ブリュノ・コストゥマル

人物・団体ページへ

だけど、誰がデイジーのトランペットをひん曲げたんだ? ジャズ・エピソード傑作選

ブリュノ・コストゥマル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784904668009
ISBN 10 : 4904668006
フォーマット
出版社
発行年月
2011年12月
日本
追加情報
:
255p;19

商品説明

思いがけない幸運、数奇な運命、天才のきらめき、エポック=メイキングな史実、センセイション、エキセントリシティ…常軌を逸するから逸話?
勝手に人生をインプロヴィゼイションした人たちの、愉快な、味のよい、あるいはゾッとするような話から、
ためになる、膝をたたくような蘊蓄まで、クリスピーな傑作エピソード、スウィングする60選+α!

登場するのは、ディジー・ギレスピー、マイルズ・デイヴィス、ルイ・アームストロング、
エラ・フィッツジェラルド、レイ・チャールズ、デューク・エリントン、
シドニー・ベシェ、チェット・ベイカー、キース・ジャレット、ビリー・ホリデイ・・・etc.

パリの人気ラジオ曲<radio nova>の姉妹メディア<nova editions>からの刊行第一弾となるジャズ・エピソード集。

内容詳細

パリの人気ラジオ局“radio nova”の姉妹メディア“nova ´editions”からの刊行第一弾となるジャズ・エピソード集。

目次 : だけど、誰がディジーのトランペットをひん曲げたんだ?―スタンプ&スタンピーの落ち度で/ ザ・ファースト・マン・オブ・ジャズ!―チャールズ・ジョゼフ“バディー”・ボールデン忘れられたパイオニア/ ラヴ・シュブリーム・ソヴィエト―stalin→統治、Stiliagi→ダンス/ ハッピー・バースデイ、ミスター・カポーン―贈答箱に詰められたファッツ・ウォーラー/ カナリアちゃん、モーレツにジャズる!―黄色のピンナップ・ガールは歌もいける/ 誰がためにジャズは鳴る―芸術が極度に苛むとき/ ジャスミンのノート―路上の芳香、音楽になる/ ビッグ・アップルとアダムのりんご―ジャズメン、禁じられた果実を齧る/ 妨げられていた天職―野球かピアノか?/ ニクソン、アームストロングの“ラバ”になる―デカい背中(dos(e)(*))で、肩が痛いんだ〔ほか〕

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • uheei さん

    ジャズ逸話集ですが、類書や多くのジャズミュージシャンの自伝・伝記とは異なり、フランス視点の話が新鮮。訳者あとがきにあるけど、上質なラジオのジャズ番組を聞くように楽しめた。

  • Koujiro Seo さん

    知らない話が結構あったなぁ。1921 年にストラヴィンスキーやコクトーがフランスのジャズ黎明期に花を添えたとか面白かった!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品