CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 交響曲第8番 ヴァント指揮ベルリン・フィル

ブルックナー (1824-1896)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
なし
コメント
:
2枚組
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
74321828662
レーベル
Rca
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ブルックナー:交響曲第8番 1890年第2稿(ハース版)
ギュンター・ヴァント指揮ベルリン・フィル
2001年1月19日〜22日、フィルハーモニーザールでのライヴ・レコーディング。ヴァント5度目の録音となる今回の演奏は、ベルリン・フィルの高度な表現力が徹底して生かされた凄いもの。弦楽器・管楽器パートの充実した響きのうえにティンパニが轟きわたるここでのサウンドは素晴らしく、同じオケながら、9ヶ月ほど前に収録されたアーノンクール盤とはずいぶん響き具合が異なるのが面白いところ。スケルツォ主部再現部におけるティンパニなど驚きものです。
 遅めのテンポを基調に全素材をがっちりと組み上げるヴァントの手法はいつもながらですが、響きがブリリアントなので、押し出しの強さはかなりのもの。
 実際、破格の評価を獲得した北ドイツ盤も、この演奏の前では存在感が薄くなってしまうという印象はぬぐいきれません。
 ベルリン・フィルはやはり凄いオーケストラですが、ここでは音の良さも特筆されてしかるべきでしょう。 ホールの空間性をリアルに再現しながらも個々の楽器の表情をシャープに捉えた優秀録音です。しかもアーノンクール盤と異なり、迫力ある低音を満喫できるのも大きな魅力となっています。

関連アイテム

ヴァント&BPO国内盤
ヴァント&北ドイツ盤
ヴァント&北ドイツ盤(大聖堂ライヴ)

アーノンクール&BPO盤
バレンボイム&BPO盤
マゼール&BPO盤
カラヤン&BPO盤
カラヤン&BPO盤
ヨッフム&BPO盤
フルトヴェングラー&BPO盤
フルトヴェングラー&BPO盤
クナッパーツブッシュ&BPO盤

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 1. Allegro Moderato
  • 02. 2. Scherzo (Allegro Moderato) & Trio (Langsam)

ディスク   2

  • 01. 3. Adagio (Feierlich Langsam, Doch Nicht Schleppend)
  • 02. 4. Finale (Feierlich, Nicht Schnell)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品