはもっと日本でブルックナーを演...

投稿日:2019/06/26 (水)

カラヤンにはもっと日本でブルックナーを演奏して欲しかったです。結局8番を二回と7番一回だけでした。86年の来日で9番を予定しながら、病気で来れず代わりに小澤氏がプログラムを変えて指揮しました。 これも19cm2トラを所持しますが、それよりはかなり音質は落ちますが、9.5p2トラの印象です。音の伸びは劣るものの、情報量はたっぷりあります。終楽章の最後の和音が音崩れがあり、テープの若干の損傷かと思われます。19センチ音源にはそうした瑕疵はありません。 75年DG盤がカラヤンのブル8の代表作ですが、終楽章は24分強で、実は75年頃のカラヤンのブルックナーは大変速いテンポだったのです。(9番は例外)。この演奏の終楽章は19cm音源では25分30秒ですが、このCDでは25分12秒程度で、若干ピッチが高いようにも聞こえますが、正確な事は分かりません。 こうして1966年カラヤンが頂点に上り詰めようとする端緒の時期の来日ライブ公演の発売は大変な衝撃だと思いますが、ですが、これがカラヤンの上限と思って頂きたくないので、あえて若干記載申し上げました。

karayanus さん | UNITED KINGDOM | 不明

0
★
★
★
★
★
これもすばらしいブルックナーの8番である...

投稿日:2019/05/20 (月)

これもすばらしいブルックナーの8番である。 ブルックナーの交響曲中カラヤンが最も多く演奏会で取り上げたのがこの8番であると思われる。 録音に若干難があるけど、1960年代のカラヤンの貴重なライブ演奏が聴けるのはありがたい。 1970年以降のライブ録音、スタジオ録音と比較しても、演奏の迫力、力強さはこの1966年ライブが勝っている。 カラヤンのこのようなライブを聴くと、カラヤンも当然ではあるがライブが本領発揮の場であったことが明らかになる。 スタジオ録音は、整理整頓された演奏(誰にもできる整理整頓ではないが)である。 最近は、ライブを主に聴いている。 昔の話になるが、1970年代後半ころに、Fヴェンブームが起こり、Fヴェンのライブはこれでもかこれでもかというくらいに発売された。 これを聴いた評論家のU氏が絶賛し、他方、カラヤンの演奏を、精神性がないとか、無機的とか、批判されていた。 Fヴェンのウラニアのエロイカが、某社から1枚1000円で限定発売された際のU氏の解説に、Fヴェンは一夜にして神になった、との記載があった。 これでは、誰も神様であるFヴェンには及ばないねといいたくもなったけど。 カラヤンのライブが多数発売されるようになったのは最近のこのことであり、U氏は、カラヤンのライブをあまり聴くことはできなかったと思われる。 燃えに燃えたFヴェンのライブと整理整頓されたカラヤンのスタジオ録音を比較してFヴェンを絶賛しても、比較の前提がこのように異なっていたのだから、実はあまり意味のないことだったともいえる。 最近他界されたU氏に、カラヤンの1966年ライブを聴いていただきたかったと思う。 もっとも、U氏も、カラヤンの1977年東京ライブを聴くことはできたはずだけど、このことについてのU氏のコメントはあるのだろうか。 今は、カラヤンもU氏も天国にいらっしゃるだろうから、天国でカラヤンとベルリンフィルが演奏する天上ライブ(あくまでライブ)をU氏に聞いていただいて、演奏終了後は、お二人が握手を交わしてくれることを願うものである。

cattleya さん | 福島県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品