CD 輸入盤

ピアノ曲全集〜未出版作品を含む アナ=マリヤ・マルコヴィナ

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HC17054
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ブルックナーの『練習曲』『ワルツ』『ポルカ』!
驚きの未発表ピアノ曲登場!


ブルックナーのピアノ曲といえば白神典子のBIS盤がありますが、それは出版された独奏曲7作で、ほかにもブルックナーは若い頃からピアノ小品を試作していました。多くは未完だったり、判読不可能な不完全なものながら、自筆譜ファクシミリ版を入手することができます。これらがついに世界初録音、ブルックナー関係者狂喜のリリースとなります。
 白神盤に収録されている7作のほか連弾作品を2篇収めている点は当然ですが、あとは未知の作品ばかり。練習曲やワルツ、ポルカといったブルックナーらしからぬタイトルの連続に仰天。大半が1分そこそこの小品で、後の交響曲を思わす個性はほとんど見られませんが、シューベルト風や古典派風の親しみやすいものばかり。交響曲作曲家ブルックナーが生まれるまでの成長の経過がうかがえて興味津々です。
 アナ=マリヤ・マルコヴィナは1970年生まれのクロアチア人ピアニスト。ウゴルスキ、バドゥラ=スコダに師事し、現在ドイツを本拠に活躍。ヴォルフのピアノ曲全集のほかヘンスラーからC.P.E.バッハのクラヴィア曲全集(26CD) など意欲的なレパートリーで注目されています。ベーゼンドルファー・インペリアル290の深い音色がブルックナーにピッタリ。(輸入元情報)

【収録情報】
ブルックナー:
● ピアノ・ソナタ ト短調 第1楽章 (1862)
● ワルツ 変ホ長調 WAB deest27
● ギャロップ(ポルカ)ハ長調 WAB deest18
● デュオ
● 主題と変奏 ト長調 WAB deest23
● 行進曲 ハ長調
● ワルツ ハ長調 WAB deest26
● 半音階的練習曲 WAB deest4
● ロンド ト長調
● アンダンテ 変ホ長調 WAB deest3
● メヌエットとトリオ WAB deest15
● ヘ長調の主題
● 練習曲 ト長調 WAB deest6
● アンダンテ ニ短調 WAB deest2
● ランシエ=カドリユ(全4曲)(c.1850)
● 3つの小品(連弾のための)(1853-5)
● 6つのカドリユ(連弾のための)(1854)
● ピアノ曲 変ホ長調 (c.1856)
● 秋の夕べの静かな思い (1863)
● シュタイアメルカー (c.1850)
● 幻想曲 ト長調 (1868)
● 思い出 (c.1868)


 アナ=マリヤ・マルコヴィナ(ピアノ)
 ルドルフ・マイスター(ピアノ:連弾作品)

 録音時期:2017年7月18日、2018年2月10,11日
 録音場所:ボトロップ室内楽ザール&デュルメン・ゴットシュリング・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. Sonatensatz g-moll WAB deest (8:40)
  • 02. Walzer Es-Dur WAB deest 27 (1:43)
  • 03. Galopp (Polka) C-Dur WAB deest 18 (0:49)
  • 04. Duo (0:53)
  • 05. Thema und Variationen G-Dur WAB deest 23 (7:27)
  • 06. Marsch C-Dur (1:59)
  • 07. Walzer C-Dur WAB deest 26 (1:17)
  • 08. Chromatische Etde F-Dur WAB deest 4 (1:08)
  • 09. Rondo G-Dur (4:28)
  • 10. Andante Es-Dur WAB deest 3 (4:44)
  • 11. Menuett und Trio G-Dur WAB deest 15 (1:55)
  • 12. Thema F-Dur (0:40)
  • 13. Etde G-Dur WAB deest 6 (1:05)
  • 14. Andante d-moll WAB deest 2 (5:05)
  • 15. Nr. 1 Engang (1:15)
  • 16. Nr. 2 Allegro (1:49)
  • 17. Nr. 3 Allegro (3:10)
  • 18. Nr. 4 Allegro (3:40)
  • 19. Nr. 1 Langsam (0:38)
  • 20. Nr. 2 Allegro moderato (0:53)
  • 21. Nr. 3 Langsam, feierlich-schneller (1:29)
  • 22. Nr. 1 Pantalon (0:55)
  • 23. Nr. 2 Et (0:35)
  • 24. Nr. 3 Poule (0:56)
  • 25. Nr. 4 Trnis (0:34)
  • 26. Nr. 5 Pastouralle (0:47)
  • 27. Nr. 6 Finale (1:03)
  • 28. Klavierstck Es-Dur WAB 19 (1:27)
  • 29. Stille Betrachtung an einem Herbstabend fis-moll WAB 123 (3:11)
  • 30. Steiermrker G-Dur WAB 122 (1:40)
  • 31. Fantasie G-Dur WAB 119 (4:29)
  • 32. Erinnerung As-Dur WAB 117 (5:17)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
何年かごとに、巡ってっくるブルックナーの...

投稿日:2018/08/17 (金)

何年かごとに、巡ってっくるブルックナーのピアノ曲全集の最新版。演奏家の解釈や芸術性などで大きく違ってくるはずもないプログラム。別に買わなくてもいいんだろうけど、大抵の場合、ここ何年かで発見された未発表作品が追加されているから、ブルックナー好きは絶対に買ってしまう…というアイテムです。今回はかつて出たcpoの、ほぼ「決定版」と言われていたものよりも収録曲も収録時間も圧倒しており、現時点では「決定版」と言っていいと思う。感動するような曲でもなく、演奏家によって様相がガラリと変わるわけでもないものなので、これからブルックナーのピアノ曲を手に入れようという人は、当分の間は、これ1枚だけ買えばそれでOKだと思います。好事家としては、「おっ、なんか交響曲を彷彿とさせるな。ここ!」といった感じですが、そういう部分が頻出するわけもなく、一般的な音楽ファンには無用なものなのかもしれません。

ぴたすみん さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品