CD

交響曲第5番 ヴェルザー=メスト&ロンドン・フィル(限定盤)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCE16120
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ブルックナー交響曲第5番
ヴェルザー=メスト&ロンドン・フィル


1993年、ヴェルザー=メストが手兵のロンドン・フィルを率いておこなったウィーンのコンツェルトハウスにおけるコンサートのライヴ録音盤が復活。

【若きヴェルザー=メストによる快演】
ここでのヴェルザー=メストは、実演ということや、コンツェルトハウスの音響特性もあってか、ノリの良いテンポでかなり激しい演奏をおこなっています。その響きはキリリと引き締まって力強く、克明かつ動的な造形の美しさと、情熱たぎるホットな楽想表現が、新鮮で刺激的なブルックナー像をつくりあげていて実に見事。
 ヴェルザー=メストはCD録音の13年後にクリーヴランド管弦楽団を指揮してフローリアン大聖堂でこの作品をビデオ収録していますが、そこでの演奏は、会場の長大な残響と洗練されたオケのサウンド、そしてヴェルザー=メスト自身の円熟(?)によってだいぶ印象の穏やかなものとなっっていただけに、1993年盤の存在はやはり貴重です。

【テンシュテットとのマラ7の2週間後の演奏】
公演のおこなわれた1993年5月といえば、テンシュテット指揮ロンドン・フィルによる超名演としても知られるマーラーの交響曲第7番がライヴ録音された時期でもあり、2週間後に収録されたこのブルックナーの交響曲第5番にも、オーケストラのコンディションの良さや、強い意欲のようなものが十分に感じられます。思い切りの良い大胆な表現や凶暴なまでの迫力はそうした背景もあってのことでしょうか。ともかく聴きごたえのある演奏です。(HMV)

【収録情報】
・ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調 WAB.105 [ノヴァーク版][70:23]
 第1楽章:アダージョ〜アレグロ [19:04]
 第2楽章:アダージョ [15:59]
 第3楽章:スケルツォ [13:49]
 第4楽章:フィナーレ [21:31]

 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 フランツ・ヴェルザー=メスト(指揮)

 録音時期:1993年5月31日、6月1日
 録音場所:ウィーン、コンツェルトハウス
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

内容詳細

ブルックナーゆかりの地であるリンツに生まれた指揮者、ウェルザー=メストによる交響曲第5番。LPOの機能を存分に活かし、従来のブルックナー観とは一線を画した明晰で新鮮な演奏を繰り広げている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この5番はいい。 ロンドンフィルの音もい...

投稿日:2013/06/16 (日)

この5番はいい。 ロンドンフィルの音もいい。 一見さらっと演奏しているが深みがある。 個人的には次期ベルリンフィルの音楽監督に推している ヴェルザー=メストの真骨頂だ。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
★
★
昔1200円で買った。これは衝撃的だった。実...

投稿日:2013/01/13 (日)

昔1200円で買った。これは衝撃的だった。実は、これがウェルザー=メスト初体験で、2回目の体験はVPOのニューイヤー・コンサート。到底同一人物とは思えない。剛胆で、意欲的な快(怪)演。この演奏の4楽章のすごさは、一聴して圧倒されるが、本当に素晴らしいのは2楽章。本当に美しい演奏だ。この時期のロンドン・フィルの弦は、結構美演を残している。ボールトのブラームスとか、テンシュテットのワーグナーとか。気迫を感じさせる、独特の何か訴えかけるものがある。

うるさい高校生 さん | 山形県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
メスト33歳の録音。ウィーンのプロムナードコンサートライフ...

投稿日:2012/08/05 (日)

メスト33歳の録音。ウィーンのプロムナードコンサートライブと書いてあります。大変若々しいきびきびとした演奏で5番の演奏としては快速の方だと思います。ロンドンフィルの演奏も一糸乱れず録音もライブとは思えぬきれいなものです。5番はブルックナーの交響曲の中で最も清涼感、寂寥感のある曲と思っていますが、ややそうした雰囲気が後退してしまった印象もあります。この録音の随分後にクリーブランド管と録画した曲のCD化を期待します。

コーキロマンハ さん | 兵庫県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品