ブラームス(1833-1897)
新商品あり

ブラームス(1833-1897) レビュー一覧 8ページ目

ブラームス(1833-1897) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

5768件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • この3番は史上最高の演奏である。1楽章の展開部が凄...

    投稿日:2021/07/10

    この3番は史上最高の演奏である。1楽章の展開部が凄まじく、最近のキレキレの演奏家でも無理なレベル。4楽章のティンパニの轟音も最高。SACD化でaudite盤よりDレンジが上がっている。

    海尾水 さん

    0
  • 本番の聞き所はブラームスの4番の第1、第4楽章の終...

    投稿日:2021/07/10

    本番の聞き所はブラームスの4番の第1、第4楽章の終結部に向けてのアッチェレラント(加速)であろう。映像で見ると更に凄まじさが良く分かる。カラヤン88年盤に次ぐ私的ベスト2である。

    海尾水 さん

    0
  • かつてセルの演奏は多くの方がご指摘の通り、エピック...

    投稿日:2021/07/10

    かつてセルの演奏は多くの方がご指摘の通り、エピックの乾燥した平板な録音から過小評価されていたように思います。近年、優れたライブ演奏やスタジオ録音のリマスターにより真の実力が理解されてきています。このブラームスの全集はその最右翼ではないでしょうか?素人の私が聴いていても「完璧」に感じるオーケストラ(何もかもピッタリ決まっています)。その中から沁みだしてくる情感(べとべと感なし、スッキリ美しい)。リマスターにより意外に良くなった音質(もう少し艶があれば言うことなしですが)。プロの音楽とはやはり凄いものだと感嘆の全集です。

    困ったお父さん さん

    0
  • 2番4番も録音してくれていたらBPO盤と並ぶ質の高い...

    投稿日:2021/07/10

    2番4番も録音してくれていたらBPO盤と並ぶ質の高い全集になったのにと残念になる名演。「悲劇的序曲」は複数回あるBPO録音よりもスケールが大きく、WPOの音色も活かされた同曲のカラヤンの録音でも一番の名演だと思う。SACDシングルレイヤーの好企画盤。

    トロ さん

    0
  • 私がまだレコード芸術の熱心な読者だった少年期から青...

    投稿日:2021/07/10

    私がまだレコード芸術の熱心な読者だった少年期から青年期にかけてのクルト・マズアの評価は散々だった記憶があります。それが刷り込まれてしまったので、レコードを買った記憶がなく、来日公演に足を運んだこともありませんでした。後年、自分の愚かさに気づいたのは、偶然FMで耳にした氏のブラームスでした。2番、4番とバラで購入しドイツ流儀の抒情的解釈がとても気に入りました。合わせものが上手いのは日本の老批評家連中も認めており、ここでのディヒターやアッカルドとの協奏曲も充実の名演です。NYフィルとのboxは、ドイツ色が前面に出た巨匠の至芸と言っても過言ではないのですが、当盤に関する評価が低かったのは、察するところテンポの速い点と、戦前の伝説的巨匠ほどドイツ的な低音が強調されなかった点でしょう。今ほど多様性というものが認知されておらず、老評論家の固定観念以外のブラームスは一刀両断された時代の典型。

    白文鳥 さん

    1
  • 演奏の解釈はフィリップス盤と同様だが、録音が格段に...

    投稿日:2021/07/10

    演奏の解釈はフィリップス盤と同様だが、録音が格段に良く、冒頭のティンパニ等凄まじい。弦のビロードのような美観も良くでている。現代の演奏家では絶対に不可能な演奏。

    海尾水 さん

    1
  • 第1楽章冒頭から重低音の効いた威風堂々の音楽を聴く...

    投稿日:2021/07/09

    第1楽章冒頭から重低音の効いた威風堂々の音楽を聴くことができる。第4楽章初めのピチカートもよく響き、1960年代の収録としては録音も良い。BPOの分厚い響きを駆使し、最後までエネルギッシュに展開する音楽に、カラヤンとブラームスの相性の良さを感じる。先日、80年代のカラヤン盤を入手したので、これからじっくり聞き比べをしたい。

    snk さん

    0
  • 個人的にはスークの演奏の中では最も好きな1枚。 ...

    投稿日:2021/07/09

    個人的にはスークの演奏の中では最も好きな1枚。 個人的にはスークトリオの「大公」があまりしっくりこなかったのでスークには手を出さないと思っていたがネットでの評価が高かったので購入してみたが、いいですよ!コレ  ヴィオラで実に美しい天上の音楽が展開されています。イチオシ!

    I.O.U さん

    0
  • 聞きやすくなった2回目の録音。ハフは1990年頃にブラ...

    投稿日:2021/07/07

    聞きやすくなった2回目の録音。ハフは1990年頃にブラームスのピアノ協奏曲を一度録音しているが、あれから30年近く経過した。才気を感じるもののブラームス特有の重たさと相まって、そうそう聞くものでもなかったのだが、今回は、解釈・演奏共に熟成を増している。ホールの響きのせいか、音がのびやかであることも聞きやすさの要因かと思う。ヒーリングミュージックのような?と感じるところもないではないが、ブラームスであれ重厚なものが称揚されるでもあるまい。意外とブラームスは楽天・ひょうきんな面もあったようだし、多面的でよい。

    アベマ太郎 さん

    1
  • セルの偉大さを改めて実感。ブラ1はセッション翌日の...

    投稿日:2021/07/07

    セルの偉大さを改めて実感。ブラ1はセッション翌日のライヴだそうだが、実演でもセルの指示に瞬時に一糸乱れずついていくオケには驚嘆しかない。録音も鑑賞するには不足はなく、セッションを持っているセルファンの方も併せて聴く価値は十分にあると思う。

    トロ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%