CD 輸入盤

交響曲第7番 ビュンテ&ベルリン交響楽団

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BM312441
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ビュンテ&ベルリン交響楽団/ブルックナー:交響曲第7番

ベルリン交響楽団創立10周年記念演奏会のライヴ録音。近年の厳しいブルックナー観と異なり、朗らかかつ大らかで人肌の温もりが感じられるブルックナー。ことに第4楽章は、神々しさを求める演奏からは得られない庶民の日常の信仰のような温かみが伝わってきます。(TOBU)

【収録情報】
・ブルックナー:交響曲第7番ホ長調(ハース版)

 ベルリン交響楽団
 カール=アウグスト・ビュンテ(指揮)

 録音時期:1959年3月17日
 録音場所:ベルリン音楽大学、コンサートホール
 録音方式:モノラル(ライヴ)

【カール=アウグスト・ビュンテ】
カール=アウグスト・ビュンテ(CDではすべてCarl A. Bunteの表記)は1925年、ベルリン生まれ。ベルリンで学び、四半世紀近くベルリンを拠点として活動してきた名匠。演奏会オーケストラの激戦地ベルリンで長く信頼を勝ち取ってきただけに、ドイツの伝統をしっかりと聴かせてくれます。
 ビュンテは、1949年から1967年までベルリン交響楽団(Berliner Symphonisches Orchester)の首席指揮者。このオーケストラがドイツ交響楽団と合併してベルリン交響楽団(Symphonischen Orchesters Berlin)になったことで、1967年から1973年までこの新生ベルリン交響楽団の首席指揮者。その後は各地のオーケストラに客演しつつ、教職に力を入れ、ベルリン芸術大学教授、東京芸術大学名誉教授の称号を持っている。(TOBU)

収録曲   

  • 01. Piano Concerto No. 1 in C minor, Op. 35
  • 02. Adagio. Sehr Feierlich Und Langsam
  • 03. Scherzo. Sehr Schnell
  • 04. Finale. Bewegt, Doch Nicht Schnell

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
まず、間違いを一つ指摘しておきたい。日本...

投稿日:2015/05/03 (日)

まず、間違いを一つ指摘しておきたい。日本の代理店のインフォメーションではなぜかモノーラル録音として紹介されているが、一聴すれば明らかだがこれはれっきとしたステレオ録音である。タワーレコードの店内レビューではちゃんとステレオ録音だと紹介されていたので、HMVさんには速やかな対応を望みたい。若干オフマイク気味ではあるものの、1959年のライブ録音(本当かな?)としては良好な音質に驚かされる。演奏はというといかにもいぶし銀の堅実で質朴なブルックナー。スケールは中型くらいだが、ビュンテという指揮者の職人気質は十分に聴取できる。 ビュンテという指揮者は決して日の当たる存在ではなかったが、しっかりとした実力の持ち主であることが理解できる音盤。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト