CD 輸入盤

交響曲全集[第0番−第9番] ショルティ&シカゴ交響楽団(10CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4489102
組み枚数
:
10
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ブルックナー:交響曲全集(CD10枚組)
ショルティ指揮シカゴ交響楽団

頑健な構築感と強大なパワーを備えたブルックナー演奏。第5番を頂点とするシカゴ響の正確無比、強烈至極のサウンドはそれ自体が無類の聴きもので、オーケストラ鑑賞の醍醐味を十分に満喫させてくれます。
 第0番が1995年、第1番が1995年、第2番が1991年、第3番が1992年、第4番が1981年、第5番が1980年、第6番が1979年、第7番が1986年、第8番が1990年、第9番が1985年の収録。第8番はサンクトペテルブルクにおけるライヴ録音ですが、その実演離れした完成度の高さはさすが。
 ノヴァーク版による演奏で、第1番はリンツ稿、第8番は1890年稿を使用しています。

収録曲   

ディスク   1

Bruckner : Sinfonie Nr. 0 d-moll

  • 01. Transylvania Express - (previously unreleased)
  • 02. Slapping Suspenders - (previously unreleased)
  • 03. Love Disease - (previously unreleased)
  • 04. Frenzy - (previously unreleased)
  • 05. Mission Impossible - (previously unreleased)
  • 06. Ballroom Blitz - (previously unreleased)
  • 07. Zombie Riot - (previously unreleased)
  • 08. Racing With The Sun - (previously unreleased)
  • 09. Ain't Gonna Drink No More - (previously unreleased)
  • 10. Bat Attck - (previously unreleased)
  • 11. Bamboo Land - (previously unreleased)
  • 12. Chasin' - (previously unreleased)
  • 13. Cold Sweat - (previously unreleased)

ディスク   2

Bruckner : Sinfonie Nr. 1 c-moll

  • 01. 1. Allegro
  • 02. 2. Adagio
  • 03. 3. Scherzo. Schnell - Trio. Langsamer
  • 04. 4. Finale. Bewegt, feurig

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
出来上がりは予想の通りです。オーケストラ...

投稿日:2010/01/07 (木)

出来上がりは予想の通りです。オーケストラを十分に鳴らし、きっちりきっちり進めてゆきます。60年代のショルティのように強烈なティンパニの「張り手」は影を潜め、喨喨と響く金管がここでは主役です。曲によって相性がありまして、良いのは0番・5番・6番。5番はともかく、6番がいいのはやや意外。3・4・7番はまあまあ。8番はどこかそっけない。9番はテンポの乱れがあって仕上げが今一つ。悪いのは2番。印象悪し。とはいえ、録音も含め、相当な高水準の出来であることは申しておきましょう。でも、ブルックナーの魅力はこんなものでは、という気がしてなりません。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

2
★
★
☆
☆
☆
HMVレビュアー諸氏の意見をみて購入。「失...

投稿日:2009/04/29 (水)

HMVレビュアー諸氏の意見をみて購入。「失敗」であった。あとで見ると、金管に眼を奪われている。札幌でのCSOの公演のあとに楽団員に質問にいった。「木管は、耳栓をしているのさ、ショルティのためにね」とウィンクをおくってくれたクラリネット奏者が懐かしい。ダイナミックレンジが大きいこと、かつてのDECCAの録音方針そのもので録音されていること。強烈にメリハリが好きで鳴らし屋のショルティがいる事実は間違いありませんが、ブルックナーやマーラーの解釈が十分とは別ものでしょう。

北の火薬庫 さん | 北海道 | 不明

3
★
★
☆
☆
☆
諸氏レヴューを見て購入。ショルティは好きで「指環...

投稿日:2007/04/03 (火)

諸氏レヴューを見て購入。ショルティは好きで「指環」は勿論、ベートーベン、ブラームス、マーラー各全集は購入済み。低俗な精神論などぶっ飛ばす程オケが鳴るのがショルテイ。スコアの読みの深さとオケの統率力の高さの賜物。しかしこのディスクは?ベートーベンほどオケ鳴ってますか?テンポの動かし方、金管の鳴らし方などショルテイらしからぬせこさを感じ、聴いてるのがつらくなります。(特に8番の後半2楽章など)なんか変だな?

マーコロリン さん | 所沢 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品