CD 輸入盤

ピアノ曲全集 フランチェスコ・パスクアロット

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRL95619
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ブルックナー:ピアノ曲全集

【収録情報】
ブルックナー:
● ランシエ=カドリール
● シュタイエルマルク地方の踊り
● ピアノ小品 変ホ長調
● ソナタ ト短調
● 主題と変奏 ト長調
● アンダンテ ニ短調
● アンダンテ 変ホ長調
● 行進曲 ニ短調
● 行進曲 ハ長調
● 2つのスタディ
● 4つの幻想曲
● マズルカ イ短調
● 秋の夕べの静かな思い
● 幻想曲 ト長調
● 思い出
● ワルツ ハ長調
● ワルツ 変ホ長調
● ポルカ ハ長調
● メヌエット ト長調
● メヌエット ハ長調
● 練習曲 ハ長調
● 二重奏曲 イ短調
● 主題 ヘ長調
● 2つの継続的な音楽 ハ長調


 フランチェスコ・パスクアロット(ピアノ)

 録音時期:2018年1月
 録音場所:ペルージャ、「Piano et Forte」レコーディング・ルーム
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
最近はブルックナーのピアノ曲のCDもいくつ...

投稿日:2021/03/17 (水)

最近はブルックナーのピアノ曲のCDもいくつか選べるようになっている。かつては白神の演奏のCDくらいしかなかったことを考えると恵まれた環境になっている。先に投稿された方がおしゃっているように「ランシエ=カドリール」のリズミカルで明るく、軽い音楽は天国的と言うか、シューベルトの素朴で明るい面を、とっくに飛び越している。「思い出」のように交響曲作曲家として一定の成果をあげた後の作品も興味深く聴くことができる。このCDではピアノ小品をより多く収録している点も好感を持てる。

またたび度々 さん | 宮城県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ブルックナーのピアノ作品全集とは珍しい。...

投稿日:2019/10/07 (月)

ブルックナーのピアノ作品全集とは珍しい。 1曲目の「ランシエ・カドリール」を聴いてビックリ、交響曲のイメージとは違う、お茶目なブルックナーの素顔を見るようだ。 これらのピアノ作品を聞いていると、ワルツやポルカを作曲しても名作を生んでいたと思う。 これらのピアノ作品は気楽に楽しめるものの、作品の価値としては正直高くないように感じた。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品