SACD

交響曲全集 ベルリン・フィル、小澤征爾、パーヴォ・ヤルヴィ、ブロムシュテット、ハイティンク、マリス・ヤンソンス、ティーレマン、メータ、ラトル(9SACD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC6386
組み枚数
:
9
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明


遂にSACDハイブリッド盤で発売!
ベルリン・フィルの演奏史に燦然と輝く作曲家ブルックナー
現代の8人のブルックナー指揮者たちによる交響曲全集


2009年から2019年にかけて、ベルリン・フィルと8人の巨匠指揮者によって演奏されたブルックナーの交響曲9曲(全集)が、ブルックナー没後125年を記念してSACDハイブリッド盤で発売されます。
 ベルリン・フィルの演奏史に燦然と輝く作曲家ブルックナー。これまで数々の名録音が世に出ていますが、現代の8人のブルックナー指揮者たちがそれぞれの解釈を聴かせます。(販売元情報)

【収録情報】
● ブルックナー:交響曲全集

 第1番:小澤征爾(指揮)
 第2番:パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)
 第3番:ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)
 第4番、第5番:ベルナルド・ハイティンク(指揮)
 第6番:マリス・ヤンソンス(指揮)
 第7番:クリスティアーン・ティーレマン(指揮)
 第8番:ズービン・メータ(指揮)
 第9番:サー・サイモン・ラトル(指揮)


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 録音時期:2009〜2019年、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)
 9SACD Hybrid
 輸入盤・日本語帯・解説付

Disc1
● 交響曲第1番ハ短調(1865/66リンツ版) 49:18

 小澤征爾(指揮)

 録音時期:2009年1月29-31日

ベルリン・フィルは、この小澤征爾との演奏に至るまで、四半世紀この作品を演奏していませんでした。ブルックナーはこの交響曲を「小生意気な娘」と呼んでいたとも言われています。彼は当時40代前半で交響曲の作曲に着手し始めたときでしたが、すでにその響きはブルックナー独自の語法が見え隠れし、後年の大成を予見させる作品と言えるでしょう。


Disc2
● 交響曲第2番ハ短調(第2稿1877年版) 56:38

 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)

 録音時期:2019年5月23-25日

第2交響曲にも初期作品ながら、すでにブルックナーの個性は横溢しています。パーヴォ・ヤルヴィの指揮によって表現されたドラマティックな緊張感と抒情的な美しさは聴きものです。


Disc3
● 交響曲第3番ニ短調(1873年版初稿) 63:25

 ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)

 録音時期:2017年12月8-10日

1873年に初稿が完成した第3交響曲。ワーグナーに献呈されたことから「ワーグナー交響曲」の愛称をもちます。しかし1874年にウィーン・フィルから初演を拒否されたことから最初の校訂作業が行われ第3稿まで存在します。ブロムシュテットは、20世紀中頃から見直されるようになった1873年初稿版を取り上げています。


Disc4
● 交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(1878/80年) 68:30

 ベルナルド・ハイティンク(指揮)

 録音時期:2014年3月13-15日

ブルックナーの交響曲の中でもっとも演奏される第4番。冒頭のホルンをはじめ、美しい旋律に溢れています。ハイティンクは、何十年にもわたりベルリン・フィルとブルックナーを指揮してきました。この録音は、1996年以来18年ぶりとなったベルリン・フィルとの同作品の演奏です。
Disc5
● 交響曲第5番変ロ長調 74:42

 ベルナルド・ハイティンク(指揮)

 録音時期:2011年3月10-12日

第5交響曲は、ブルックナーの生涯の中で、作曲家としても、私生活の面でも、困難な時期を象徴する楽曲です。作品は作曲家としての実力を示す精緻な対位法とブルックナー自身の深い信仰心をあらわす神聖なコラールという構成。ハイティンクは、厳格な書法と壮大なスケールをもつこの作品を、忠実に演奏しています。


Disc6
● 交響曲第6番イ長調 54:18

 マリス・ヤンソンス(指揮)

 録音時期:2018年1月25-27日

第6交響曲は、第2、3楽章のみが先に公開演奏されました。しかし部分初演の成功があったのにもかかわらず、全曲初演されたのはブルックナーの死後でした。ベルリン・フィルと幾多の共演経験のあるマリス・ヤンソンスですが、意外にもこの公演がベルリン・フィルとともにブルックナーを演奏した初の公演でした。オケとの呼吸もぴったりで、円熟味たっぷりの深い表現の演奏に魅了されます。


Disc7
● 交響曲第7番ホ長調(1885年版) 70:32

 クリスティアーン・ティーレマン(指揮)

 録音時期:2016年12月15-17日

1884年12月にライプツィヒで初演されたこの第7番。初演は大成功をおさめ、この成功がブルックナーにさらなる作曲家として名声をもたらすこととなります。美しい旋律と色彩豊かなオーケストレーションにより、現代でも演奏機会の多い作品です。ティーレマンはこれまでに第4番、第8番とベルリン・フィルと演奏してきましたが、この第7番は高い集中力と圧倒的な完成度でベルリンの聴衆を沸かせました。


Disc8
● 交響曲第8番ハ短調(1890年版) 81:14

 ズービン・メータ(指揮)

 録音時期:2012年3月15-17日

2019年の来日公演でも披露されたメータ指揮による第8交響曲。1892年12月にハンス・リヒター指揮ウィーン・フィルによって初演され大成功を収めました。ブルックナーが完成させた最後の交響曲であり、最高傑作と評価の高い交響曲。曲の長さ、多彩な展開、圧倒的なクライマックスとあらゆる意味でこれまでの作品を上回っています。ブルックナーの強烈な個性が作品に溢れんばかりのエネルギーを与えています。メータはこの大作で円熟の名演奏を聴かせてくれます。


Disc9
● 交響曲第9番ニ短調 (サマーレ、フィリップス、コールス、マッズーカによる4楽章完成版/1985-2008年・2010年改訂) 77:09

 サー・サイモン・ラトル(指揮)

 録音時期:2018年5月26日

未完の大作、第9交響曲。終楽章が未完のまま1896年に作曲者は亡くなっています。第3楽章までの演奏も多くありますが、ラトルはここで、1983年から2010年にかけて完成した補筆版を使用した4楽章版を演奏しています。サマーレ、フィリップス、コールス、マッズーカという4人の作曲家と音楽学者による非常に複雑な工程を経て完成した当版にラトルも大いに満足し、2011年、2012年にベルリン・フィルと取り上げ大きな話題となりました。そしてラトル最後のシーズンで再演を希望し、ここに録音されました。




内容詳細

2019年に発売されて大きな話題となった全集を、ブルックナー没後125年記念としてSACDハイブリッド仕様でリリース。BPOを舞台にした8名の指揮者による全集というだけあって、聴かないわけにはいかない。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲第1番ハ短調 (1865/66リンツ版)

ディスク   2

  • 01. 交響曲第2番ハ短調 (第2稿1877年版)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ラトルの2度目となる第9番第4楽章の録音を...

投稿日:2021/10/03 (日)

ラトルの2度目となる第9番第4楽章の録音を聞きたくて購入。その第4楽章は2012年のセッション録音よりも総じてテンポは速めで、旧録音の随所にあったタメはほとんど聞かれず、サクサクと一気呵成に突き進む。旧録音は貫禄のある堂々たる構えの演奏だったが、今回は切迫感が強くてこれはこれで面白い。評価録音状態は前回の方が分離がよい。新録音はダイナミックレンジが狭く、団子状にかたまって聞こえる。実際にホールの客席で聞けるような音ともいえる。SACDの音にしてはおとなしいのは、ディスクに記録されている音圧レベルが全体に低いためだろう。ディスクが取り出しにくい紙製のパッケージは毎度ながら嬉しくない。

ROYCE さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品