CD 輸入盤

交響曲全集、協奏曲全集 メータ&ニューヨーク・フィル、バレンボイム、スターン、ズッカーマン、ハレル(8CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88875123012
組み枚数
:
8
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ブラームス:交響曲全集、協奏曲全集(8CD)
メータ&ニューヨーク・フィル、バレンボイム、スターン、他


メータがニューヨーク・フィル時代に録音したブラームスを8枚組ボックス・セット化。
 メータは1936年インドのボンベイ生まれ。ウィーン、イギリスでキャリアをスタートし、瞬く間にオーケストラ、オペラ指揮者として脚光を浴びるようになりました。モントリオール交響楽団、ロサンジェルス・フィル、ニューヨーク・フィルの音楽監督を歴任し、フィレンツェ歌劇場の首席指揮者、バイエルン州立歌劇場の音楽監督としても胸を振るいました。1978年にブーレーズの後任としてニューヨーク・フィルの音楽監督に就任。13年という同フィル史上最も長い在任期間であり、「最も優れたオーケストラ・コントロール」と賞賛されました。
 ニューヨーク・フィル時代にメータはCBSに録音を開始します。ストラヴィンスキー『春の祭典』を皮切りに、『ツァラトゥストラ』『展覧会の絵』『ペトルーシュカ』『巨人』など、華やかなオーケストラ曲を中心に数多くの名盤を残しました。今回ボックス化されるブラームスの交響曲全集と協奏曲全集も、アイザック・スターン、ダニエル・バレンボイム、ピンカス・ズッカーマンなど、メータの盟友もある名ソリストたちが参加し、見事な音楽の美しさを表現された名演です。しかし交響曲は今回が初CD化となり、特に交響曲第1番はLPでも発売されなかった音源です(1976年にDeccaにウィーン・フィルと録音したばかりだったため、おそらく契約上の問題だったと思われます)。
 今回の発売にあたって、全てオリジナル・マスターテープよりリマスターされ、それぞれのディスクは、発売当時のレーベル・デザインを使用し、さらにオリジナルLPジャケット・デザインの紙ジャケットに収められ、オールカラーの別冊解説書とともにクラムシェル・ボックスに収納されます。別冊解説書には、詳細なデータを含むトラックリスティングとエッセイ(欧文)が掲載される予定です。(SONY)

【収録情報】
ブラームス:交響曲全集、協奏曲全集


Disc1
● 交響曲第1番ハ短調 Op.68

Disc2
● 交響曲第2番ニ長調 Op.73

Disc3
● 交響曲第3番ヘ長調 Op.90
● ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a

Disc4
● 交響曲第4番ホ短調 Op.98

Disc5
● ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.15

Disc6
● ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.83

Disc7
● ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77

Disc8
● ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調 Op.102
● 大学祝典序曲 Op.80

 ダニエル・バレンボイム(ピアノ:Disc5,6)
 アイザック・スターン(ヴァイオリン:Disc7)
 ピンカス・ズッカーマン(ヴァイオリン:Disc8)
 リン・ハレル(チェロ:Disc8)
 ニューヨーク・フィルハーモニック
 ズービン・メータ(指揮)

 録音時期:1978〜1982年
 録音場所:ニューヨーク
 録音方式:ステレオ(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony No. 1 in C minor, Op. 68 / I. Un Poco Sostenuto - Allegro
  • 02. Symphony No. 1 in C minor, Op. 68 / II. Andante Sostenuto
  • 03. Symphony No. 1 in C minor, Op. 68 / III. Un Poco Allegretto E Grazioso
  • 04. Symphony No. 1 in C minor, Op. 68 / IV. Adagio - Pi Andante - Allegro Non Troppo, Ma Con Brio - Pi Allegro

ディスク   2

  • 01. Symphony No. 2 in D Major, Op. 73 / I. Allegro Non Troppo
  • 02. Symphony No. 2 in D Major, Op. 73 / II. Adagio Non Troppo - L'istesso Tempo, Ma Grazioso
  • 03. Symphony No. 2 in D Major, Op. 73 / III. Allegretto Grazioso (Quasi Andantino) - Presto Ma Non Assai
  • 04. Symphony No. 2 in D Major, Op. 73 / IV. Allegro Con Spirito

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
メータのファンではないのですが、4番は非...

投稿日:2019/10/28 (月)

メータのファンではないのですが、4番は非常に優れていると思います。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この全集の魅力はなんと言っても全盛期のジ...

投稿日:2017/05/17 (水)

この全集の魅力はなんと言っても全盛期のジュリアス・ベーカーのフルートを聴けること。交響曲第4番の終楽章のソロなど、彼ならではの美しいソロを満喫できる。

JJ さん | 宮城県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
こう書くと差し障りはあるだろうが,このセ...

投稿日:2016/08/14 (日)

こう書くと差し障りはあるだろうが,このセットはかなりの力演だが,特にこの全集でなければと言う意義は見いだしにくい。ブラームスの交響曲全集なら他に出色の名演がたくさんある。それらを差し置いてメータのこの演奏を選ぶ理由を見いだすのはかなり困難である。実は1980年頃のメータ/NYPのブラ2ライブをイメージして購入。終楽章のブラスの整然としたアンサンブルやその威力は瞠目すべきものであった。しかしこのセットに聴く演奏はなぜかかなり丸まっており,ライブのあの白熱を聴くことはできない。無論ブラームスの曲を知るにはこのセットは十分な水準に達している。ただ感銘深い演奏に触れたければ他を選ぶことをお薦めする。と言うわけで評価は☆4つ。

広島のパヴァンヌ さん | 広島県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品