CD 輸入盤

【中古:盤質A】 交響曲第5番 ベルナルド・ハイティンク&バイエルン放送交響楽団

ブルックナー (1824-1896)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付,スリップケース付
コメント
:
直輸入盤/※帯にはSACD(HYBRID)と記載されていますが、こちらの商品は通常のCDです。
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
900109CD
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ブルックナー交響曲第5番
ハイティンク&バイエルン放送響


ハイティンクがバイエルン放送交響楽団を指揮し、ブルックナー交響曲第5番を演奏したコンサートのライヴ録音。

【相性の良いバイエルン放送響】
ハイティンクとバイエルン放送響というと、『指環』やタンホイザー』『魔笛』『ダフネ』といったオペラ作品での素晴らしく充実したオーケストラ・サウンドが思い浮かびます。特に『指環』のオーケストラ・パートは、同作品の数ある全曲録音の中でもトップクラスにあるもので、すべての楽音を大切にしたその稀有なサウンドは、作品の勉強にも最適な完成度の高さに達していました。
 ハイティンクとバイエルン放送響は、実演では何度も共演していますが、録音はほかにブラームスの合唱曲集があったくらいで、なぜかこれまで交響曲や交響詩といった大きなオケ作品の録音が無かったので、このブルックナー第5番という超弩級作品の登場は非常に歓迎されました。

ハイティンクのブルックナー録音
マーラーの交響曲と並ぶ2枚看板として、ハイティンクの指揮者人生を支えてきたブルックナーの交響曲。さすがに録音も数が多く、若き日にコンセルトヘボウ管を指揮してPHILIPSにセッション録音した交響曲全集を皮切りに、同じレーベルでのウィーン・フィルとの第3・4・5・8番、コンセルトヘボウ管との第7・8・9番という一連のセッションでの再録音のほか、1959年のコンセルトヘボウとの第2番から、2009年のコンセルトヘボウ管との第9番の映像に至るまで、ライヴ収録ものも多数リリースされており、どれも高い評価を獲得してきました。

【2010年録音の第5番】
この第5番は2010年2月収録。ハイティンクは1971年にコンセルトヘボウ管と、1988年にウィーン・フィルとこの曲をセッション録音していたので、実に21年ぶりの録音でした。(HMV)

【収録情報】
ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調 WAB.105 [ノヴァーク版]

 バイエルン放送交響楽団
 ベルナルド・ハイティンク(指揮)

 録音時期:2010年2月12日
 録音場所:ミュンヘン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(ライヴ)
 プロデューサー:ベルンハルト・アルブレヒト
 エンジニア:クリティアーネ・フォイツ

収録曲   

  • 01. Bruckner: Symphony No. 5: I. Adagio - Allegro [20:31]
  • 02. II. Adagio [16:07]
  • 03. III. Scherzo: Molto vivace [13:30]
  • 04. IV. Finale: Adagio - Allegro moderato [25:14]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
17
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これを聴いて文句を言ってる人は、普段どん...

投稿日:2018/08/03 (金)

これを聴いて文句を言ってる人は、普段どんな立派な演奏を聴いてるのでしょうか? イヤイヤすごいですよ、これ。テンポは適切だし、湧き上がってくるエネルギーが音の大伽藍を築く。ライブならではの熱気と相俟ってこれ以上の演奏はそうそう無いでしょう。これこそ僕の求めていたブル5。ハイティンクってやっぱりスゴイんだな・・・。ちなみに演奏後の拍手は入ってません。御安心を。

silver さん | 岐阜県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
「楽譜どおり」を極限まで突き詰めると、こ...

投稿日:2018/01/17 (水)

「楽譜どおり」を極限まで突き詰めると、このような演奏(名演?)になるのだという好例。 ハイティンクの場合は、とりわけブルックナーを演奏するときにその長所が現れると思う。感想はただただ「平凡」としか言いようがないが、退屈とはかけ離れた感動的名演でもある。あらゆることにバランスがよく、もし難癖付けるとすれば、各要素の平準化という意味で、他の要素に引っ張られ、ブルックナー臭も薄らいでしまっていることくらいか? それと第2楽章のテンポが他の楽章に比して少々速すぎる感じがあるのが残念だ。 

エーテルの風 さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
晩年のハイティンクは円熟味を増し風格を備...

投稿日:2013/12/11 (水)

晩年のハイティンクは円熟味を増し風格を備えた巨匠の1人となりつつあることは決して否定はしませんが、このブルックナーから満足は得られませんでした。ブルックナーの組み合わせとしても最高のオーケストラを得て、分厚い響きと重心の低いまことに立派な演奏であることは間違いないでしょう。でも、これは今まで数多く聴いてきて自分の中に何となく形造られてきたブルックナーのイメージとは違う。例えば、2楽章のアダージョにはもっと懐深く、オーストリアの森を思わせる美しさと哀調感も感じさせて欲しい。終楽章、音響としては確かに豪壮で堂々と、迫力もあり、SACDは素晴らしい音で鳴り響く。しかしながら、本来こうした演奏を聴いて自然に起こってくる興奮、ウォーすごい!という感激が全くない。結果的には、立派ではあるが平板で中庸を備えた演奏としか言いようがない。多くの方が絶賛しているのに、私の聴き方がどこかおかしいのか、一抹の不安も覚え何度か聴きかえしてみたのですが同じでした。レコ芸などでプロの評論家の方々がどう評価するか知りたい気もします。本当は元々前からハイティンクは好みの指揮者の1人だったのですが、最近ではアルプス交響曲、少し前にリリースされたベートーベン、ブラームスの交響曲などでも物足りなさを感じていました。

yama/music さん | 神奈川県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品