CD 輸入盤

ホルン三重奏曲、『雨の歌』、幻想曲集 ズヴァールト、ファウスト、メルニコフ

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HMC901981
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ナチュラル・ホルンによるブラームスのホルン三重奏曲
蘇るブラームス当時のサウンド
新時代の巨匠達、ここに集結!

ホルン三重奏曲が完成した1865年、ブラームスは、母を亡くしました。この作品は母に捧げる悲歌とも言われています。第1楽章冒頭、慈しむような優しさに満ち溢れた旋律が、ヴァイオリンから他の楽器に受け継がれてゆくところから、一気に引き込まれてしまう集中した熱演。終楽章の疾走するパッセージの見事さはまさに圧巻。とにかく上手い! ブラームス当時のサウンドを蘇らせようと、それぞれのアーティストが思いを込めて、丁寧に音楽を構築しているのがよくわかります。新時代の巨匠達の誕生を感じずにはいられない、名演奏が誕生しました。
 ブラームスは幼い頃からホルンに親しみ、その音色を愛していました。これは彼の交響曲などでも、ホルンが極めて重要な役割を果たしていることからもよくわかります。ホルンが登場する室内楽は、唯一この作品のみ。ブラームスはここで、ナチュラル・ホルンが、豊かな音色や柔らかなレガート効果も得られること、そしてブラームス自身がこの楽器に親しんでいたことからナチュラル・ホルンを指定しています。
 フライブルク・バロック・オーケストラの首席ホルン奏者を務めている世界的な名手スヴァールトが、素晴らしい音色とテクニックで聴かせます。ピアニストのメルニコフはこの録音のために、19世紀のベーゼンドルファーを購入したということ。これがまた素晴らしいピアノで、音色の玉手箱のような楽器で、メルニコフのタッチの多彩さと的確さが冴え渡ります。もちろんファウストの磨き抜かれたヴァイオリンの音色と、音楽の推進力はますますパワーアップ。『雨の歌』が入っているのも泣かせるところです。なんとも嬉しい内容とメンバーによるブラームス作品集です。(キングインターナショナル)

ブラームス:
・ホルン三重奏曲変ホ長調
・ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調『雨の歌』
・幻想曲集op.116
 イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)
  使用楽器:ストラディヴァリウス「スリーピング・ビューティー」(1704年)
 トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールト(ナチュラル・ホルン)
  使用楽器:ローレンツ (1845年)
 アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ)
  使用楽器:ベーゼンドルファー(1875年)

収録曲   

  • 01. Brahms: Horn Trio Op.40: I. Andante - Poco più animato 8'00
  • 02. II. Scherzo. Allegro - Molto meno Allegro 7'04
  • 03. III. Adagio mesto 7'43
  • 04. IV. Finale. Allegro con brio 5'49
  • 05. Violin Sonata no.1 op.78: I. Vivace ma non troppo 10'18
  • 06. II. Adagio 7'36
  • 07. III. Allegro molto moderato 9'10
  • 08. 7 Fantasien op.116: I. Capriccio. Presto energico 2'22
  • 09. II. Intermezzo. Andante 4'20
  • 10. III. Capriccio. Allegro passionato 2'49
  • 11. IV. Intermezzo. Adagio 5'17
  • 12. V. Intermezzo. Andante con grazia ed intimissimo sentimento 2'54
  • 13. VI. Intermezzo. Andantino teneramente 3'33
  • 14. VII. Capriccio. Allegro agitato 2'16

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
愛聴している音楽 そして唯一の録音 音色...

投稿日:2017/01/04 (水)

愛聴している音楽 そして唯一の録音 音色を問わずして思想を語るなかれ 音楽に封じ込められた魂から生きる綾を紐解くに楽器(声)の音色は不可欠なfactorだ ホルン・トリオは悲しみに打ちひしがれた人の音楽だ 慟哭とも聞こえる叫びが谷間にあるいは森の中に谺している 19世紀のナチュラルホルンの音色が ベーゼンドルファーの音色が そしてストラディヴァリに引かれたガット弦の音が如何なるブラームスの想いを伝えることか ぼくは心が人生の枷に掛かったときこのホルン・トリオに耳寄せる ブラームスが泣いている いっ時泣き声に耳傾ける いつしか涙涸れ声も嗄れ 無言で立ち上がり 歩き出す 心の中の嵐はまだ吹き過ぎちゃいないが 歩き出す‥ ホルン・トリオにホルンはなくても音楽は成立している ユニゾンの多用は執拗でさえある ホルンがブラームスにとって特別な楽器だったことを語っている 人生に寄り添う人を得なかった人の孤独が続く「雨の歌」と「幻想曲集」にも影を落としている だが人はどこまでも一人で行くのだと知るには良い音楽だ 今更推薦もないが この盤を称揚する人があまりに少ないので せめて弱虫でない人にだけでもお奨めしたいものだ    

風信子 さん | 茨城県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
三重奏曲、ブラームスらしくない、前衛的で...

投稿日:2012/11/14 (水)

三重奏曲、ブラームスらしくない、前衛的で難渋、悲哀に満ちた音で始まるのに驚いた。音楽が止まってしまいそうに、苦しい不協和音。交響曲1番4楽章のホルンとは、大違いだ。油の乗り切った三人、2楽章は、一転活発。ナチュラルホルンの音が、浮いている程に雄弁、イザべラも激しく応戦。3楽章は、やはり、沈んだ音楽、4楽章は、盛り上がって聴かせ、大団円の終結。トリオは、やっぱり、面白いですね、それぞれの掛け合いが。クラリネットトリオより、元気で、不思議な印象。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品