CD 輸入盤

交響曲全集 パーテルノストロ&ヴュルッテンベルク・フィル(11CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SCH3112
組み枚数
:
11
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

第0番から第9番までの10曲の交響曲と、ブルックナーの指示通り、第9番の後に演奏された宗教音楽「テ・デウム」を収録したCD11枚組。
 この全集は、17世紀に建てられたドイツ最大のバロック式バジリカであるヴァインガルテン・バジリカで1997年から2006年にかけておこなわれた演奏会のライヴ録音を集めたもので、大聖堂の豊かな響きもあり、ブルックナー的な荘厳な雰囲気がよく伝わってくるのがポイントとなっています。
 ゲネラルパウゼの説得力、アダージョ楽章の深々とした音響など内容は実に素晴らしいもので、ノーヴァク版を基準とした楽譜の選択も適切です。
 指揮のロベルト・パーテルノストロは、1957年にウィーンに生まれたオーストリアの指揮者ですが、名前からもわかるようにイタリア系で、ヴェネツィアの家系ということです。彼は、ハンス・スワロフスキーやジェルジ・リゲティに師事、カラヤン晩年のアシスタントを務めていたこともあり、1991年にはヴュルッテンベルク・フィルの首席指揮者に就任しています。


【収録情報】
アントン・ブルックナー
DISC1
交響曲第1番ハ短調 WAB.101[リンツ稿/ノーヴァク版][54:16]
 録音:2004年7月10日

DISC2
交響曲第2番ハ短調 WAB.102[1877年稿/ノーヴァク版][58:02]
 録音:1997年7月26日

DISC3
交響曲第3番ニ短調 WAB.103[1889年稿/ノーヴァク版][56:37]
 録音:1998年7月18日

DISC4
交響曲第4番変ホ長調 WAB.104『ロマンティック』[第2稿/ノーヴァク版][67:16]
 録音:1999年7月17日

DISC5
交響曲第5番変ロ長調 WAB.105[ハース版][78:15]
 録音:2001年6月23日

DISC6
交響曲第6番イ長調 WAB.106[ノーヴァク版][59:26]
 録音:2003年7月5日

DISC7
交響曲第7番ホ長調 WAB.107[ノーヴァク版][63:15]
 録音:2000年7月15日

DISC8-DISC9
交響曲第8番ハ短調 WAB.108[ノーヴァク版][85:32]
 録音:2002年7月13日

DISC10
交響曲第9番ニ短調 WAB.109[ノーヴァク版][62:11]
 録音:2005年7月23日

DISC11
テ・デウム WAB.45
 録音:2005年7月23日
交響曲第0番ニ短調 WAB.100[ノーヴァク版][47:34]
 録音:2006年6月24日

 バルバラ・クラム(ソプラノ)
 モニカ・ワレロヴィツ(メゾ・ソプラノ)
 マティアス・シュルツ(テノール)
 シュテファン・アダム(バス)
 シュトゥットガルト・フィルハーモニー合唱団
 ヨハネス・クネヒト(合唱指揮)
 ロイトリンゲン・ヴュルッテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団
 ロベルト・パーテルノストロ(指揮)

 録音時期:1997-2006年
 録音場所:ヴァインガルテン・バジリカ
 録音方式:デジタル(ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
45
★
★
★
★
☆
 
21
★
★
★
☆
☆
 
5
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
廉価盤だから、有名でない指揮者・オケだか...

投稿日:2020/05/05 (火)

廉価盤だから、有名でない指揮者・オケだから、メジャーレーベルのCDでないのだから、と言った偏見なしで聴いてみましょう。 なかなか頑張って指揮者の意図を受けて、熱演しており聴いていて飽きませんでした。 残念なのは録音です。このボンヤリとした楽器の枠取りが聞き取れないような録音を「ライブらしい」と評価される方も立派な意見です。 私はCDで聴く限り、DGやDECCAの水準・方法を望んでしまいます。これは個人の趣味の問題です。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
パーテルノストロは、日本にも来てイタリア...

投稿日:2019/12/30 (月)

パーテルノストロは、日本にも来てイタリア・オペラなんかを指揮していたのではないでしょうか。そういう人だと思っていたら、ブルックナーということで少し驚きましたが。ほぼ毎年1曲ずつ演奏しそれをライブ録音するという企画自体、指揮者やCD製作者の強い自信を示しているように思います。出来栄えは見事です。ただし、オーケストラは何とか頑張っているのですが、ぎりぎりの状態で余裕がなく、聴いていてちょっと苦しくなることもしばしばでした。とても良いアルバムだとは思いますが、星を5つ付けることはできません。

アイル さん | 滋賀県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
なかなかなじめない作曲家、ワーグナー、R...

投稿日:2017/07/01 (土)

なかなかなじめない作曲家、ワーグナー、R・シュトラウス、マーラー・・・。その仲間にブルックナーもいます。しかしこの盤での軽くさらりとした演奏で聴きやすくなり、そのよさを初めて知ることになった人が多い(レビューの多さ)のではないかと察せられます。そしてこれを聴いた後に名匠の演奏に触れるがよろしいかと思いました。

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド