CD 輸入盤

作品集 ラトル&バーミンガム市響、ベルリン・フィル、ボストリッジ、ゼーダーシュトレーム、他(5CD)

ブリテン(1913-1976)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2427432
組み枚数
:
5
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ラトル/ブリテン作品集(5CD限定盤)
並々ならぬ愛情をそそいできたラトルのブリテン作品の集大成。
クラムシェル・ボックス、各CD紙ケース入り、32ページ・ブックレット(EMI)

CD1
・アメリカ序曲Op.27
・英雄のバラッドOp.14
 ロバート・ティアー(テノール)
・左手のピアノと管弦楽のための主題と変奏Op.21
 ピーター・ドノホー(ピアノ)
・The Building of the House-Overture Op.79
・Praise We Great Men (1976) コリン・マシューズ編
 アリソン・ハーゲン(ソプラノ)
 メアリー・キング(コントラルト)
 ロバート・ティアー(テノール)
 ウィラード・ホワイト(バス)
・イギリス民謡による組曲『過ぎ去りし時』Op.90
 ピーター・ウォルデン(コール・アングレ)

CD2
・カナダの謝肉祭Op.19
・若きアポロOp.16
 ピーター・ドノホー(ピアノ)
 フェリックス・コック、ジェレミー・バラード(ヴァイオリン)
 ピーター・コール(ヴィオラ)
 マイケル・カズノウスキ(チェロ)
・フランス語の4つの歌(1928)
 ジル・ゴメス(ソプラノ)
・スコットランドのバラッドOp.26
 ピーター・ドノホー、フィリップ・フォウク(ピアノ)
・祝典序曲Op.38
・シンフォニア・ダ・レクイエムOp.20

CD3
・イリュミナシオンOp.18
・セレナードOp.31
・ノクターンOp.60
 イアン・ボストリッジ(テノール)
 ラデク・バボラーク(ホルン)

CD4, CD5
・戦争レクイエムOp.66
 エリーザベト・ゼーダーシュトレーム(ソプラノ)
 ロバート・ティアー(テノール)
 トーマス・アレン(バリトン)
 オックスフォード・クライスト・チャーチ・カテドラル少年合唱団
・青少年のための管弦楽入門
・ロシアの葬送

 バーミンガム市交響楽団&合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(CD3)
 サイモン・ラトル(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Variation 3: March -
  • 02. Variation 4: Arabesque -
  • 03. Variation 5: Chant -
  • 04. Variation 2: Romance -
  • 05. Variation 7: Badinerie -
  • 06. Variation 6: Nocturne -
  • 07. (Coda)
  • 08. Praise We the Just -
  • 09. Praise We Great Men -
  • 10. Variation 10: Adagio -
  • 11. Variation 9: Toccata 1 - Toccata 2 - Cadenza -
  • 12. Variation 8: Burlesque -
  • 13. Variation 11: Finale (Tarantella)

ディスク   2

  • 01. 2. Dies Irae (Allegro Con Fuoco) -
  • 02. 3. Requiem Aeternam (Andante Molto Tranquillo)
  • 03. 3. L'Enfance
  • 04. 4. Chanson d'Automne

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
はじめて、ブリテンをききましたが、たいへ...

投稿日:2014/03/22 (土)

はじめて、ブリテンをききましたが、たいへんきにいりました。すばらしい!

SH さん | 佐賀県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブリテンと言う人間としての良識と、才を併...

投稿日:2013/05/16 (木)

ブリテンと言う人間としての良識と、才を併せ持った20世紀、イギリスの作曲家、音楽家の様々な意味において優れた作品を、サイモン・ラトルと言うこれまた才有る指揮者が、イギリスで、ベルリンヘ行っても、演奏し、紹介した珠玉の作品集。平和と戦争にの愚かさ、酷さを形にした超シリアスな戦争レクイエム、異国の厳しい体制下で音楽を発表し続けた友人、同志の死に捧げられた作品、日本とのかかわりのある「シンフォニア・ダ・レクイエム」(カーリュ―・リヴァーと言う能を元にした曲もある)、子供たちへの音楽教育の為に書かれた音楽、公私盟友だったピーター・ピアーズとの関係から生まれた数々の美しく技を試される作品、民謡を研究し、晩年の心境、自然を描いた名作もある。一筋縄ではいかない作品ばかりだけれど、社会と人間に鋭い洞察を持っていた作曲家の作品を、若い時から、音楽界の頂点に登りつめても、志を持って演奏したラトルは、やっぱり偉い。次代の人に、バトン渡すようですが、これからも聴かれ、取り上げられるべき名演集。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

2

ブリテン(1913-1976)に関連するトピックス

おすすめの商品