CD

交響曲第1番 ミュンシュ&パリ管弦楽団

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCE59012
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ミュンシュ&パリ管/ブラームス:交響曲第1番

数あるブラームス第1番のディスクの中でも、最も迫力に満ちた演奏として知られる名盤。そのテンションの高さは、ミュンシュという指揮者のパーソナリティと、それに心から賛同し、全員一丸となって演奏するオーケストラのパフォーマンスがあって初めて実現したと言えるもので、このエネルギー・レヴェルの高さがもたらす稀有な高揚感、陶酔的な感覚にはやはり特別な魅力が備わっています。
 もちろん劇的な部分だけが凄いのではありません。中間2楽章での柔和な美しさを湛えた色彩豊かな演奏には、その前年までパリ音楽院管弦楽団メンバーとして活躍していた名手たちの腕前が如実に反映されています。
 そもそもパリ管弦楽団は、1967年に当時の文化大臣で作家でもあったアンドレ・マルローと、音楽局長で作曲家のマルセル・ランドウスキの要請によって、名門パリ音楽院管弦楽団を発展的に解消して再編成されたもので、首席指揮者にシャルル・ミュンシュが迎えられ、フランスを代表するオーケストラとして華々しい活躍を始めたばかりでした。最初の演奏会は1967年11月14日で、『幻想交響曲』と『海』などが演奏され、翌年4月にはソ連ツアー、その半年後には北米ツアーを敢行、しかし激務がたたったのか、77歳のミュンシュはツアー先のヴァーモント州、リッチモンドで心臓発作を起こして急逝してしまいます。
 シャルル・ミュンシュ(ミュンヒ)[1891-1968]は、19世紀末にはまだドイツ領だったストラスブール(シュトラスブルク)に、アルベルト・シュヴァイツァーの遠縁というドイツ系の家系に生まれ、生地のストラスブール音楽院でヴァイオリン演奏や作曲を学びます。その後、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターとなり、フルトヴェングラーやワルターのもとで演奏するうちにその資質を認められ、指揮の勉強をするようになったというという経歴の持ち主。
 その長い指揮棒をダイナミックに振りまわす独特の指揮スタイルは、楽員を鼓舞する力に長けており、ベルリオーズブラームスベートーヴェンの作品などで、情熱たぎるパフォーマンスを実現することに成功していました。
 当アルバムに収録されているパリ管弦楽団とのブラームス第1番は、そうした演奏の代表格ともいえる存在で、同じ頃に収録された幻想交響曲ラヴェルオネゲルと共にパリ管弦楽団との価値ある重要な記録となっています。
 なお、この国内盤のリリースにあたって、EMIのGreat Recordings of the Centuryシリーズでおなじみの、“ART(アビー・ロード・テクノロジーの略)”リマスタリングが、英国のアビーロード・スタジオで施されているということです。
 ちなみに海外盤はかなり以前に廃盤になっており、現在はリリースされておりません。

ブラームス:交響曲第1番ハ短調 作品68 [47:58]
 第1楽章 Un poco sostenuto-Allegro [14:43](呈示部反復無し)
 第2楽章 Andante sostenuto [09:51]
 第3楽章 Un poco allegretto e grazioso [05:07]
 第4楽章 Adagio-Piu andante-Allegro non troppo [18:17]
  パリ管弦楽団
  シャルル・ミュンシュ(指揮)

   録音時期:1968年1月8,12日(ステレオ)
   録音場所:パリ、サル・ワグラム
    プロデューサー:ルネ・シャラン
    エンジニア:ポール・ヴァヴァスュール

内容詳細

最新のART(アビー・ロード・テクノロジー)によるリマスタリングで蘇るEMIの名盤。ミュンシュがパリ管とともに残した最高の名演のひとつ。ドイツの指揮者やオケも真っ青の凄い演奏。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
24
★
★
★
★
☆
 
10
★
★
★
☆
☆
 
7
★
★
☆
☆
☆
 
5
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
人間が素直?にできているせいか、歴史的名...

投稿日:2016/07/22 (金)

人間が素直?にできているせいか、歴史的名盤と称される録音について異論を唱えることはほとんどないのですが、数少ない例外の一つがこれです。恐らくは先にボストン盤LPを購入し擦り切れるほど聴いていた、ということが原因でしょう。激しい情熱に身を焼き焦がすブラームス、という構図はボストン盤の方が上で、それにはまってしまった耳にはこの録音はどうにも間延びして聴こえます。ボストン盤の方にコメントしろよ、という声も聞こえてきそうですが、この録音を聴くたびにこう感じてしまうので、ユーザー評価平均点を下げる方へ行動しました。なお、この投稿は2008年6月に行ったものを再投稿したものです。小生の投稿は結構削除されているのですが、人様に見せられないような、それほど酷いものなのでしょうか?

エステ荘の噴水 さん | 岩手県 | 不明

10
★
★
★
★
★
先日FM放送で、久しぶりにこの演奏を聴い...

投稿日:2016/04/20 (水)

先日FM放送で、久しぶりにこの演奏を聴いた。これは、ベルリンフィルの演奏だろうと、思っていたら、ベルリンフィルでこれ程熱い、迫力ある演奏あったっけ?とも、思いつつ、コーダのティンパニ追加でミュンシュ、パリ管と、気が付いた。長い棒でオーケストラを鼓舞し、大きな音を好む晩年のミュンシュに、オーケストラも応え、レコーディングスタッフも燃え上がって出来上がった、この時代ならではの、やっぱり名演。ちょっと、特異な位。パリ管からこんな重厚な音出せた、記録された盤は、他に無し。レーベルは、やっぱり赤いEMIが、いい。これは、ライヴでAltusから、出ないのかな?

sunny さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
☆
☆
かつてレコ芸の名曲名盤シリーズで1位を獲...

投稿日:2015/04/26 (日)

かつてレコ芸の名曲名盤シリーズで1位を獲得したことのある世評高い録音だ。そんな訳で私はすごい期待をして聴いてみた。一言で言うと、セールスポイントが良く判らない演奏であった。まずは、パリ管から重厚な音響を引き出したミュンシュの手腕は大した物であるが、このようにドイツらしい音でブラームスに挑むのならば、素直にバイエルンなどのオケを使えば済む話である。録音もEMIらしいもっさり感があり、少々分離が良くない。ミュンシュの指揮は熱いのだが、パリ管が重厚な音を出すのに必死で、このオケらしい華やかな個性も発揮できずに曲が終わってしまった。現在、大量にブラームスが演奏・録音されて飽和状態にある中で、当盤の存在は埋もれてしまうだろう。「ミュンシュだから」聴く。「ミュンシュだから」価値がある。そう思える人には最良のブラームスかもしれないが。

silver さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド