SACD

【中古:盤質A】 交響曲第4・5・7・8・9番 ヴァント&BPO(DVD付き)

ブルックナー (1824-1896)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯なし
コメント
:
初回限定生産、6SACD(HYBRID)+1DVD BOX、ブックレット
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
BVCC34123
レーベル
日本
フォーマット
SACD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ギュンター・ヴァント&ベルリン・フィル・
ブルックナー:交響曲選集 1996‐2001
日本独自企画・初回限定生産[SACD6枚+DVD1枚]
BMGファンハウス&エソテリック共同企画

ヴァント最大の遺産、ついにSACDハイブリッドで登場。究極の名演を究極のサウンドで堪能できる贅沢、ここに極まる。
 文字通り最後の巨匠であったギュンター・ヴァント(1914−2002)最晩年の名声を決定付けた、1996年から2001年にかけて録音されたベルリン・フィルとの名盤、ブルックナーの交響曲集(第4番・第5番・第7番・第8番・第9番)をSACDハイブリッドとしてセット化。これらは長命だったヴァントの長い録音歴の中でも、演奏・録音のクオリティ双方が最も高いもので、発売以来累計15万枚以上のベストセラーとなっているほか、交響曲第4番は1998年度レコード・アカデミー大賞を、第9番は1999年のレコード・アカデミー賞(交響曲部門)を受賞している。
 実際にこれらのライヴ収録を担当したベルリンのエンジニアで、その音作りに生前のヴァント自身も厚い信頼を寄せていたクリスティアン・フェルトゲン氏が自らオリジナル・マルチ・マスターから自らマルチ・チャンネル用にリミックス[交響曲第5番のみマルチ・チャンネルなし]し、それを東京のソニー・マスタリング・スタジオで綿密にDSDマスタリング。ベルリンのフィルハーモニーで繰り広げられた究極のブルックナー演奏が、これまでにない生々しさと立体感で再現される。
 2チャンネルおよびCD層部分も、オリジナルの2チャンネル・マスターから今回新たにマスタリングしており、既発売のCD(16ビット)を上回るクオリティを実現。
 オリジナル・マスターからのミキシングおよびDSD化の全ての工程において、ティアック・エソテリック社開発の超高精度ルビジウム・クロック・ジェネレイター(G-0S)と最高級オーディオ・ケーブルを使用。オリジナル・マスターに刻み込まれた音楽情報の全てをそのまま再現するとともに、コンサートホールの空気感までも醸し出すリアルで繊細なサウンド・クオリティを実現。SACDは定評ある日本のソニー・プレス。
 またDVD(DISC-7)には、ヴァントについてのドキュメンタリーと、ヴァントにとっての生涯最後となったヴォルフガング・ザイフェルトとの80分にわたるロング・インタビューを収録。これは現在輸入盤のLegandary Visionsで発売されているものであるが、輸入盤字幕の内容不備を一新して収録する。
 別冊解説書には、ギュンター・ヴァント・ディスコグラフィ、ベルリン・フィルとの全演奏記録、ヴァント年表などを掲載し、このヴァントの足跡を辿る上での資料的な価値の高い内容になる予定。(BMG)

[収録曲]
DISC-1〜6=SACDハイブリッド
アントン・ブルックナー
1.交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」[1878/80年稿](68:40)
2.交響曲第5番変ロ長調[原典版](76:52)
3.交響曲第7番ホ長調[原典版(ハース版)](66:38)
4.交響曲第8番ハ短調[1890年第2稿(ハース版)](89:07)
5.交響曲第9番ニ短調[原典版](61:59)
[演奏]
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ギュンター・ヴァント
[録音]
1996年1月12日〜14日(第5番)、1998年9月18日&20日(第9番)、1998年1月30日、31日&2月1日(第4番)、1999年11月19日〜21日(第7番)、2001年1月19日〜22日(第8番)、ベルリン、フィルハーモニーでのライヴ・レコーディング
[プロデューサー]ゲラルド・ゲッツェ
[エンジニアおよびマルチ・チャンネル・リミックス]クリスティアン・フェルトゲン(ベルリン、シャローラン・スタジオ)

DISC 7=DVD VIDEO 収録時間約105分
@ギュンター・ヴァントの生涯
 ドイツZDF放送制作のドキュメンタリー、約25分
[出演]
ギュンター・ヴァント
ヴォルフガング・ザイフェルト(音楽評論家、ヴァント評伝執筆者)
ライマー・ノイナー
ハンス・ルートヴィヒ・ハウク(以上ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団メンバー)
ケント・ナガノ(ベルリン・ドイツ交響楽団首席指揮者)、他

[演奏映像(全て抜粋)]
・シューベルト:交響曲第9番〜第1楽章
 ベルリン・ドイツ交響楽団
 1993年、ベルリン、フィルハーモニー
・B.A.ツィンマーマン:1楽章の交響曲
 ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団
・ブルックナー:交響曲第6番〜第2楽章・第3楽章[リハーサル]
 北ドイツ放送交響楽団
 1996年?、ハンブルク、ムジークハレ
・ストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」[1945年版]〜カシチェイの踊り
 北ドイツ放送交響楽団
 1984年、キール
・ブラームス:交響曲第1番〜第2楽章
 ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団
 1959年、ケルン
・ブラームス:交響曲第2番〜第1楽章
 北ドイツ放送交響楽団
 1984年、キール

A音楽に身を捧げて〜ギュンター・ヴァント・ラスト・インタビュー
 2001年11月30日、スイス、ウルミッツのヴァント自宅にて収録
 インタビュアー:ヴォルフガング・ザイフェルト、約80分

[SACD Hybrid] 
交響曲第4番・第7番〜第9番:@SACDマルチ(5.1チャンネル) ASACDステレオ BCD層:DDD
交響曲第5番:@SACDステレオ @CD層:DDD

[DVD]
片面2層ディスク
COLOR(モノクロ映像含む)/MPEG-2/NTSC
収録時間: 約105分/画面サイズ: 4:3/リージョン・コード:ALL(日本市場向)/音声:ステレオAC3
字幕:日本語

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 (Wab 104) [1878 / 80年稿] I. Bewegt, Nicht Zu Schnell
  • 02. 交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 (Wab 104) [1878 / 80年稿] Ii. Andante Quasi Allegretto
  • 03. 交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 (Wab 104) [1878 / 80年稿] Iii. Scherzo : Bewegt ; Trio : Nicht Zu Schnell, Keines
  • 04. 交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 (Wab 104) [1878 / 80年稿] Iv. Finale : Bewegt, Doch Nicht Zu Schnell

ディスク   2

  • 01. 交響曲 第5番 変ロ長調 (Wab 105) [原典版] I. Introduction : Adagio ; Allegro
  • 02. 交響曲 第5番 変ロ長調 (Wab 105) [原典版] Ii. Adagio : Sehr Langsam
  • 03. 交響曲 第5番 変ロ長調 (Wab 105) [原典版] Iii. Scherzo : Molto Vivace (Schnell) ; Trio : Im Gleichen Tempo
  • 04. 交響曲 第5番 変ロ長調 (Wab 105) [原典版] Iv. Finale : Adagio ; Allegro Moderato

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
このコンピレーションでは4番、5番、7番...

投稿日:2015/09/18 (金)

このコンピレーションでは4番、5番、7番、8番、そして最後の交響曲9番と作曲者の代表作が全部収められています。  名人ヴァントによるブルックナーはもはや入神の域に達しているからそれが何番であろうが変な話だが安心して聴いていられます。  しかも演奏はベルリンフィルなので、もはや言うことなしのはずなのですが、どことなくよそよそしい感じがする。その点実力では劣るはずのケルンや北ドイツ放送交響楽団と演奏した同じ曲のほうが遥かにいきいきした感興が湧きおこってくるのは、彼が長年にわたって手塩にかけた「手兵」であったからでしょうか。

あまでうす さん | 神奈川県 | 不明

8
★
★
★
★
☆
コンテンツ最高ながらパッケージで減点1。...

投稿日:2012/02/14 (火)

コンテンツ最高ながらパッケージで減点1。 もちろん全て所有しているが、省スペースのため購入したところ、クラムシェル・ボックスに通常のジュエル・ケースが5つ入っており、逆にスペースを取るようになってしまった。 クラムシェル・ボックスが埃よけになるのはメリット。

skydog さん | 静岡県 | 不明

11
★
★
★
★
★
ケルンとの演奏が好きで、意固地な私はそれ...

投稿日:2012/02/08 (水)

ケルンとの演奏が好きで、意固地な私はそれ以降新譜が出ても、頑なに見て見ぬふりをしてきました。ケルンが一番さ、ということで。ヴァントの演奏はだいたい聴く前から予想できてしまう。ブルックナー耳を持たない私は、演奏に深みが増した、と言われてもよく分からないので。何せ、ブルックナーは録音が良くなければ、と思っているくらいですから。きっかけは巨匠の死、でした。ライブがこんなに出ていたとは知りませんでした。NDRとの一連の演奏を聴き、ミュンヘンやベルリン・ドイツ響との演奏を聴き深みというものが少しわかった気がしました。そこへこの価格のBPOが登場。即、購入。ヴァントの神通力がBPOをかつての純ドイツ・オケへと変貌させているかのようです。世評は両論あるように聞きますが、私個人としては推薦です。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

8

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品