ブラームス(1833-1897)
新商品あり

ブラームス(1833-1897) レビュー一覧 555ページ目

ブラームス(1833-1897) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

5552件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • カイルベルトの演奏を聴くと、もっと長生きをしてもら...

    投稿日:2001/06/15

    カイルベルトの演奏を聴くと、もっと長生きをしてもらいたかったとつくづく思う。もう今ではこのような演奏はまず聴くことができないが、音楽の喜び、本質がにじみでた味のある演奏である。

    TAK さん

    3
  • ゆったりとした穏やかな雰囲気はこの大指揮者の常だが...

    投稿日:2001/05/30

    ゆったりとした穏やかな雰囲気はこの大指揮者の常だが,終曲などテンポが実によく工夫され,不自然さは皆無。これが87歳の老人の音楽だろうか。弾力的なリズムの冴えが,若々しささえ感じさせる。

    koshi さん

    0
  • 今、1番を聞き終わったところです。アクの強い演奏で...

    投稿日:2001/05/03

    今、1番を聞き終わったところです。アクの強い演奏ではありません。 端正で力みもなく、音楽が自然に流れます。とても満足しています。 HMVはよい物を教えてくれました。ありがとう。

    ken1952 さん

    0
  • これぞブラームスという稀代の名演。良い意味での”ド...

    投稿日:2001/04/23

    これぞブラームスという稀代の名演。良い意味での”ドイツの魂”が作り出した、19世紀の香りを漂わせる、重厚でシリアスな名演ぞろい。フルトヴェングラーがステレオでブラームスを残したらこんな感じになるのではないかと思われるほどで、劇的ではないがじっくり足の付い

    ボテ猫 さん

    0
  •  個性的でありながら、1曲1曲をとっても実にすばら...

    投稿日:2001/03/30

     個性的でありながら、1曲1曲をとっても実にすばらしい全集です。アンサンブルも緻密そのもので、かつての彼にあったような感情のままに演奏が崩壊するということはない。やはり目立つのは弦楽器で、とてもアメリカのオケとは思えないような表情に恐ろしいまでの音の暗さ

    びーまに さん

    0
  •  ある本の中である評論家が、「本一冊書けるほどの情...

    投稿日:2001/02/03

     ある本の中である評論家が、「本一冊書けるほどの情報量を持つ」と紹介していたので探していたところ、仙台店で見つけたので思わず購入しました。  私の耳では本一冊分の情報は得られませんでしたが(笑)、「ここぞ」というところで「やっぱり」やらかしてくれたところ

    マルチョウ さん

    0
  • フルトベングラーは凄い、ワルターもいい。だが、100...

    投稿日:2000/12/28

    フルトベングラーは凄い、ワルターもいい。だが、100%満足はできなかったが、バルビローリはまさに完璧。これぞブラームスの理想的演奏と太鼓判を押す。この超名演がこの価格というのは、信じられない。自分なら、1万円でも買う内容だ。

    スーちゃん さん

    0
  • これは演奏も満点,録音も満点!すばらしいの一言です...

    投稿日:2000/12/08

    これは演奏も満点,録音も満点!すばらしいの一言です.もう20年近く前にFischer-Schneiderhan-Minardiのモノラル録音をFMで聴いてしびれて以来,血眼で探した復刻盤CDのの悪い音(演奏は甲乙つけがたい)を10年我慢して聴いてきましたが,ついに決定版が出ました.ここ数年

    yoshi さん

    0
  • 幻の室内楽演奏を再び!!ペライアの原点ともいえる室内...

    投稿日:2000/11/06

    幻の室内楽演奏を再び!!ペライアの原点ともいえる室内楽の名曲をそうそうたるメンバーと共演した記念碑的録音です。

    佐々木 久枝 さん

    0
  • スケールアップしたペライアのピアニズムを存分に味わ...

    投稿日:2000/09/03

    スケールアップしたペライアのピアニズムを存分に味わうならこの一枚。劇的な哀愁漂うソナタ、激しさと静けさの入り混じった各曲でのひたむきなペライアを是非!!

    佐々木 久枝 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%