LPレコード 輸入盤

交響曲全集 ヘルベルト・フォン・カラヤン、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (17枚組/180グラム重量盤レコード/BOXセット/Deutsche Grammophon)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4865436
組み枚数
:
17
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

ブルックナー生誕200周年記念。

“歴史的指標”と謳われたカラヤンとベルリン・フィルによる交響曲ツィクルス録音
  LP17枚組ボックス・セット

《ヘルベルト・フォン・カラヤン〜ブルックナー:交響曲全集》

●オーストリアの作曲家、アントン・ブルックナーが2024年に生誕200周年を迎えるのを記念して、ヘルベルト・フォン・カラヤンがベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と1975年から1981年にかけて録音した交響曲ツィクルスがLP17枚組のボックス・セットで発売されます。シリアルナンバー入りの限定盤。この録音は“ブルックナー録音の歴史的指標”(『グラモフォン』誌)と謳われた、カラヤン最高の演奏でもあります。録音はすべてベルリンのエミール・ベルリナー・スタジオのライナー・マイヤールとシドニー・C.マイアーによって新たにリマスタリングされ、ミックスされました。交響曲第4番から第9番(1975〜79年のアナログ録音)は8トラックテープから、「オリジナル・ソース・シリーズ」の基準に従って行われ、1980年と1981年にデジタル録音された第1番から第3番は同じチームにより、同じくエミール・ベルリナー・スタジオで新たにリマスタリングされ、カットされました。
●17枚のLPは、オリジナル・アートワークの8枚の2LPゲートフォールド(第2番〜第9番)と1枚のシングルスリーブ(第1番)に収められ、オリジナルのライナーノーツ、追加されたアーティスト写真、録音資料を掲載しています。また1980年に初めて全曲盤がリリースされた際のライナーノーツと最適な音質を得るために行った新たなリマスタリングの試みと並外れた成功についてのライナー・マイヤールによる解説が掲載された追加のリーフレットもあります。

ブルックナー:
《LP 1》交響曲第1番ハ短調(1877年リンツ稿/ハース版)[Side A]1) 第1楽章、2) 第2楽章/[Side B]1) 第3楽章、2) 第4楽章/《LP 2》交響曲第2番ハ短調(ノーヴァク版)[Side A]第1楽章/[Side B]第2楽章/《LP 3》交響曲第2番ハ短調(ノーヴァク版)[Side A]第3楽章/[Side B]第4楽章/《LP 4》交響曲第3番ニ短調(ノーヴァク版)[Side A]第1楽章/[Side B]第2楽章/《LP 5》交響曲第3番ニ短調(ノーヴァク版)[Side A]第3楽章/[Side B]第4楽章/《LP 6》交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(1878/80年稿)[Side A]第1楽章/[Side B]第2楽章/《LP 7》交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(1878/80年稿)[Side A]第3楽章/[Side B]第4楽章/《LP 8》交響曲第5番変ロ長調[Side A]第1楽章/[Side B]第2楽章
《LP 9》交響曲第5番変ロ長調[Side A]第3楽章/[Side B]第4楽章/《LP 10》交響曲第6番イ長調[Side A]第1楽章/[Side B]第2楽章/《LP 11》交響曲第6番イ長調[Side A]第3楽章/[Side B]第4楽章/《LP 12》交響曲第7番ホ長調(ハース版)[Side A]第1楽章/[Side B]第2楽章/《LP 13》交響曲第7番ホ長調(ハース版)[Side A]第3楽章/[Side B]第4楽章/《LP 14》交響曲第8番ハ短調[Side A]第1楽章/[Side B]第2楽章/《LP 15》交響曲第8番ハ短調[Side A]第3楽章/[Side B]第4楽章/《LP 16》交響曲第9番ニ短調[Side A]第1楽章/[Side B]第2楽章/《LP 17》交響曲第9番ニ短調[Side A]第3楽章

【演奏】ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】1981年1月(第1番、第2番)、1980年9月(第3番)、1975年4月(第4番、第7番)、1月(第8番)、9月(第9番)、1976年12月(第5番)、1979年9月(第6番)、ベルリン

*180g重量盤LP

(メーカーインフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
50
★
★
★
★
☆
 
11
★
★
★
☆
☆
 
8
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1930 年代から幅広い演目で多くのレコード...

投稿日:2024/06/09 (日)

1930 年代から幅広い演目で多くのレコードを精力的に録音してきたカラヤンだが、ブルックナーの取り上げについては実は慎重な印象があった。 本全集がでて、1,2,3,5,6番の正規録音(ライヴ盤を除く)はこの全集所収分のみであり、再録の多いカラヤンにあって、これは記憶にとどめておいていいだろう。いずれも非常にレヴェルの高い演奏で、カラヤンは3,5番は別の機会を考慮していたかも知れないが、全集としては概ね「これで良し」と評価をしていたのではないかと考える。 晩年、ウィーン・フィルとの7,8番が出る。特に7番は、ブルックナーの作曲時のエピソード(ワーグナーへの葬送)に加え、死の3ヶ月前の最後の録音であったことから、カラヤン自身への「白鳥の歌」と大きな話題を呼んだ。オーストリア人カラヤンにとって、故国の大作曲家たるブルックナーは特別な存在であったのかも知れない。なお、7,8番に関しては、この新録音よりも本全集所収盤の迫力を小生は評価している。 全番に一貫するカラヤンらしい明晰な解釈、流麗な音の奔流、なによりもその抜群の安定感からみて、ヨッフムとともにいまだ全集推薦盤の最右翼である。

織工 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブルックナー指揮者にはスペシャリストが多...

投稿日:2021/03/20 (土)

ブルックナー指揮者にはスペシャリストが多いため 帝王も存在感が薄いが、 カラヤン、ベルリンフィルのブルックナーは透き通っている。 カラヤンと言うとベートーベン、チャイコフスキー、R・シュトラウス、 そしてブルックナーではないか?

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
レコードからCDそれにSACDと購入してきたが...

投稿日:2021/03/08 (月)

レコードからCDそれにSACDと購入してきたがBlu-rayが一番良い SACDは値段は高いくせに出来不出来が分かれるのが残念 Blu-rayは安価(このセットの場合はCDもついている)であり音も良い このシリーズはちょこちょこ買っているがどれもなかなかの音質で良いと思う

Schonefeld さん | 奈良県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品