SACD

交響曲第7番 ヨッフム&ベルリン・フィル(シングルレイヤー)(限定盤)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGG9031
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD

商品説明

「SACD〜SHM仕様」シリーズ第15回発売
ヨッフム&ベルリン・フィル/ブルックナー:交響曲第7番


音声は非圧縮で収録!
シングルレイヤー仕様により反射率向上!
SHM仕様により読取精度向上!
生産限定盤

ドイツ音楽を得意とし、中でもブルックナーのエキスパートとして知られる20世紀の巨匠オイゲン・ヨッフムが、60代前半でベルリン・フィルを指揮した壮年期の名演。DGのアナログ・マスターよりEBSにてDSD化。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・ブルックナー:交響曲第7番ホ長調

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 オイゲン・ヨッフム(指揮)

 録音時期:1964年10月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(セッション)
 独Emil Berliner Studios 制作DSDマスター

 ※SACD対応プレイヤーでのみ再生できます。


「SACD〜SHM仕様」シリーズ

原音に限りなく忠実な再生を可能にしたSuper Audio CDに、SHM素材を用いた高音質仕様。超高サンプリングレートによる圧倒的な高音質を特徴とするSACDは、1999年に規格化されて以来、再生に際しては専用のSACD対応プレイヤーが必要となるにも関わらず、熱心な音楽ユーザーからの支持を獲得してきました。 この度の製品開発においては、さらなる高音質を追及すべく、「新素材」と「原点回帰」をコンセプトに次の4点に取り組み、マスター音源に近いアナログ的な質感とスケール感を再現致しました。(ユニバーサルミュージック)

「SACD〜SHM仕様」特徴

1.透明性と流動性に優れる SHM(R)素材をボディに使用 → 透明性の高い液晶パネル用ポリカーボネート素材を採用することにより、レーザーが反射膜までの距離をより正確に往復できると共に、正確なピットを形成する為に必要な流動性にも優れています。

2.シングルレイヤー方式の採用により、音楽情報を余すところなく読み取るに十分な反射率を確保 → 現在主流のSACDレイヤーの上層にCDレイヤーを併せ持つハイブリッド型ではなく、SACD層のみを有するシングルレイヤー型を採用することで透過性を排除します。 これによって音楽情報を余すところなく読み取るに十分な反射率を確保しました。 尚、SACD対応再生機以外では再生できません。

3.圧縮なしで2ch音声を収録 → 全ての作品において非圧縮データの収録を可能にすべく、SACD層を2chに特化(一般的なSACDでは、約半分のサイズに可逆圧縮した音声を収録)。

4.最良のマスター音源を厳選 → 既存のDSDマスターから、新たにアナログテープをダイレクト・リマスタリングしたものまで、最良のマスター音源を厳選しています。

収録曲   

  • 01. 交響曲 第7番 ホ長調 第1楽章:Allegro moderato
  • 02. 交響曲 第7番 ホ長調 第2楽章:Adagio.Sehr feierlich und sehr langsam
  • 03. 交響曲 第7番 ホ長調 第3楽章:Scherzo.Sehr schnell
  • 04. 交響曲 第7番 ホ長調 第4楽章:Finale.Bewegt,doch nicht schnell

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
演奏評は、他の方にお願いすることにして、...

投稿日:2020/01/03 (金)

演奏評は、他の方にお願いすることにして、録音に関して申し上げると、何と後年のEMI(現在はWARNER)盤より、鮮明度では少し劣るかも知れませんが、このDG盤の方が、迫力があります。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
素晴らしい!!ベルリンフィルは後のカラヤ...

投稿日:2015/03/23 (月)

素晴らしい!!ベルリンフィルは後のカラヤン時代のように名技をこれでもかと披露するような演奏ではなく,1つの有機体のごとく正に「ドイツのオケ」らしい響きを醸し出している。ヨッフムの解釈も後のEMI盤よりはテンポの変化なども緩やかでオーソドックスな感じがとてもいい。録音時期がよかったのかもしれない。また音質がよくなったというのも嬉しい。50年以上前の演奏とは思えない。

0
★
★
★
★
★
本盤におさめられたヨッフム&ベルリン・フ...

投稿日:2011/10/29 (土)

本盤におさめられたヨッフム&ベルリン・フィルによるブルックナーの交響曲第7番は、ヨッフムが2度にわたってスタジオ録音したブルックナーの交響曲全集のうち、最初のものに含まれるものである。2度にわたる全集はいずれも名全集の名に恥じないものであり、どちらを上位に置くべきかについては大いに議論の分かれるところではあるが、2度目の全集(1975〜1980年)がEMIによる必ずしも万全とは言い難い音質であることを考慮に入れると、私としては1958〜1967年にかけて録音が行われた最初の全集の方をわずかに上位に掲げたいと考えている。当該全集に含まれた演奏はいずれも名演の名に相応しいものであると言えるが、どちらかと言うと、初期の交響曲第1〜3番及び第6番がより優れた演奏であると言える。それでも、後期の第7〜9番の演奏が劣っているというわけではなく、一般的な意味においては名演と評価するのにいささかの躊躇をするものではない。本盤の第7番の演奏におけるヨッフムのアプローチは、1990年代になってヴァントや朝比奈が確立した、悠揚迫らぬインテンポによる荘重な演奏とは大きく異なっていると言える。むしろ、随所にテンポの振幅を加えており、旋律もたっぷりと情緒豊かに歌わせるなど、ロマンティシズムの色合いさえ感じさせるほどだ。ブラスセクションなどは、後年のヴァントや朝比奈のように、必ずしも最強奏させることなく、むしろ全体をオルガン風にブレンドしているような印象を受けると言える。したがって、ヴァントや朝比奈の演奏に慣れ親しんだ耳で聴くと、いささか柔和な印象を与えると言えなくもないが、それでもスケールは十分に雄大であると言えるところであり、演奏全体として、ブルックナーの音楽の魅力を十分に描出するのに成功しているというのは、ヨッフムがブルックナーの本質をしっかりと鷲掴みにしているからにほかならないと言える。同じく後期の交響曲である第8番の演奏においては、いささかスケールの小ささが気になったところであるが、本盤の第7番については、その演奏の壮大なスケール感において不足はないと言えるところだ。ベルリン・フィルもヨッフムの確かな統率の下、その合奏能力を十二分に発揮した壮麗な名演奏を展開しており、その演奏の重厚さにおいては、後年のシュターツカペレ・ドレスデンとの演奏(1976年)や、ライヴ録音であるミュンヘン・フィルとの演奏(1979年)やコンセルトへボウ・アムステルダムとの演奏(1986年)と言った名演を大きく凌駕していると言っても過言ではあるまい。そして、本盤で素晴らしいのはシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化によって、およそ信じ難いような鮮明な高音質に生まれ変わったことである。従来CD盤では、各楽器セクションが明瞭に分離せず、一部混濁して聴こえたりしたものであるが、本盤では明瞭に分離して聴こえるところである。加えて、マルチチャンネルが付いていないにもかかわらず、臨場感についても抜群のものがあり、おそらくは現在において望み得る最高の鮮明な超高音質であると言える。いずれにしても、ヨッフムによる素晴らしい名演を、シングルレイヤーによる超高音質SACDで味わうことができることを大いに歓迎したい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品