CD 輸入盤

ブルックナー:交響曲第7番、ワーグナー:使徒の愛餐 ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン(2CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PH15013
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン
首席指揮者就任記念公演&
ワーグナー生誕200周年記念特別演奏会ライヴ


2012年に首席指揮者に迎えられて以来、ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン(SKD)のコンビは世界中から高く評価されています。本ディスクは、クリスティアーン・ティーレマンを首席指揮者に迎え、同コンビの新たなステージの開幕を祝った2012年9月の演奏会からブルックナー交響曲第7番、そしてワーグナー生誕200周年記念特別演奏会で上演されたワーグナーの男声合唱とオーケストラのための『使徒の愛餐』の2枚組となります。
 ブルックナーの第7番は、当代きってのブルックナー指揮者と言われるだけあって、ティーレマンの指揮はさすがで、音楽に対して真摯であり、細部まで神経を張りめぐらせた丁寧な演奏で、完成度の高いブルックナー演奏となっています。ティーレマン&SKDは本演奏会直後に来日公演を行っており、日本の聴衆を大いに満足させてくれました。本公演でもドレスデンの新しい時代を歓迎する観客の興奮が伝わってくるような渾身の演奏を聴かせてくれます。
 ワーグナーの『使徒の愛餐』は、「男性合唱と大オーケストラのための聖書の情景」と副題がついた楽曲。ドレスデンの音楽監督となった頃書かれた作品で、1843年ワーグナー自身の指揮により100人のオーケストラと1200人の合唱とともにフラウエン(聖母)教会で初演されたという記録も残っています。キリストの12使徒への聖霊降臨の場面に基づいた内容で、前半は力強いアカペラ合唱によって歌われ、後半に壮麗なオーケストラが登場するワーグナーらしく輝かしく幕を閉じます。『使徒の愛餐』は、CDが少なくティーレマンによる録音は貴重。さらにワーグナー記念の年に初演の場所で行われた歴史的な演奏会となりました。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1 [69:58]
● ブルックナー:交響曲第7番ホ長調 WAB107 (1944年、ハース版)
 第1楽章:アレグロ・モデラート [23:02]
 第2楽章:アダージョ [23:12]
 第3楽章:スケルツォ [10:00]
 第4楽章:フィナーレ [13:42]

 録音時期:2012年9月2日
 録音場所:ドレスデン、ゼンパーオーパー

Disc2 [29:47]
● ワーグナー:使徒の愛餐 WWV69

 録音時期:2013年5月18日
 録音場所:ドレスデン、聖母教会

 ドレスデン国立歌劇場合唱団 (Disc2)
 チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー合唱団 (Disc2)
 ライプツィヒMDR放送合唱団 (Disc2)
 ドレスデン・フィルハーモニー合唱団 (Disc2)
 ドレスデン室内合唱団 (Disc2)
 シュターツカペレ・ドレスデン
 クリスティアーン・ティーレマン(指揮)

 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. I. Allegro Moderato - Staatskapelle Dresden
  • 02. II. Adagio. Sehr Feierlich Und Sehr Langsam - Staatskapelle Dresden
  • 03. III. Scherzo. Sehr Schnell - Trio. Etwas Langsamer - Staatskapelle Dresden
  • 04. IV. Finale. Bewegt, Doch Nicht Schnell - Staatskapelle Dresden

ディスク   2

  • 01. I. in Ruhiger Bewegung - Andante Con Moto - Various Performers
  • 02. II. Langsam Mit Wurde - Lento Maestoso - Various Performers
  • 03. III. Sehr Langsam - Adagio - Various Performers
  • 04. IV. Massig Langsam - Andante Moderato - Various Performers
  • 05. V. Allegro - Various Performers

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ティンパニもシンバルも鳴ってますが、ホン...

投稿日:2017/04/17 (月)

ティンパニもシンバルも鳴ってますが、ホントにハース版?

nob さん | 静岡県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品