ブラームス(1833-1897)
新商品あり

ブラームス(1833-1897) レビュー一覧 2ページ目

ブラームス(1833-1897) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

5562件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ブラームスの演奏は殆ど所有しているが、この全集は個...

    投稿日:2009/08/30

    ブラームスの演奏は殆ど所有しているが、この全集は個人的に素晴らしい演奏だと思うし、すべてにおいて、いわゆるハズレの演奏がなくてとても味わい深い。とかく私たちは聞きもしないうちから評論家の書いた本や雑誌からの評価を持って、あのCDが良いとか悪いとかある程度判断し、聞き手は、その意見に振り回されているきらいがあるのではないか。この演奏を聴くとカラヤン・ベーム・バーンスタイン等の演奏と比べてもなんら遜色はなく、録音も優秀で申し分ない。他の方もおっしゃているが、演奏の質に対してあまりにも安過ぎる。安いのは有り難いけれども利益追求・在庫処分にしても、これだとサバリッシュさんに失礼ではないでしょうかねー。とにかく買って損はしない全集です。

    hossy さん |40代

    17
  • サヴァリッシュは、宇野功芳氏などの音楽評論家などが...

    投稿日:2012/03/02

    サヴァリッシュは、宇野功芳氏などの音楽評論家などが著しく低評価を与えていたこともあり、敬遠されがちという印象があるが、実際にNHK ホールにその実演に接した音楽愛好家は彼の音楽性、理知的でありながら時に踏み外して情熱的になる演奏は高く評価されている。私も90年代に行われた、ドイツ・レクイエムや、シューマンの交響曲チクルス、シューベルトのグレイとを実演で聞いたが、今も忘れられない思い出だ。またある愛好家の家でブルックナーの演奏も聞いたがこれも素晴らしかった。(シューマンとシューベルトはぜひCD化をキングでもアルトゥスでも良いので期待したい) 例えば、オルフェオから出ているのブルックナー5番など、ディスクでも素晴らしいのだが、サヴァリッシュの真価はやはりその熱気がかいま見られるライブに出てくる。今回のディスクは若いサヴァリッシュがNHK交響楽団を振った記録である。 特にお勧めしたいのは3番である。第3楽章から4楽章にかけての情感の表現は、これは欧州のオケかと思わせるほどである。彼は特に3番を得意としていたようだ。 この企画は素晴らしいものであり、出来ればサヴァリッシュの演奏は継続してCD化を期待したい。今回は70年代だったので次回は90年代のサヴァリッシュの引退直前の名演奏群(先に述べたシューベルトの一日目はN響定期では珍しく「一般参賀」となった。シューマンのラインも特筆すべき出来であった)のCD化を期待したい。

    nexus さん |30代

    16
  • 「カラヤンの演奏には精神性がない」とか言われますが...

    投稿日:2011/07/18

    「カラヤンの演奏には精神性がない」とか言われますが、何が精神性かわかりませんが、ブラームスは良いのではないでしょうか。高速ベートーベンは賛否分かれるところですが、この濃厚なブラームスは気に入っています。私の年代的なものか、カラヤン、ベームあたりを聴くと満たされるんですよね。

    TKOクラシック さん |40代

    16
  • <父親が作曲家の息子であるドホナーニは何となく「線...

    投稿日:2011/03/08

    <父親が作曲家の息子であるドホナーニは何となく「線」の細い指揮者である印象を拭えなくなって久しいです。>って無知も甚だしい(笑)。クリストフの父ハンスは、ヒトラー暗殺未遂に連座して処刑された犯ナチスの闘士。大作曲家の孫というだけ、先入観と偏見に満ちた「一人のクラシックオールドファン」氏の論評は、まったく的外れもいい所ですね!

    吉川英治 さん |50代

    16
  • 初出音源は無論のこと、インターコード盤の入手が難し...

    投稿日:2016/10/28

    初出音源は無論のこと、インターコード盤の入手が難しくなっている現在、私のような後になってからギーレンに興味を持った者にとっては、このギーレンエディションの発売は有り難く思います (ブルックナーの交響曲音源に、旧盤のみのものがあるようですが)。 ところで、本商品に関する説明文のうち、ギーレンエディションに関する箇所が、第2集のものになっているのですが、輸入元のミスでしょうか?

    うりぼう さん

    15
  • がっかり。特に、2番と3番で強く感じたのだが、弦の...

    投稿日:2014/09/04

    がっかり。特に、2番と3番で強く感じたのだが、弦の音がひどい。ガラスを擦ったような音が混ざった感じで、きしきしした潤いにも厚みにも欠ける響きになっているのだ。菅や打楽器はまあそれなりの音だと思うが、弦がいけない。オーケストラの根幹である弦がこれでは、ワルターの素晴らしい演奏も台無しではないか。かって、CDの初めの頃のワルターのCDは低音が膨らみすぎていたような印象があったが、その後、出てくるCDは逆にギスギした感じの方に傾いていたような印象があり、そういう風評もあった。今から50年程前、ワルターのブラームスがステレオのLPで出た時、その悠然とした響きとテンポに乗って流れてくる美しい調べに強く魅せられたものだ。その印象は他の曲の演奏にも共通していた。がしかし、ニューヨーク・フィル時代の演奏とはかなり異なり、賛否両論があったが、私は晩年に達したワルターの境地が窺えるような気がして好きだった。このCDはワルターのそのような魅力を大きく削いでいるように思われてならない。安いものばかり出さずに、もっと音質にこだわったものを出してほしいものだ。ソニーには耳の良い人間はいるのであろうか。

    タテキ32 さん |70代

    15
  • バルビローリのブラームスを聴いていると、たまにエル...

    投稿日:2009/10/25

    バルビローリのブラームスを聴いていると、たまにエルガーの壮大を連想させられます。この記録をした当時のプロヂューサーとエンジニアに感謝しなければいけません。個人的に好きな演奏、録音です。 なまに国内盤再発のLPを聴いていますが、ウィーンフィルの響き、力量はLPが勝って聴こえます。当CDは限定盤で既に完売ですが入手して良かったです。この当時の、エンジニアたちによる録音をもっと聴いてみたいですね。

    まつやま さん |50代

    15
  • 何でこの演奏が「ゲテモノ」なん?ミュンシュの音楽が...

    投稿日:2011/10/04

    何でこの演奏が「ゲテモノ」なん?ミュンシュの音楽が表出してるブラームスのどこが悪いん?そもそも「ブラームス的」ってなんなん?誰が決めてどっからが「ブラームス」なんの?境界線でもあるん?何で枠を決めたがるん?一般人がミュンシュに「あんたのはブラームスじゃない」なんて上から目線で言えるん?偉いもんやなぁ〜。あたしゃこんな凄いブラームス他に聴いたことないわ。火が出とるやんけ!「ブラームス第1」の初心者におもいっきり聴かせたるわ!!なんでお勉強するみたいに音楽を聴くんか分からんわ?楽譜でも見ながら聴いとるんか?こんなもん実演で聴いたら涙出るわ。最近の無味無臭のクソ面白くも無い演奏の1000倍凄いわ!!そんなに純粋な「ブラームス」が聴きたいんなら、指揮者の代わりにメトロノームでも置いとけや!!

    拝一刀 さん

    14
  • 昔、ブラームスの交響曲をスコア見ながら聞き比べして...

    投稿日:2010/11/02

    昔、ブラームスの交響曲をスコア見ながら聞き比べしていた時に、もっとも感心した演奏です。第一、第二ヴァイオリンを始め、管絃各声部のデリケートなスコアリングが入念に仕上げてあります。比べるとカラヤンBPOなど各年代ともに、それぞれいい加減なところがありあきれます。最近のハイティンクももちろん素晴らしいのですが、こういう根気のいる端正な仕事は、この時期にして最高の手兵オケあってならではと思います。リマスターのできも結構ではないでしょうか。コンチェルトももちろん良い。最近聴くのは対抗配置型の演奏が多いけど、これは素晴らしくて、一遍に全て聞き直してしまいました。しばらく小生の座右盤になります。

    tantris さん |50代

    14
  • 何度も再発されてきた音源なので演奏は特に言うことは...

    投稿日:2018/08/13

    何度も再発されてきた音源なので演奏は特に言うことはありません。4つの交響曲とバイオリン協奏曲は大変聴きやすい音質でした。お値段は驚きです。なおブックレットはチャンと入っていましたよ。

    ウーヤーター さん |60代

    13

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%