SACD

交響曲全集、悲劇的序曲、ハイドンの主題による変奏曲、アルト・ラプソディ カール・ベーム&ウィーン・フィル、クリスタ・ルートヴィヒ(3SACD)(シングルレイヤー)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGG9152
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

ブラームス:交響曲全集
カール・ベーム&ウィーン・フィル


【限定盤】【SHM-SACD】
2019年に生誕125周年を迎えるオーストリアの巨匠指揮者カール・ベーム。日本には1963年ベルリン・ドイツ・オペラと共に初来日、その後はウィーン・フィルやウィーン国立歌劇場と共にたびたび来日し、特に1975年のウィーン・フィルとの来日公演は今もなお伝説的なコンサートとして事あるごとにクラシック専門誌等で取り上げられています。
 カラヤンと並び、日本人に最も愛された指揮者ベームとウィーン・フィル。ベームのブラームス録音は、ベルリン・フィルとの交響曲第1番がSA-CD化されておりますが、今回はウィーン・フィルとの交響曲全集と2つの管弦楽曲、ルートヴィヒをソリストに迎えた『アルト・ラプソディ』をDSDマスタリングしてSA-CD化します。
 独Emil Berliner StudiosでDGのオリジナル・マスターから、2018年制作のDSDマスターを使用。(メーカー資料より)

【収録情報】
ブラームス:交響曲全集

Disc1

● 交響曲第1番ハ短調 Op.68
● ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a

Disc2
● 交響曲第2番ニ長調 Op.73
● アルト・ラプソディ Op.53
● 悲劇的序曲 Op.81

Disc3
● 交響曲第3番ヘ長調 Op.90
● 交響曲第4番ホ短調 Op.98

 クリスタ・ルートヴィヒ(コントラルト:op.53)
 ウィーン楽友協会合唱団(op.53)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1975年5月(op.68,73,98)、1975年6月(op.90)、1976年6月(op.53)、1977年2月(op.56a,81)
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 SACD Single Layer

 SACD対応プレイヤーで再生できます。

内容詳細

2019年に生誕125周年を迎えるベームによる、1970年代半ばに完成したブラームス交響曲全集。第1番だけがDSDマスタリングされていたが、本作で残りの3曲と、「アルト・ラプソディ」ほかを含めて鮮烈な音で蘇った。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 1.Un poco sostenuto-Allegro
  • 02. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 2.Andante sostenuto
  • 03. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 3.Un poco allegro e grazioso
  • 04. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 4.Adagio-Piu Andante-Allegro non troppo ma con brio
  • 05. ハイドンの主題による変奏曲 作品56a

ディスク   2

  • 01. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73 1.Allegro non troppo
  • 02. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73 2.Adagio non troppo-L'istesso tempo,ma grazioso
  • 03. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73 3.Allegretto grazioso (Quasi Andantino)-Presto ma non assai-Tempo T
  • 04. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73 4.Allegro con spirito
  • 05. アルト・ラプソディ 作品53 Adagio-Poco Andante-Adagio
  • 06. 悲劇的序曲 作品81

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
36
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
素晴らしい。 ゆったりとしたテンポで演...

投稿日:2016/10/25 (火)

素晴らしい。 ゆったりとしたテンポで演奏され。交響曲第1番では素朴さも感じられた。 交響曲第2番は冒頭の、のどかな風景から一転して目の覚めるような溌剌とした景色をみせるところなど、メリハリや切り替えが見事だ。 交響曲第2番は幾つか聴いた中では一番素晴らしい。 交響曲第3番の第1楽章では亡霊たちの踊りのような、おどろおどろしい「死の舞踏」のような表現がされている部分が印象的だった。 『アルト・ラプソディ』は深い安らぎや感じさせる名演だ。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
☆
安定したテンポでじっくり聴かせてくれるブ...

投稿日:2016/05/11 (水)

安定したテンポでじっくり聴かせてくれるブラームスです。ベームもこの録音の頃まではまだしっかりしているように思います。またウィーン・フィルの響きも豊かですね。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
まだCDなどないLPの時代、高校生であった私...

投稿日:2013/02/15 (金)

まだCDなどないLPの時代、高校生であった私が最初に手にしたブラームスのレコードがこの演奏家の第4番。お気に入りの一枚でしたが、その後に出てきたクライバー盤の迫力に圧倒されて自分の中ではベーム盤の影が薄くなってしまいました。やがて時代はCDの時代へ。レコードをすべて売り払い、CDでクレンペラー盤やバルビローリ盤などの全集を揃え、どれも良いと思っていましたが、25年以上の月日を経て今回、再びこの演奏家の全集を購入してみました。長い月日を経た後の再会となりましたが、オケの鳴らし具合の見事さに圧倒されました。高校生の頃と比べて格段に作品を奥深くまで鑑賞できる自分にも少し感動しました。それなりの年月を生きてみなければ人生のありがたみが分からないように、音楽を鑑賞できるようになるのもそれなりの月日が必要ということなのでしょうか。ただただ脱帽したい演奏です。まだ2番と4番しか聴いていませんが、他の曲も楽しみです。

JAZZMAN さん | 神奈川県 | 不明

12

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品