CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 チェリビダッケ・エディション第2集 ブルックナー:交響曲集、テ・デウム、ミサ曲第3番(12CD)

ブルックナー (1824-1896)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
なし
コメント
:
12枚組BOXセット
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
0855782
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


チェリビダッケ・エディション
第2集 ブルックナー交響曲集(12CD)


ゆったりとした時間感覚と、徹底したリハーサルの果ての精緻をきわめたオーケストラ表現によって、圧倒的な情報量の音楽つくりあげていたチェリビダッケ晩年の演奏の数々。中でもブルックナーは作品の性格との相性も良く、どの曲も最高水準の仕上がりをみせていたのが印象的。
 このセットでは、交響曲第3番から第9番の7曲のほか、ミサ曲第3番と、テ・デウムも収録。さらにチェリビダッケの音楽の裏側を垣間見ることのできる交響曲第9番のリハーサルも収められているのも嬉しいところです。(HMV)

【収録情報】

Disc1
● ブルックナー:交響曲第3番ニ短調(1888/89 ノヴァーク版)
 録音時期:1987年3月19,20日
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー

Disc2
● ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(ハース版)
 録音時期:1988年10月16日
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー

Disc3, 4
● ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調(ハース版)
 録音時期:1993年2月12,14,16日
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー

Disc5
● ブルックナー:交響曲第6番イ長調(ハース版)
 録音時期:1991年11月29日
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー

Disc6, 7
● ブルックナー:交響曲第7番ホ長調
 録音時期:1994年9月10日
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー

● ブルックナー:テ・デウム(1883/84  ペータース)
 マーガレット・プイラス(ソプラノ)
 クリステル・ボルヒェルス(コントラルト)
 クラエス・H.アーンシェ(テナー)
 カール・ヘルム(バス)
 ミュンヘン・フィルハーモニー合唱団
 ミュンヘン・バッハ合唱団員
 エルマー・シュローター(オルガン)
 録音時期:1982年7月1日
 録音場所:マリアンネンプラッツ、ルカ教会(テ・デウム)

Disc8, 9
● ブルックナー:交響曲第8番ハ短調(1890 ノヴァーク版)
 録音時期:1993年9月12,13日
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー

Disc10, 11
● ブルックナー:交響曲第9番ニ短調(ノヴァーク版)
● ブルックナー:交響曲第9番 リハーサルより
 録音時期:1995年9月10日(第9番)、1995年9月4-7日(リハーサル)
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー

Disc12
● ブルックナー:ミサ曲第3番ヘ短調
 マーガレット・プライス(ソプラノ)
 ドリス・ゾッフェル(アルト)
 ペーター・シュトラーカ(テナー)
 マティアス・ヘレ(バス)
 ミュンヘン・フィルハーモニー合唱団


 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
 セルジウ・チェリビダッケ(指揮)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
19
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 おそらくチェリビダッケは、音楽の背後の...

投稿日:2015/04/12 (日)

 おそらくチェリビダッケは、音楽の背後の「思想」や「精神論」等のあやふやな「もの」には興味はないと思う。彼は、「プロ」として、徹底的におのれの仕事を、「音」を磨き上げる。音楽が、結局「自己」をさらけ出すことならば、そのための「方法」を徹底的に磨き上げる。「プロ」として。しかしそれは真逆の結果をもたらす。結論として、われわれ、いや、わたしは彼の「音楽」に果てしなく「巨大な」「知識」を聞く。もちろん彼は特別な「耳」を持っているのだけれど、それ以上に、自己の「仕事」への「厳しさ」、「プロ」とは「どうあるべきか」という意識。いずれも現代、特に日本においては過去のものになりつつあるものだと思う。だがまだわたしにはそれを確認することのできる手段がある。老哲学者の独り言です。

Q さん | 埼玉県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
チェリ&ミュンヘンのブルックナーは昔FM...

投稿日:2015/02/01 (日)

チェリ&ミュンヘンのブルックナーは昔FMで聴いたがテンポが曲想と合っていないと思っていた。が、しかし今回のCDではこのテンポはオーケストラの音響美の追求ゆえのことであったと理解することができた。それほど録音が良いということだ。フルトヴェングラーのように思念の表現ではなくともブルックナーの音楽は 様々な演奏が成立する説得力を持つ証となろう。

AKINARI さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
いやあ、遅いなあ。第4番は、かろうじて1枚...

投稿日:2013/10/15 (火)

いやあ、遅いなあ。第4番は、かろうじて1枚に収まりましたが、第5番は、2枚組となってしまいました。ブルックナーの交響曲なら、私はヨッフム(旧版でも新版でもどちらでも良いですが)のような演奏をいつも手元に置いて楽しみたいと思います。けれども、このチェリビダッケはいいなあ。この演奏を無視することはできません。チェリビダッケは、ブルックナーとは特に相性が良いように思います。いくら遅くても、ひとときも弛緩することなく、思索と緊張がぎっしりと詰まった演奏といえます。チェリビダッケの古い演奏は、公式盤か海賊版か知りませんが、とにかく音が貧しいのが問題でした。ミュンヘン・フィルとの一連の録音は、本当に良い音です。よくぞこのような物を残してくれたものだと感謝しています。

アイル さん | 岐阜県 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品