SACD

交響曲第5番 ヴァント&ベルリン・フィル

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BVCC34147
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ライブ盤, ハイブリッド

商品説明

日本独自企画

ヴァント&ベルリン・フィル / ブルックナー:交響曲選集[2]
交響曲第5番

ヴァントにとっての運命交響曲。そのブルックナー指揮者としての道を決定付けた第5番の決定的名演。

1996年1月にライヴ収録されたこのブルックナーの交響曲第5番は、ヴァント&ベルリン・フィル初のブルックナー録音となったもの。交響曲第5番は、ヴァントにとって運命的ともいえる重要な意味を持つ作品。長年手塩にかけたケルンのギュルツェニヒ管弦楽団のポストを不本意な状況で辞任し、失意のうちにあったヴァントが、WDR(ケルン西ドイツ放送)からこの交響曲の放送用の録音を打診されたのが1974年。この交響曲を長年研究し、ブルックナーの全交響曲の中で第9番と並んで最も高く評価していたものの、まだ演奏できるほど解釈が熟していないと考えて演奏を避けていたといいますが、WDRからの打診を熟慮した上で、ついに演奏を決心。さらに綿密な研究とリハーサルを重ねて、録音を実現させました。
 その出来があまりにすばらしかったため、市販レコード化が決まり、ドイツ・ハルモニア・ムンディ・レーベルから発売され、各紙誌で絶賛を受け、それがきっかけとなってブルックナーの交響曲全曲録音が実現、さらにそれはシューベルト、ブラームス、そしてベートーヴェンの交響曲全曲録音を含む大プロジェクトへと発展し、ヴァントの名声を決定付けたのでした。(BMG JAPAN)

アントン・ブルックナー:
・交響曲第5番変ロ長調[原典版](76:52)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ギュンター・ヴァント

録音:1996年1月12-14日、ベルリン、フィルハーモニー[ライヴ]
プロデューサー:ゲラルド・ゲッツェ
エンジニア:クリスティアン・フェルトゲン
(ベルリン、シャローラン・スタジオ)

SACD Hybrid
CD 2.0ch./ SACD 2.0ch.

内容詳細

SA-CDハイブリッド仕様で発表された、ブルックナー交響曲選集からの分売。ヴァントのベルリン・フィルとの初のブルックナー録音で、世界中で絶賛され、ブルックナー指揮者としての名声を世に知らしめた1枚だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベルリンフィルも本気出すとこんな演奏がで...

投稿日:2019/09/02 (月)

ベルリンフィルも本気出すとこんな演奏ができるんですね。 熱い、とにかく熱い!

nk さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
私はCD層で聴いております。最初に発売され...

投稿日:2011/10/25 (火)

私はCD層で聴いております。最初に発売されたCDでは金管の音に角があり、どうにかならないものかと思っていました。 しかし、今回のSACD盤にて全てが解決しました。 弦楽器は伸びやかな音に、木管はくっきりとしたふくよかな音に、そして金管は強奏時も決して痛い音にはならず周りとのバランスが取れた音へと変貌しておりました。 リマスターの技術というのは恐ろしいです。 是非買い替えをご検討ください。

うさ二郎 さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
★
ヴァントがその最晩年にベルリン・フィルと...

投稿日:2011/03/26 (土)

ヴァントがその最晩年にベルリン・フィルと成し遂げたブルックナーの交響曲の演奏の数々は、いずれも至高の超名演であるが、本盤におさめられた第5は、一連の演奏の中でのトップバッターとなったものである。ヴァントの伝記などを紐解くと、ヴァントは、ブルックナーの交響曲の中でも特に第5と第9を、妥協を許すことなく作曲した楽曲として特に高く評価していたことが記されている。それだけに、ヴァントとしても相当に自信を有していたと考えられるところであり、ベルリン・フィルを指揮した演奏の中でも第5と第9は、他の指揮者による名演をはるかに引き離す名演を成し遂げていると言えるのではないだろうか。辛うじて比較し得る第5の他の名演としては、ヨッフム&コンセルトへボウ・アムステルダム盤(1964年)、朝比奈&東京交響楽団盤(1995年)が掲げられるが、前者はいささかロマンティシズムに傾斜する傾向、後者はオーケストラの力量に難点があり、ヴァント&ベルリン・フィル盤には遠く及ばないと考える。唯一対抗し得るのは、同じヴァントによるミュンヘン・フィル盤(1995年)であると考えるが、剛毅な性格を有する第5には、ベルリン・フィルの音色の方がより適しているのではないかと考える。現在、DVDでしか発売されていない朝比奈&シカゴ交響楽団による演奏(1996年)が今後CD化されるとすれば、本盤を脅かす存在になる可能性はあるが、そのようなことがない限りは、本名演の優位性は半永久的に安泰と言っても過言ではあるまい。本演奏におけるヴァントのアプローチは、眼光紙背に徹した厳格なスコアリーディングに基づく峻厳たるものだ。やや早めのインテンポによる演奏は、巧言令色とは正反対の質実剛健そのものと言える。全体の造型はきわめて堅固であり、それによる凝縮化された造型美はあたかも頑健な建造物を思わせるほどであるが、それでいて雄渾なスケール感を失っていないのは、ヴァントが1990年代半ば、80歳を超えて漸く達成し得た圧巻の至芸と高く評価したい。金管楽器なども常に最強奏しているが、いささかも無機的な響きになることなく、常に奥深い崇高な音色を出しているというのは、ベルリン・フィルのブラスセクションの卓越した技量もさることながら、ヴァントの圧倒的な統率力の賜物と言うべきであろう。また、峻厳な装いのブルックナーの第5においても、第2楽章などを筆頭として、聖フローリアンの自然を彷彿とさせるような抒情的な音楽が随所に散見されるが、ヴァントは、このような箇所に差し掛かっても、いささかも感傷的には陥らず、常に高踏的とも言うべき気高い崇高さを失っていない点が素晴らしい。このように、非の打ちどころのない名演であるのだが、その中でも白眉は終楽章であると言える。ヴァントは、同楽章の壮大で輻輳したフーガを巧みに整理してわかりやすく紐解きつつ、音楽がごく自然に滔々と進行するように仕向けるという、ほとんど神業的な至芸を披露しており、終楽章は、ヴァントの本超名演によってはじめてその真価のベールを脱いだと言っても過言ではあるまい。録音も、マルチチャンネルは付いていないものの、SACDによる極上の高音質であり、この史上最高の超名演の価値をさらに高めることに大きく貢献している。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品