CD 輸入盤

交響曲全集(第1番〜第9番) ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(9CD+ブルーレイ・オーディオ)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837137
組み枚数
:
9
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


カラヤン没後30年記念。CD9枚組+BDオーディオ

2019年7月16日に没後30年を迎えるヘルベルト・フォン・カラヤンのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのブルックナー:交響曲全集が発売されます。全曲を収めたBDオーディオ付きです。
 1975年1月から1981年1月に録音されたカラヤンとベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のブルックナー・ツィクルスは、ブルックナー録音の歴史的指標となっています。音楽の底流にあるものへのカラヤンの深い感性が際立ち、これらの録音はカラヤン最高の演奏でもあり、おそらくかつてなされたことのないほど最も深くブルックナーを解釈した演奏と言えるでしょう。

● オリジナル音源からの24bit/96kHzリマスタリング。CD9枚組とBDオーディオのセット。
● BDオーディオのスペックは Stereo 192kHz/24Bit DTS HD Master Audio(輸入元情報)

【収録情報】
ブルックナー:交響曲全集


【CD】
Disc1
1. 交響曲第1番ハ短調
2. 交響曲第5番変ロ長調より第1楽章

Disc2
3. 交響曲第5番変ロ長調より第2〜4楽章

Disc3
4. 交響曲第3番ニ短調

Disc4
5. 交響曲第2番ハ短調
6. 交響曲第8番ハ短調より第1楽章

Disc5
7. 交響曲第8番ハ短調より第2〜4楽章

Disc6
9. 交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』

Disc7
10. 交響曲第6番イ長調

Disc8
11. 交響曲第7番ホ長調

Disc9
12. 交響曲第9番ニ短調

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1981年(1,5)、1980年(4)、1975年(6-9,11,12)、1976年(2,3)、1979年(10)
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(アナログ:2,3,8-12 デジタル:1,4,5/セッション)
【Blu-ray Audio】
● 交響曲第1番ハ短調
● 交響曲第2番ハ短調
● 交響曲第3番ニ短調
● 交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』
● 交響曲第5番変ロ長調
● 交響曲第6番イ長調
● 交響曲第7番ホ長調
● 交響曲第8番ハ短調
● 交響曲第9番ニ短調

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
48
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
8
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
レビューに書く事でも、またこの商品に限っ...

投稿日:2019/05/09 (木)

レビューに書く事でも、またこの商品に限った事でもありませんが、CD+ブルーレイのシリーズはブルーレイだけの販売も行なって頂きたい。SACD+ブルーレイでも結構ですが。

無能不能 さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
カラヤンの作り出す音楽は、『とてつもなく...

投稿日:2014/04/06 (日)

カラヤンの作り出す音楽は、『とてつもなく単純な発想で、この上ない完璧さを追求したもの』であると言える。したがってブルックナーの全集の場合は、5番8番9番などの、曲そのものとして完成度の高いナンバーに関しては、(好き嫌いはあるにしろ)有無を言わせぬ説得力を感じる名演になっている。しかし1番2番などは、曲そのものに「聴かせどころ」と言えるサビが比較的希薄で、カラヤン流の完璧さは、かえってウルサく感じさせてしまう。良くも悪くも「まじめな演奏」なので、音楽全体に内在する「岩石」も「宝石」も、同格の真剣さで表現されてしまっていることがこの全集のネックとなってしまっているように思う。個人的に嫌いな全集ではないが、演奏技術の発達とともに存在意義が薄れてくる全集なのかもしれない…と思えた。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

5
★
★
★
★
★
カラヤン1970sには80年代録音の1番...

投稿日:2013/10/27 (日)

カラヤン1970sには80年代録音の1番〜3番が含まれていないので、4番〜9番を聴いたうえでのレビューですが、これは素晴らしいブルックナーだと思う。特に7番と8番が秀逸な演奏。多くの作品がブルックナー・トーンと呼ばれる弦楽器のトレモロで始まるが、カラヤンは全体が少し早めのテンポながら流麗でとても美しい演奏だと思う。わたしはブルックナーが大好きで、ベートーベン以降ドイツ・オーストリー系の交響曲のなかでは、ブルックナーは頂点に立つ作品群だと思 っている。カラヤンの充実した70年代のブルックナーが聴けて、とても幸福だ。

johnbach さん | 東京都 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品