CD 輸入盤

交響曲全集(ベルリン・フィル)、ドイツ・レクィエム(ストックホルム・フィル) フルトヴェングラー

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MR2071
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ブラームス:交響曲全集、ドイツ・レクィエム
フルトヴェングラー&ベルリン・フィル、ストックホルム・フィル


フルトヴェングラー&ベルリン・フィルという黄金コンビのいままでありそうでなかったブラームス全集。第1番も比較的珍しい演奏でフルトヴェングラーならではのテンポ・アップはのけぞる位の激しさです。第2番、第3番ともにドラマを音楽に叩き込んだ凄絶な名演。第4番は吉田秀和先生が至高の名演と絶賛したヴィースバーデン・ライヴで、美しさは絶後のものです。ストックホルムのドイツ・レクイエムも荘厳、深刻な味わいが素晴らしいです。いずれも出演者秘蔵のテープより、入念にリマスタリングされたものです。(MUSE)

【収録情報】
ブラームス:
● 交響曲第1番(1953年5月18日、モノラル)
● 交響曲第2番(1952年5月7日、モノラル)
● 交響曲第3番(1949年12月18日、モノラル)
● 交響曲第4番(1949年6月10日、モノラル)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

● ドイツ・レクィエム

 ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団&合唱団
 ケルステン・リンドベルイ・トルリンド(S)
 ベルンハルト・ゼネルステット(Br)

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)



こちらの商品は海外工場プレスの輸入盤のため、ご利用の再生機器によっては、稀に正しく再生されない場合がございます。
恐れ入りますが、その場合は弊社カスタマーサービスまでお問合わせいただきますようお願い致します。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲全集(ベルリン・フィル)、ドイツ・レクイエム(ストックホルム・フィル)

ディスク   2

  • 01. 交響曲全集(ベルリン・フィル)、ドイツ・レクイエム(ストックホルム・フィル)

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フルトヴェングラーのブラームスのセットは...

投稿日:2017/02/14 (火)

フルトヴェングラーのブラームスのセットはこれで二つめ。前のVIRTUOSOのとは3、4番が違うとのドイツ・レクイエムがあるので購入。その3、4番が凄い。少しきつめの音だが、くっきりとした音で、そのためもあってか、音の衝撃力が並大抵ではない。物理的なだけではないだろう。打っては返す音の波のもって行き方が入魂というか乾坤一擲というか。2番はVIRTUOSOのよりも音がクリアになって、その分やはり迫力が凄い。田園風では少しもなくて、そういう曲かということもあるだろうけど、認めないわけにはいかない。1番はVIRTUOSOと似たようなレヴェルの音(ちょっとはいいかなぁ?)。演奏ももちろんいいんだけれど、フルトヴェングラーのこの曲は、フィナーレがどうも空回りするというか、演奏が傑出している分、曲の持って回った感がかえって出てきてしまうような気がする。とはいえ、全四曲を通じてこれだけの高みにあるアルバムはなかなかない。少なくとも想像力のロマン的な飛翔という意味ではこれに勝るものはない。ドイツ・レクイエムは思ったよりも音は悪くない。少なくともこの手のものに慣れているなら鑑賞に耐えない音ではない。フルトヴェングラーは色々なところでの感情が深まるようなゆったりとしたテンポの取り方が絶妙(二曲の冒頭とか三曲のバリトンのソロの後とか)。ソプラノ共々5曲の幕切れなどは深く心に残る。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
53年の1番と49年のヴィースバーデンラ...

投稿日:2013/08/13 (火)

53年の1番と49年のヴィースバーデンライヴの4番という(ターラから出ている)比較的珍しい音源が安く入手でき、(決して回し者ではないが)、フルヴェンマニア道にこれから足を踏み入れる向きには重要なセットといえる。ターラとの音質の比較はしていないが、この安さは魅力的だ。52年の2番と49年の3番は、古くからEMIから出ている有名なライヴ音源なので、ファンとしてはダブり買いになるのだが。

eroicka さん | 不明 | 不明

3
★
★
★
★
☆
1948年のライブ盤での「ドイツ・レクイエム...

投稿日:2009/06/10 (水)

1948年のライブ盤での「ドイツ・レクイエム」は他のレクイエムにもあるように7楽章から成り真ん中の第4楽章を中心に対照的になっています。出だしはどうももう一つ安定しないのですが少々のミスも何のその・・次第にフルトヴェングラーのペースというか凄い領域に突入!フーガ合唱も熱のこもった聴き物。私は特に独唱陣・・・中でもソプラノ担当のリンドパーク=トールリンクが気に入って第5楽章は繰り返して・・・尤も私のはモノラルLP盤・・聴いています。前年のルッチェルン音楽祭のものも興味が出ます。交響曲については同じソース他盤で聴いている物もありますが省略します・・・いずれも名演と思います。

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト