CD 輸入盤

Sym, 1, : Furtwangler / Ndr So (1951)+haydn Variations

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FURT1001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
このフルトヴェングラー指揮のブラームスは...

投稿日:2019/07/31 (水)

このフルトヴェングラー指揮のブラームスは、リマスター版で聴きやすい。反面、北ドイツ放送交響楽団が、フルトヴェングラー指揮に飲み込んでい無い証明書の様な気がする。特に、「ハイドン・バリエーション」に顕著だがフルトヴェングラーの音で無い。疑う訳ではないが、リマスタリングのせいでなく演奏が整い過ぎていて正確なのだ。フルトヴェングラーらしい名人芸と言える音の揺らぎが全くない。解釈と演奏が、その為に、フルトヴェングラーなのに、ベルリンフィルやウィーンフィルの様な味が無い。珍しい演奏だ。

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
リマスターされたこのターラ盤は人間くささ...

投稿日:2018/09/24 (月)

リマスターされたこのターラ盤は人間くささが薄れコンピュター臭さが前に出て、音に温もりが無くいかにも機械の音といった感じで、わたしはこの素晴らしい演奏をかえって楽しめなくなってしまった。確かに音はノイズが完全に除去されているが大切な何かもなくなっているような気がする。SACDを嫌う人の共通した感想だとおもう。私はSACD PLAYERはもっていないです。ターラなら2回目のが好ましいと思う。最初のはどこかもやついた音だ。レヴューについてだが、ターラ盤に何故グランドスラム盤のコメントが載っているのだろう。東芝EMI、ワーナー、ユニヴァーサル、入り乱れてレヴューを載せている。HMVさん、もう少し正確にお願いします。

robin さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
このブラームス1番の冒頭から、圧倒的に劇...

投稿日:2017/09/24 (日)

このブラームス1番の冒頭から、圧倒的に劇的で物々しく、絶望、心からの哀しみと叫びに満ちた悲劇的な音色が覆い尽くす、いかにも重心の低い重厚なドイツ伝統の響きを充満させた音楽が展開された演奏を他の名匠を含めて私は知らない。地の奥底に突き刺さるような決然とかつ深沈とした情念が充満した音楽は、否応なく悲劇の中心に聞き手を惹き込む。正にフルトヴェングラーの個性の真骨頂である。それは悲惨で深刻な戦争を目の当たりにし沢山の哀しみを背負ったから為し得た表現なのかもしれず、今後こうした表現ができる音楽家は、オーケストラを含めて現れないと思う。そんな第1楽章の苦しみから、第2楽章の温かく平和な歌、第3楽章の愉悦、第4楽章の壮大な歓喜の音楽へ大きなうねりと共に到達していく様は、鳥肌ものである。初客演にもかかわらずここまで一体となって表現できたのは、コンサートマスターのレーンの力は極めて大きかったことと納得する。

no music no life さん | 奈良県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品