CD 輸入盤

Sym.4: Skrowaczewski / Saarbrucken.rso

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OC213
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
辛口のブルックナーです。見事な演奏だと思...

投稿日:2014/04/16 (水)

辛口のブルックナーです。見事な演奏だと思います。

カズニン さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
昨年の実演で感動したということで特価の機...

投稿日:2012/12/29 (土)

昨年の実演で感動したということで特価の機会に購入。必ずしもメジャーな指揮者でもないし、オケでもない。ゆったりとしたペースを基本にテンポを揺らせながら、実に見事な演奏を聴かせてくれる。特に終楽章のコーダの部分は、魂が天に上るかのような感動的なものだ。ブルックナーの演奏は一度聴くと、同じ演奏は頻繁には聴かなくなる。しかし、これは何回となく繰り返して聴いてしまった。

symphony No.5 さん | 三重県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

  • 【LP】ギュンター・ヴァント&北ドイツ放響 究極のブルックナー初LP化 最晩年のギュンター・ヴァントが手兵・北ドイツ放送交響楽団と演奏した、1998年から2000年にかけてのブルックナー後期交響曲ライヴを極上の音質で初LP化。国内プレス6枚組。 HMV&BOOKS online|2018年11月29日 (木) 13:40
  • 【在庫特価】アーノンクールのブルックナー(4CD) 「ブラームスのスコアに首っぴきになっていたとき、ブルックナーが巨人になって、私のデスクの横に立っているような気がした。それで、ブルックナーを演らなくては、と思ったんだ。」と語るアーノンクールによるブルックナー・ボックス。在庫限りの特別価格です。 HMV&BOOKS online|2018年10月06日 (土) 12:00
  • 再生産!ヴァント&ベルリン・フィルのブルックナー・ボックス 【入荷しました!】ドイツの巨匠、ギュンター・ヴァント晩年の代表作。編集の際にヴァントの意思も反映してベストなものが選ばれ、信頼度の高いものとなっているのもポイントです。 HMV&BOOKS online|2018年08月02日 (木) 15:40
  • 【映像】ヴェルザー=メストのブルックナー・ボックス 交響曲第4番、第5番、第7番、第8番、第9番を収録。ブルックナーの聖地「聖フローリアン修道院」、オーケストラの本拠地「セヴェランス・ホール」、ウィーンの「ムジークフェラインザール」という有名な3つのホールでの演奏です。 HMV&BOOKS online|2017年03月30日 (木) 15:50
  • ネルソンス&ゲヴァントハウス管のブルックナー第3番 ボストン響とのショスタコーヴィチ交響曲全曲録音が進行中で、2作品2年連続でグラミー賞を受賞したネルソンスが、2017/18シーズンからカペルマイスターを務めるゲヴァントハウスとはブルックナー録音を開始しました。 HMV&BOOKS online|2017年03月29日 (水) 17:10
  • ティーレマン&ドレスデンのブルックナー第4番 全体73分という悠然たる歩みながら、起伏に富んでいるため全く飽きさせません。さらにまろやかな音響とあいまって、オルガンのような壮麗かつ天国的な音楽が構築されています。 HMV&BOOKS online|2017年03月13日 (月) 15:10

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品