CD 輸入盤

交響曲全集 ラドミル・エリシュカ&札幌交響楽団(3CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT388
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


遂に全集完成!
エリシュカ&札響、かけがえのない最高のブラームス。
嬉しいセット化、第3番は新リマスタリング!


名指揮者エリシュカと札幌交響楽団によって2013年から2017年にかけて行われたブラームスの交響曲全曲演奏プロジェクトは、両者の関係の深さを物語るかけがえのない記録となりました。それぞれカップリングを付けた番号別のCDもありますが、このたび全集完結記念として交響曲4曲のみをまとめた3枚組アルバムを発売いたします。エリシュカは健康上の理由によりやむなく2017年10月の札響の定期演奏会を最後の来日公演としました。今や残された録音でしか味わうことのできない当コンビの演奏、その素晴らしさがたっぷり詰まった記念碑的セットです。
 力感に富みながらも緻密で美しい弦楽の調べが見事で、古今東西のブラームス全集と比しても無類の価値を誇ります。なお第3番に関しては音を見直し、新リマスタリングを施しました。ブラームスを聴き込んだマニアの方にもぜひお持ち頂きたい最高の全集の完成です!(販売元情報)

【収録情報】
● ブラームス:交響曲全集


Disc1:交響曲第1番ハ短調 Op.68/交響曲第3番ヘ長調 Op.90
Disc2:交響曲第2番ニ長調 Op.73
Disc3:交響曲第4番ホ短調 Op.98

 札幌交響楽団
 ラドミル・エリシュカ(指揮)

 録音時期:2017年3月10,11日(第1番)、2014年11月14,15日(第2番)、2013年10月11,12日(第3番)、2015年6月19,20日(第4番)
 録音場所:北海道、札幌コンサートホールKitara
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 国内プレス
 日本語帯・解説付

【ラドミル・エリシュカ[1931-]】
札幌交響楽団名誉指揮者。チェコのブルノ音楽大学にて、ヤナーチェクの高弟ブジェチスラフ・バカラに師事。1969〜90年までチェコの名門オーケストラ、カルロヴィ・ヴァリ交響楽団の首席指揮者兼音楽監督を務める。チェコ・フィルやプラハ交響楽団等にも頻繁に客演していたが、活動がチェコ国内中心であったために、日本では最近までその名を知られていなかった。2006年に札幌交響楽団定期演奏会に初登壇し伝説となる名演を披露、2008年に同楽団初の首席客演指揮者に就任した。札響とのライヴ収録CDは高い評価を得ている。そのほかN響、東京都響、東京フィル、大阪フィル、九州響等とも共演し、「遅れてきた巨匠」として熱い注目を集めた。2001〜2013年6月までチェコ・ドヴォルザーク協会会長を務めた。(販売元情報)

【札幌交響楽団】
札幌交響楽団は、1961年「札幌市民交響楽団」の名称で発足、62年「財団法人札幌交響楽団」となり、2009年にはオーケストラで初の公益財団法人となった。国土の22パーセントの83,457平方キロメートルに540万人以上の人口をかかえる北海道、唯一のプロ・オーケストラとして、「札響」の愛称で親しまれている。優れた音響で知られる札幌コンサートホールKitaraを本拠に、透明感のあるサウンドとパワフルな表現力は雄大な北海道にふさわしいオーケストラとして広く知られてきた。
 歴代指揮者は荒谷正雄、ペーター・シュヴァルツ、岩城宏之、秋山和慶、尾高忠明等。尾高は1981年から1986年まで正指揮者、1998年からミュージック・アドヴァイザー/常任指揮者、2004年から2015年3月まで音楽監督を務めた。2015年4月からは首席指揮者にマックス・ポンマーを迎え、バッハから現代音楽まで幅広く取り上げ、そのライヴ録音CDも絶賛を博した。ラドミル・エリシュカは2008年から首席客演指揮者、2015 年からは名誉指揮者を務め、札響との組み合わせは高い評価を受けた。レコーディングでは得意のチェコ音楽だけでなく、ブラームスやチャイコフスキーの交響曲等も取り上げた。
 札響は海外公演をこれまでにアメリカ、英国、ドイツ、イタリア、東南アジア、韓国、台湾で行い、各地で好評を博した。現首席指揮者のポンマーは2018年3月で退任、後任にマティアス・バーメルトが就任することが決まっている。(販売元情報)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
各曲とも、引き締まったフレージング、弦を...

投稿日:2018/02/28 (水)

各曲とも、引き締まったフレージング、弦を主体とした重厚な響き、やや遅めの堂々たるインテンポによる演奏であり、古楽器ブームの弊害により滅多に聴かれなくなってしまった正統派の名演である。無用のリピートがないのも良い。このブラームスのほか、モーツァルト、ベートーベン、シューベルトでも見事な演奏を残しており、エリシュカがチェコのみならずドイツ・オーストリアの伝統も受け継ぐ名匠であったことを証明している。惜しむらくは、ブラームスの交響曲全集に付き物の両序曲、ハイドン変奏曲がないことだ。事実上引退してしまった今となっては、録音することはほぼ不可能だろうが、一分の望みを持ちつつこの録音を味わいたい。

ヒマシテラ さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品