CD 輸入盤

交響曲全集、ピアノ協奏曲第1番、第2番、悲劇的序曲、大学祝典序曲、ハイドン変奏曲 アーノンクール&ベルリン・フィル、コンセルトヘボウ、ブッフビンダー(5CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029597510
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


ブラームス:交響曲全集、ピアノ協奏曲第1番、第2番、管弦楽曲集(5CD)
ニコラウス・アーノンクール&ベルリン・フィル、コンセルトヘボウ管弦楽団、


ピリオド・アプローチ(時代考証)の解釈法をベルリン・フィルに生かし、ブラームスの音楽をおもしろく活性化させたアーノンクールならではの痛快な演奏。ここでは大げさな身振りや感情移入がないため、明晰な造形美を鮮やかに印象付けることに成功しており、ブラームス本来のフォルムがきわめて平衡感覚の強いものであることを明らかにしています。ベートーヴェンばりのテンションの高さや、スッキリとして趣味の良い抒情の美しさも魅力的です。
 ブッフビンダーとのピアノ協奏曲第1番はコンセルトヘボウ管弦楽団を指揮した演奏。全体的に遅めのテンポの採用は、細部での急激な強弱・緩急や音符の強調に非常に効果的で、第1楽章など管弦楽による呈示部だけで10分以上もかけ、聴き手のド肝を抜く衝撃を与えてくれます。また、第2ヴァイオリンを右側に置いた正統配置により、各楽器の対話を重視したコンセプトがさらに明瞭になっている点も見逃せません。
 実演ということもあってか、いつもの端正なピアニズムとはうってかわって激しい表情をみせるブッフビンダーのソロも見事で、第1楽章展開部などまさに圧倒的。コンセルトヘボウの重量感ある力強いサウンドに伍するその演奏は、このピアニストの声望の高さを十分に裏付けるものです。(HMV)

【収録情報】
Disc1
ブラームス:
● ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a
● 交響曲第1番ハ短調 Op.68

Disc2
● 交響曲第2番ニ長調 Op.73
● 悲劇的序曲 Op.81
● 大学祝典序曲 Op.80

Disc3
● 交響曲第3番ヘ長調 Op.90
● 交響曲第4番ホ短調 Op.98

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)

 録音時期:1996年、1997年
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc4
● ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.15
● 4つのバラード Op.10

Disc5
● ピアノ協奏曲第2番変ロ短調 Op.83
● 2つのラプソディ Op.79

 ルドルフ・ブッフビンダー(ピアノ)
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(協奏曲)
 ニコラウス・アーノンクール(指揮:協奏曲)

 録音時期:1998年、1999年(協奏曲)
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ(協奏曲)
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ:協奏曲)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : I Theme
  • 02. Brahms : Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : II Variation 1
  • 03. Brahms : Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : III Variation 2
  • 04. Brahms : Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : IV Variation 3
  • 05. Brahms : Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : V Variation 4
  • 06. Brahms : Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : VI Variation 5
  • 07. Brahms : Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : VII Variation 6
  • 08. Brahms : Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : VIII Variation 7
  • 09. Brahms : Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : IX Variation 8
  • 10. Brahms : Variations on a Theme By Haydn Op.56A, 'ST Anthony Variations' : X Finale
  • 11. Brahms : Symphony No.1 in C Major Op.68 : I Un Poco Sostenuto - Allegro
  • 12. Brahms : Symphony No.1 in C Major Op.68 : II Andante Sostenuto
  • 13. Brahms : Symphony No.1 in C Major Op.68 : III Un Poco Allegretto E Grazioso
  • 14. Brahms : Symphony No.1 in C Major Op.68 : IV Adagio - Allegro Non Troppo, Ma Con Brio

ディスク   2

  • 01. Brahms : Symphony No.2 in D Major Op.73 : I Allegro, Ma Non Troppo
  • 02. Brahms : Symphony No.2 in D Major Op.73 : II Adagio Non Troppo
  • 03. Brahms : Symphony No.2 in D Major Op.73 : III Allegro Grazioso
  • 04. Symphony No.2 in D Major Op.73 : IV Allegro Con Spirito
  • 05. Tragic Overture Op.81
  • 06. Academic Festival, Op. 80: Overture

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ブッフビンダーの滋味溢れるブラームス。メ...

投稿日:2019/09/29 (日)

ブッフビンダーの滋味溢れるブラームス。メータ盤よりこのアーノンクール盤がお勧め。 1946年チェコ生まれでウィーンでピアノを学んだブッフビンダーは80年代にはショパンも何枚か録音しており、またヨハン・シュトラウスの作品をヴィルトーゾ風に編曲したショーピース集なども微笑ましいが、2000年頃からはレパートリーを独墺系の王道であるバッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、シューマン、ブラームスにほぼ絞っているようだ。今ではウィーンの伝統を引き継ぐ数少ない巨匠としてオーストリアでは高い人気を誇るが、日本での評価が評価が高まったのは2013年のウィーンフィルの来日公演におけるベートーベンのピアノ協奏曲全曲演奏会からだと思う。  協奏曲の録音はアーノンクールやメータなどウィーンゆかりの指揮者との共演が多く、このブラームスの協奏曲もアーノンクールとの98-99年盤、メータ指揮のイスラエルフィル盤(2009年)、メータ指揮ウィーンフィル盤(2015年)の3種の録音があり十八番だと言える。いずれも良い演奏だが、メータ指揮の2種の演奏はテンポが若干速くなっており(特に第1番)、個人的にはこのアーノンクール盤がお勧めだ。遅めのテンポで音の構造や音楽の緩急を解析しながら前に進むようなアーノンクールの指揮がユニーク。この曲の新しい魅力を発見させてくれる。ブッフビンダーのソロは音楽に何も付け加えずにオケに全幅の信頼を寄せて自由に伸びやかに歌っている。これだけの滋味に溢れたブラームスはカーゾン以来だと言って良いと思う。交響曲全集とセットで990円なら買わないと損。

みんなのまーちゃん さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
独特のすばらしさがある。一応セットではあ...

投稿日:2016/09/03 (土)

独特のすばらしさがある。一応セットではあるが、他のアーティストと同様、彼の各レーベルむけ向け録音全集といったような、1ボックスに集約した商品を待望する。

segovia さん | 愛知県 | 不明

9
★
★
★
★
☆
お値段が魅力的なので釣られて購入しました...

投稿日:2016/08/07 (日)

お値段が魅力的なので釣られて購入しました。音質、交響曲全集は音圧がやや低いのですがボリュームを上げると、優秀な録音であることがわかります。演奏は左右の弦の掛け合いや普段聞きなれない独特の表情付けが所々にあり面白いです。協奏曲は遅めのテンポでオケがやや控えめな印象を受けました。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

9

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品