CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 交響曲全集 マンデアル&クルジュ=ナポカ・フィル(10CD)

ブルックナー (1824-1896)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
帯付
コメント
:
10枚組BOXセット
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
ERT1013
レーベル
International
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ブルックナー交響曲全集(10CD)
クリスチャン・マンデアル


チェリビダッケの薫陶を受けたルーマニアの名指揮者、クリスチャン・マンデアルによるブルックナー交響曲全集です。アナログ・ステレオ・スタジオ録音。録音時期は1984年から1989年。チャウシェスク政権崩壊直前の動乱時期によくぞ頓挫することなく完成に至ったと敬服するほかありません。マンデアルは、1946年生れですから、録音当時は30代後半から40代前半ということになります。これだけの大企画を任されるだけに、演奏内容は驚きの完熟振りで、歌に満ち、艶やかな音色、余裕のあるテンポ(全曲ゆっくりめです)が採用されています。ある意味、同郷のチェリビダッケの解釈にも通じる微細に渡り掘下げのある、そして官能的で、色気のある演奏であることに驚かされます。
 クルジュ=ナポカ・フィルは、現在ではトランシルヴェニア国立フィルと名を改めておりますが、ルーマニア随一の実力を誇っていた時代(エレクトレコード社長の言、当録音のサウンド・エンジニアを担当)の録音だけに、妙技には聴く者を唸らせるものがあります。ちなみに「クルジュ=ナポカ」は、ハンガリー民族の多い土地柄で、シャーンドル・ヴェーグの出身地でもあります。
 当セットはエレクトレコードと東武ランドシステムの共同制作で、CDは日本プレスで美麗化粧箱入り、英語、日本語によるライナーノート付きとなります。一部マスターテープに起因するノイズ等がございます。(東武ランドシステム)

【収録情報】
ブルックナー
・交響曲第1番 [1877/Nowak] [49:30](1986年7月)
・交響曲第2番 [1877/Nowak] [61:13](1984年10月)
・交響曲第3番 [1889/Nowak] [62:55](1984年10月)
・交響曲第4番 [Haas] [73:57](1989年7月)
・交響曲第5番 [Nowak] [80:36](1988年6月)
・交響曲第6番 [Nowak] [64:25](1988年7月)
・交響曲第7番 [Nowak] [68:28](1986年6月)
・交響曲第8番 [1890/Nowak] [84:10](1987年6月)
・交響曲第9番 [Nowak] [71:18](1988年7月)

 クルジュ=ナポカ・フィルハーモニー管弦楽団
 クリスチャン・マンデアル(指揮)

 録音時期:1984〜89年
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
演奏、すげー良いのになぁ・・・なんで録音...

投稿日:2016/07/31 (日)

演奏、すげー良いのになぁ・・・なんで録音がこんなんなんだよぉ・・録音さえ良ければ・・最高の全集なのになぁ・・・

silver さん | 岐阜県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
なかなかに不思議な印象の演奏です。正直、...

投稿日:2013/12/01 (日)

なかなかに不思議な印象の演奏です。正直、特別な名演はありませんし、普通の名演もありません。オケはところどころで弱さを露呈し、録音もヒスがあったり不安定な個所があったりと、要は「欠点」を挙げるのは容易であります。しかし、私はこのセットをけなす気はありません。ごく自然体で、特別な気構えもなく、無理な力瘤もなく、「今日の曲目、なに?あ、ブルックナー?あ、そう。」という感じで、普段通りの持てる力をそのまま出したような印象です。ブルックナー演奏にはどうもドイツにはカペルマイスターの「伝統」があるらしく、金管を最強奏させるタイプがよくあります(コンヴィチュニー、シューリヒト、ベームなど)。それに対して、チェリビダッケの流れをくむマンデアルさんは、ゆったりしたテンポに乗せて抒情味あふれる雰囲気を形成しており、なんかそこが魅力的であります。第2番とか第6番は全体的に相当いい出来ではないでしょうか。第8番や第9番も緩舒楽章のまさに緩舒な部分はとてもいいと思いますね。そういう意味では、一種の「風格」を持つスタイルと言っていいのかもしれませんね。一流オケで振ってみたら、かなりの成果があるでしょうねぇ。録音にちょっと不満があって、金管と打楽器がやや奥に引っ込んだ感じのバランスで、やや迫力不足。低弦がやけにびんびん唸る一方でティンパニが聴こえないとか、やや不審の念を持ちますな。といふことで、いくつもの欠点はあるのですが、捨てがたい魅力があって、好印象ではあります。点は高くしませんけど、固有の価値を持つ全集かと思います。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

5
★
★
★
★
★
ブルックナーの交響曲は死んだインテンポの...

投稿日:2013/06/13 (木)

ブルックナーの交響曲は死んだインテンポの演奏が多く、少しも感動しないことがあるのだが、マンデアル氏の演奏はインテンポでも死んでいない。そこにはブルックナーに対する献身的な意志が貫かれており、このような音楽に対する献身的な姿勢を持つ指揮者は昨今ではほとんど稀である。マンデアル氏のブルックナーは以前ハレ管と行った9番を聴いて大いに感服し、どんな指揮者なのだろうかと興味を持ったことがある。演奏の根本には信仰に近い真摯な思いが感じられ、録音の不備を超えて感動がもたらされる。

ルートヴィッヒ さん | 大阪府 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品