ブラームス(1833-1897)
新商品あり

ブラームス(1833-1897) レビュー一覧 5ページ目

ブラームス(1833-1897) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

5552件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • これは名演奏です。 バックハウスにそれ程高い評価を...

    投稿日:2020/04/28

    これは名演奏です。 バックハウスにそれ程高い評価をしない私でも、このCDは絶賛したくなります。媚を売る、聴き手を意識する、などとは全く無縁な禁欲的とさえ言えるような素気の無い演奏ですが、訴えかけてくるものは、20世紀半ばの協奏曲演奏の模範例を示しているようです。 一番のルービンシュタイン・メータ盤と並んで、ブラームスピアノ協奏曲の最も記憶に残る名演奏でした。

    古き良き時代 さん |60代

    0
  •  これは、名盤。是非とも、買うべきだ。デ・ヴィート...

    投稿日:2020/04/26

     これは、名盤。是非とも、買うべきだ。デ・ヴィートとフルトベングラー指揮のヴァイオリン協奏曲の評価を、一変させるだろう。フルトベングラー指揮にしては、オーケストラの伴奏が弱いと言う一般論が間違っていたことがよくわかる。フルトベングラーの指揮は、ソリストのデ・ヴィートの演奏に合わせてわざと音を控えている。フルトヴェングラー的に重厚な音を想像するから、間違うのだ。フルトヴェングラーは、デ・ヴィートの演奏に実に上手く合わせています。

    カニさん さん |50代

    1
  • ブラームス弾きに適してるのはバックハウス、ゼルキン...

    投稿日:2020/04/25

    ブラームス弾きに適してるのはバックハウス、ゼルキン、ギレリスといった「武骨系」-という意見が、昔の評論家の主流だったような気がする。私も長年持っていた、そのような先入観を、このボックスは見事に覆してくれた。力強さと繊細さ、気品と叙情を併せ持つルービンシュタインこそ、最高のブラームス弾きです。協奏曲もソロも室内楽も、全ていい。音質も問題なし

    座頭 さん |50代

    0
  • 演奏・録音共にこの曲の最高のCDです。 朗々と響くVC...

    投稿日:2020/04/21

    演奏・録音共にこの曲の最高のCDです。 朗々と響くVCと鋭く支えるピアノがこの曲を最高に盛り上げます。 晩年の2人ですが、互いにとって素晴らしいパートナーを見つけた感じです。 是非、この2人でベートーベンのVC全曲を、デジタル名録音で残していただきたかったものです。残念でした。

    古き良き時代 さん |60代

    1
  • とてつもない名演奏です。 「これ以上やれば遅すぎて...

    投稿日:2020/04/19

    とてつもない名演奏です。 「これ以上やれば遅すぎて弛緩を感じてしまう」ぎりぎりのところで、楽譜の隅々まで解説してくれるような気配りの名演奏、それを支える名録音は文句のつけようがありません。 ロスフィルも空前の熱演でジュリーニに応えています。 ジュリーニの全CDの中でも、同じくロスフィルとのブラームス2番、ベートーベン5番、ウイーンとのヴェルディ「リゴレット」、EMIのヴェルディ「ドン・カルロ」と並ぶ生涯の名録音だと思います。

    古き良き時代 さん |60代

    0
  • まとめ買い割引を適用するため、ついで買いしたが と...

    投稿日:2020/04/17

    まとめ買い割引を適用するため、ついで買いしたが とても良くてびっくりしました。 今までマズアを聴いてこなかったことを悔やんでいます。 それともニューヨークで化けたのでしょうか? びっくり度も含めて星5つです。

    となりのドロロ さん |50代

    0
  • 名演奏でした。 シェリングらしい端正で隅々まで気を...

    投稿日:2020/04/16

    名演奏でした。 シェリングらしい端正で隅々まで気を配ったVNがルービンシュタインの余裕あるピアノに絶妙のマッチングです。 所謂正統派の演奏としては真っ先にとりあげたいCDです。 録音年代をそれほど感じさせない名録音でもありました(無論、最新デジタルには劣ります)

    古き良き時代 さん |60代

    0
  • これはこれで立派な演奏です。 十分に水準を大きく超...

    投稿日:2020/04/13

    これはこれで立派な演奏です。 十分に水準を大きく超えた演奏で、全編が情感溢れる名演でした。 録音も優秀です。 しかし、ロスフィルとの充実した、緊張感あるれる演奏の感激を味わった私としては、どうしても「間延び」を感じざるを得ません。 ジュリーニのブラームス2番を聴きたい方まずは、「ロスフィルとの演奏を、次にこのウイーンの全曲盤から」とお勧めします。

    古き良き時代 さん |60代

    0
  •   モダン系の堂々とした、うねりと歌がある3番では...

    投稿日:2020/04/08

      モダン系の堂々とした、うねりと歌がある3番ではない。 古楽器オケの演奏ゆえか怒涛の迫力やコクの深さを求めることは難しい気がする。 それでも私は評価してみたい。   一番嬉しいのはプログラム。このチクルス、ほかの盤のレビューにも書いた気がするがガーディナーの(オケと合唱団両方の)手兵を総動員してブラームスを多角的に表してくれているのが新鮮で愉しいのだ。それがどれもうまくまとまり、特に当盤は選曲が秀逸で一つのプログラムとしてピタッとはまっている気がする。静かに終える第3交響曲でプログラムを終わらせず、さらに最後に悲歌Op.82をおいて幕を閉じるやり方がたまらなく気に入っている。    ブラームスというと交響曲(時々アルト・ラプソディや運命の歌がカップリングされるのが関の山)のディスクが多数占めるのが現状だろう。 その中にあって声の力、声楽の美しさ…そこに光を当て、加えて交響曲を並べることでブラームス(他作曲家の作品も混ぜることもあるが)のすばらしさを紹介するのが当チクルスの狙いだろうし、その目論見は成功していると思う。

    うーつん さん |40代

    0
  • ノーマンのファンの方々には申し訳ありませんが、この...

    投稿日:2020/04/01

    ノーマンのファンの方々には申し訳ありませんが、このCDはいただけません。彼女のドイツ語の発音が、所謂「巻き舌」発音で、ドイツ人と話した経験のある方なら簡単に分かられると思いますが、歌曲以前のレヴェルのものです。 バレンボイムのピアノはさすがに聴かせるところは聴かせてくれますし、録音も美しく採れています。

    古き良き時代 さん |60代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%