SACD

交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』第3稿 レミ・バロー&ザンクト・フローリアン・アルトモンテ管弦楽団(日本語解説付)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
NYCX10292
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD

商品説明


日本語解説付き
異色の解釈で知られるレミ・バローのブルックナー録音、
今作は第4番のコーストヴェット校訂版の登場!


さまざまな稿(バージョン)が存在するブルックナーの交響曲。なかでも第4番はその微妙な違いのため、稿の選択がかなり困難になります。第3稿については長い間、弟子のレーヴェが勝手に手を入れたという見方をされてきましたが、今回用いられているコーストヴェット校訂版が2004年に国際ブルックナー協会から出版された頃から再評価され、ブルックナー自身が認めた版であるという説が高まっています。
 バローは約20年間、第2稿(1878/80)を用いて演奏してきたため、2011年に初めて第3稿で演奏したときには、まるで「慣れ親しんだ風景が草木に覆われて、どことなく異質なもの」に感じられたそうです。しかしこの第3稿こそブルックナーの成熟の証しであり、修正点はすべて工夫が凝らされており、磨きのかかった作品はよりニュアンスに富み、さらに聴きやすくなっているとバローは解説で語っています。とりわけスケルツォの終結部や、終楽章のコーダ、クライマックス直前で用いられる弱奏シンバルの効果は絶大。バローの泰然自若たる演奏はブルックナーの思いを真摯に伝え、聴衆の温かい拍手がこれに応えています。
 今作もバロー自身が音源監修に携わり、エンジニア陣がこだわりぬいた高音質録音により豊かな残響が余すことなく再現されています。
 国内仕様盤には国際ブルックナー協会会員、石原勇太郎氏の解説が付属します。(輸入元情報)

【収録情報】
● ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調 WAB104『ロマンティック』(1888年第3稿、2004年コーストヴェット校訂版)

 I. Ruhig bewegt(22:24)
 II. Andante(18:43)
 III. Bewegt(10:53)
 IV. Masig bewegt(27:23 拍手入り)

 ザンクト・フローリアン・アルトモンテ管弦楽団
 レミ・バロー(指揮)

 録音時期:2021年8月21日
 録音場所:オーストリア北部オーバーエスターライヒ地方ザンクトフローリアン、聖フローリアン修道院教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ Brucknertage)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

 輸入盤国内仕様(日本語解説:石原勇太郎)

【校訂者ベンジャミン・マルクス・コーストヴェットより(訳:石原勇太郎)日本語解説より
「聖フローリアンにいること、その偉大なバジリカの素晴らしき空間でブルックナーの音楽を聴くことはどんな時もとても喜ばしいことですが、2021年の「Brucknertage」は私にとって特に意義深く、実りある体験になりました。未だ収まらないコロナ禍のために、1年半ぶりとなってしまったヨーロッパへの旅行であったというだけでなく、久しぶりに大規模なコンサートを楽しむことができたのです。しかし、それ以上に重要だったのは、第4交響曲の数日にわたる3回の公演と、そのための一連のリハーサルに立ち会うという貴重な機会を得たことです。私は第4番の3つの稿、そのどれもが好きなのですが、1888年の最終稿である第3稿には特別な愛着があります。なぜなら、数十年もの間無視されてきた第3稿は、私の調査・研究と校訂によって再び日の目を見た稿だからです。(Brucknertageのイベントの一つとして開催される)シンポジウムで、第3稿の成り立ちや私の考えを聴衆のみなさんにお話しする機会をいただけたこと、心から感謝しています。1888年稿は観念的な「原典」や学術的な構想のようなものではなく、生きた演奏実践的な作品(テクスト)として意図されているのですから、イベントに集まった音楽ファンの前で演奏された時、ようやくその独特の美しさと、作品自体が持つ表現力が明らかになるのです。
 今年の「Brucknertage」では、まさにそれが実現したのです!」(輸入元情報)


内容詳細

レミ・バロー指揮、聖フローリアン・アルトモンテ管による、ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」を収録。国際ブルックナー協会から出版され、近年評価の高まっている第3稿を演奏する。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品