DVD 輸入盤

【中古:盤質A】 ブルックナー:交響曲第6番、ハイドン:交響曲第76番 ヴァント&北ドイツ放送交響楽団(1996)

ブルックナー (1824-1896)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
107137
レーベル
Europe
画面サイズ
通常
カラー
フォーマット
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ブルックナー:交響曲第6番/ハイドン:交響曲第76番(1996)
ギュンター・ヴァント&北ドイツ放送交響楽団


ブルックナーの交響曲第6番とハイドンの交響曲第76番という組み合わせはヴァントはミュンヘン・フィルでもおこなっていました。ヴァントの6番の解釈は、リズム動機のシャープな扱いを基本とした凝縮感の強いものですが、そうしたアプローチと相性が良いのはハイドンの作品だったということでしょうか。ちなみにハイドンの第76番は、イギリスのブルックナーとも言われた作曲家、ロバート・シンプソンがその交響曲第4番に素材を引用していた作品とも言われています。
 この映像作品は、ハンブルク、キール、リューベックなど北西ドイツを中心に開催される夏の音楽祭「シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭」でライヴ収録されたもので、会場は1994年にオープンしたばかりのリューベックのホール「コングレスハレ」で、ヴァント好みの明晰で良い音がします。(HMV)

【収録情報】
● ハイドン:交響曲第76番変ホ長調 Hob.I:76
● ブルックナー:交響曲第6番イ長調[1881年稿(ハース)]

 北ドイツ放送交響楽団
 ギュンター・ヴァント(指揮)

 収録時期:1996年7月7日
 収録場所:リューベック、コングレスハレ(ライヴ)
 収録時間:80分
 画面:カラー、4:3
 音声:リニアPCMステレオ
 NTSC


【ギュンター・ヴァント Gunter Wand】
1912年1月7日、ドイツのエルバーフェルト(現ヴッパータール)に生まれる。1930年から31年の間に、ケルン大学で哲学・ドイツ文学、ミュンヘン音楽アカデミーでピアノ、ケルン国立音楽大学で指揮・作曲を学んだ後、32年にヴッパータール歌劇場のコレペティートアに就任。翌年ローベルト・シュトルツのオペレッタ《絹をまとったヴィーナス》で指揮者デビューを果す。34年、旧・東プロイセンのアレンシュタイン歌劇場の第2カペルマイスターに、38年には同歌劇場の第1カペルマイスターに就任。ここでの《魔笛》の成功が契機となり、39年ケルン歌劇場に採用され、同歌劇場のカペルマイスターとなる。非ナチ党員のヴァントだったが、劇場総監督の庇護の下、活動を続ける。44年、ケルン歌劇場の爆撃被災後、ザルツブルク州立歌劇場と契約を結ぶ。45年、州立歌劇場が閉鎖しナチス・ドイツが崩壊すると、アメリカ軍のためのジャズ・バンド演奏に携わる。同年10月にケルン市立歌劇場の音楽監督に就任、翌46年にケルン市の音楽総監督となり、47年にはギュルツェニヒ・カペルマイスターの称号も得て、この後、オペラおよびコンサートの両方を受け持つギュルツェニヒ管弦楽団との協働関係が約30年間続く。54年、旧東独・ベルリン国立歌劇場よりエーリヒ・クライバーの後任を打診されるも辞退。67年《コシ・ファン・トゥッテ》をもってケルンでのオペラ活動に終止符を打つ。68年、読売日響に客演し初めて来日。72年の《カルメン》(ベルン歌劇場)を最後に、これ以降、全活動をコンサートに限定するようになる。74年、ケルンの地位から引退。79年、NHK交響楽団に初登場。同楽団には82年、83年にも客演する。82年、北ドイツ放送交響楽団(ハンブルク)の首席指揮者に就任。87年には、同楽団の終身名誉指揮者となる。同年8月、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭に初登場。89/90年のシーズンをもって同楽団首席指揮者の座を降りるが、その後も同楽団との密接な協働関係が続く。90年、同楽団を率いてペンデレツキとともに来日。2000年、北ドイツ放送交響楽団と再度、今度は単独で来日。01年11月4日同楽団と行ったフランクフルト公演が生涯最後の指揮となる。2002年2月14日、スイス・ウルミツの自宅で永眠。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品