SACD

ブラームス:交響曲第1番 マルティン・ジークハルト& アーネム・フィル

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00275
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

ジークハルト&アーネム・フィル / ブラームス:交響曲第1番(SACD)

ブラームス全集第1弾!
ブラームスの薫陶が鳴り響く。深く、広く、重厚に。
 オランダ、ヘルダーランド州の都アーネムを本拠地として精力的な展開を続けるアーネム・フィル。1889年に創立され100年以上の歴史を持ち、ブラームスが指揮したというエピソードもある伝統オーケストラです。そのアーネム・フィルがウィーン生まれの指揮者ジークハルトとともに奏でるブラームスの交響曲第1番。たしかな伝統とブラームスの薫陶に裏打ちされた芸術性がさらにエクストンの高音質録音によって洗練された響きはまさに絶品です。深淵の奥底から湧き出るような重厚なサウンドが迫り響きます。
 そして昨今ジークハルトとアーネム・フィルによってレコーディングを完成させたブラームスの交響曲全集も順次リリース予定となっています。(オクタヴィア・レコード)

ブラームス:
・交響曲第1番ハ短調 作品68
 アーネム・フィルハーモニー管弦楽団
 マルティン・ジークハルト(指揮)
 録音時期:2005年2月21-24日
 録音場所:ナイメーヘン、コンセルトヘボウ・デ・フェレエーニヒング
 DSDレコーディング
 SACD Hybrid
 Stereo/Multichannel
 CD 2.0ch./ SACD 2.0ch./ SACD 5.0ch.

【アーネム・フィル初来日ツアー】
 2月25日 ザ・シンフォニーホール
 2月26日 サンビームやない
 2月27日 愛媛県県民文化会館
 3月1日 愛知県芸術劇場コンサートホール
 3月2日 札幌コンサートホールKITARA
 3月3日 鎌倉芸術館
 3月5日 東京オペラシティ
 3月6日 サントリーホール(日本フィルと合同)
 3月7日 サントリーホール
(お問い合わせ:ジャパン・アーツぴあ/03-5237-7711)

内容詳細

正統派の中の正統派。やや遅めのテンポを採用し、大言壮語せず、やるべきことをきちんとやり、うまくバランスを整えた演奏。一見何の変哲もなさそうであり、人によっては生ぬるさを感じる可能性もあるが、よく耳を澄ますと作品本来の味わいがしみ出てくる。(哉)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
その昔、ブラームスが指揮したことがあると...

投稿日:2014/05/04 (日)

その昔、ブラームスが指揮したことがあるというアーネム・フィルだが、実際、彼が今指揮したらこんな演奏になるんではないかという素朴でリラックスできる演奏。ベルリン・フィルあたりの豪壮なのより、はるかに好ましい。

閑人 さん | 岡山県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品