CD 輸入盤

交響曲第5番 アバド&ウィーン・フィル

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4458792
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

クラシック曲目

  • Anton Bruckner (1824 - 1896)
    Symphony no 5 in B flat major, WAB 105
    演奏者 :

    指揮者 :
    Abbado, Claudio
    楽団  :
    Vienna Philharmonic Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1875-1876, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : 10/1993, Musikverein, Vienna, Austria [Live]

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
響きが荒い。コーダで不自然なバランスの操...

投稿日:2015/11/06 (金)

響きが荒い。コーダで不自然なバランスの操作が入っており、フルートの音量が突然大きくなる。ウィーン・フィルのブルックナー録音の悪い方のお手本。

グスタフ さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ウィーンフィルはとてつもなく美しい音を出...

投稿日:2014/10/09 (木)

ウィーンフィルはとてつもなく美しい音を出すことがあるというが、この一枚でひさびさにそれを目の当たりにした気がした。もっとも耽美的という表現をされるワルターの時代にはその美しさは明白だったが、だいたいベームの逝去を以てしばらく聴けた記憶がなかったからだ。今の時代(1990年代以降)のアバドがベルリンフィルを振った録音からは、この美しさは想像できない。オケによってここまで音色が違うものか!と再認識した。しかもライブ録音だというから、ナマ演奏ではどんな音が流れていたのか?その場にいた聴人には垂涎を禁じ得ない。 また、同ウィーンフィルを振った4番や9番も確かに美しいが、さすがにこの5番の域には達していない。 もうその美しさは冒頭の一音を以てして違う。この演奏、ブルックナーの音楽からドイツを感じることは不可能なほどイタリア的?(ウィーン的?…明確で明るいという意味)であるが、ラテン的なカトリックの世界も決して不自然ではない。音楽は軽く明るく、スイスイと流れ、野人ブルックナーを連想させるクウキは希薄だが、これはこれで中世カトリックの世界を外面から磨き上げて仕上げた壮大美麗な建造物であることは間違いない。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
この頃のアバドは元気があったんですね。切...

投稿日:2014/09/12 (金)

この頃のアバドは元気があったんですね。切れ味よく覇気があります。気分よく鑑賞できます。

サインバルタ さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品