ブラームス(1833-1897)
新商品あり

ブラームス(1833-1897) レビュー一覧 5ページ目

ブラームス(1833-1897) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

5768件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 迫力は控え目でも充実感の高い名演でした。第一楽章で...

    投稿日:2021/07/22

    迫力は控え目でも充実感の高い名演でした。第一楽章で、ヴァイオリンの動きがすべて手に取るように分かるのが印象に残ります。緻密なリハーサルが行われたのだろうと思います。そういったところが演奏の品の良さに結びついています。第二楽章のソロも格調の高い素晴らしい音色でした。

    classic さん

    0
  • 今から40年ほど前、音楽評論家からの評価が高かった...

    投稿日:2021/07/22

    今から40年ほど前、音楽評論家からの評価が高かったフルニエ=バックハウスのLPを聴いたが、正直ピンとこなかった。その後CDでも聴いてみたが、やっぱり同じでブラームスのチェロソナタは私の中でお蔵入りしてしまった。また何年かが経ってこのディスクを買ってみた。理由は国内盤で1000円以下と安かったから。また失望してもさほど損はしないとの不純な動機だった。結果、この曲に対するイメージが一変した。クラインのチェロはよく歌う、とにかく歌う。これほど心地よく聴けるなんて、この2曲に初めて引き付けられた。その後別の演奏者4人のCDを聴いたが、いつの間にかクライン盤に戻ってしまう。決定盤とは言わないが、ブラームスらしいブラームスに疲れた時、このディスクを聴くといいかもしれない。

    禅済 さん

    0
  • 重厚なピアノとオーケストラ。まさに横綱相撲の大本命...

    投稿日:2021/07/21

    重厚なピアノとオーケストラ。まさに横綱相撲の大本命盤。ギレリスのピアノを聴くにも絶好の1枚だと思います。ただ、音が平面的で低音が少し足らない(この頃のDG録音に多い!)ところが凄く惜しいです。これがもっと改善されれば感銘度はもっとあがるのではないでしょうか?

    困ったお父さん さん

    0
  • 第一楽章の冒頭、「未明からの雨は止み雷鳴は遠くへ過...

    投稿日:2021/07/21

    第一楽章の冒頭、「未明からの雨は止み雷鳴は遠くへ過ぎ去った。灰色の雲間から一陣の光が差し、瞬く間に空は晴れ渡っていった。草原の緑は心地よい風に靡きながら一層の輝きを見せ、ペルチャッハに清々しい初夏の訪れを告げた!」と言うようなイメージを連想させるジュリーニの指揮が実に素晴らしい!ロスフィルの音も柔らかく暖かくこの演奏に花を添える。なんて満ち足りた音楽なのだろうか。家にいながらこのドイツの保養地に舞い降りた、そんな気分にさせてくれる秀演。

    困ったお父さん さん

    2
  • ロスフィルとの第2番からするとやや感銘度は落ちるか...

    投稿日:2021/07/21

    ロスフィルとの第2番からするとやや感銘度は落ちるかもしれませんが、ロスフィルとの蜜月時代(ロスフィルがジュリーニにすごく敬意を表しているのが聴いていてわかる感じがします)を代表する演奏です。テンポはこれが限界かな?

    困ったお父さん さん

    0
  • 思ったより良いというのが正直なところ。和音が分厚く...

    投稿日:2021/07/19

    思ったより良いというのが正直なところ。和音が分厚く地味な曲想に4手?聴き始めるまではどことなく好奇心が勝っていたものの、なかなか新鮮で、思った以上に上手くデフォルメされていると感じた。一部、音が苦しいところもないではないが、これはこれで良いものであった。

    アベマ太郎 さん

    0
  • 両曲とも、オリジナルはクラリネット・ソナタなのです...

    投稿日:2021/07/19

    両曲とも、オリジナルはクラリネット・ソナタなのですが、このスークの演奏を聴いてしまうとヴィオラの音色の方が曲にマッチしているような気がしてきます。演奏も素晴らしいと思います。 もちろん、クラリネットでの演奏も魅力的なので、ぜひ両方を聴き比べてその違いを存分に味わってみてください。 オリジナルのクラリネットなら、カール・ライスターやレオポルト・ウラッハ(こちらはモノラル)などでどうぞ。

    Tan2 さん

    0
  • 前から聴いてみたかった演奏だし、レビューも好評価だ...

    投稿日:2021/07/17

    前から聴いてみたかった演奏だし、レビューも好評価だったので買った。美音を謳われただけあって確かに美しい音色だ。ただ私の中ではちょっと違うように感じる。贅沢な話だが美しすぎる。ブラームスより前にグリュミオーがいる、といった感じ。3曲の中で一番聴けるのは第3番かなあ。

    禅済 さん

    0
  • 初めに、自分にとって一番馴染みのある第4番を聴きま...

    投稿日:2021/07/17

    初めに、自分にとって一番馴染みのある第4番を聴きましたが、心だけ大海原に放り込まれたような体験でした。以後、Warnerの安いボックス・セット(…がさらに値引きされたセール品)でクレンペラーを買い漁ることになりました。クレンペラーのセッション録音は、どの曲のどの瞬間を切り取ってもつい聞き入ってしまいます。空や海で時々刻々と変化する雲や波のように、音の連なりの中に常に細部が存在し、飽きることがありません。基本的には堂々と進行していきますが、思いがけずテンポの速まる瞬間があり、終末が迫りくるような非日常の感覚を覚えます。

    チキンラーメン さん

    0
  • 交響曲第1番に続いて当盤も名演といえる!楽天的に過...

    投稿日:2021/07/17

    交響曲第1番に続いて当盤も名演といえる!楽天的に過ぎず、悲観的でもない。いうなれば丁寧というか、真摯というかそんな印象を抱く。交響曲第3番の発売が待たれるところ。なお、大学祝典序曲も良い。

    アベマ太郎 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%