CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲、交響曲第2番 フランチェスカッティ(vn)オーマンディ&フィラデルフィア管

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
80225
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

名手フランチェスカッティとオーマンディのブラームス
ヴァイオリン協奏曲、交響曲第2番

Biddulphが復刻するフランチェスカッティのシリーズですが、内容はオーマンディによるブラームスのアルバムでもあります。オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団というと華やかさばかりが謳われる傾向がありますが、ドイツ系の音楽では、弦の豊かな響きを生かし、正攻法で包容力のある音楽で充実度の高い演奏をおこなっています。交響曲第2番は、そうしたオーマンディの特徴に打ってつけの曲で、ステレオ録音も残していますが現在廃盤。このモノラル録音の復活は歓迎されるところでしょう。ことに第2楽章のしっとりとした弦の歌わせ方は価値あり。
 ヴァイオリン協奏曲は、名手フランチェスカッティのヴァイオリンが素晴らしい聴きもの。録音当時53歳のフランチェスカッティは、技術、音色、情熱のいずれも非の打ち所がなく、オーマンディのバックを得て実に素晴らしい音楽を作り上げています。この曲を好きな人には逃がせないCDと言えるでしょう。(東武トレーディング)

ブラームス:
・ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77
・交響曲第2番ニ長調 Op.73
 ジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン)
  フィラデルフィア管弦楽団
 ユージン・オーマンディ(指揮)
 モノラル録音:1956年3月11日(協奏曲)、1953年2月15日(交響曲)

収録曲   

Brahms:

  • 01. Violin Concerto op.77
  • 02. Symphony No.2 op.73

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ブラコンは、以前買ったオーマンディBOXに...

投稿日:2020/02/12 (水)

ブラコンは、以前買ったオーマンディBOXに入ってなかったのでありがたい。スターンとのステレオは、個人的に音色が明るくなり過ぎて肌に合わなかった(人によっては、輝かしいと絶賛するけど)ので、フランチェスカっティの甘美な音色は大変魅力的。第2番は、モノラルながら分厚い低音に支えられたピラミッド型の音響がフィラデルフィアサウンドのイメージを変えるほど見事。ワルター=NYPのような熱狂はないが、包容力のある懐の深さが素晴らしい(ステレオ再録音よりこっちの方が好み)。

ビアだる太郎 さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品