Hi Quality CD 輸入盤

ブラームス:交響曲第1番(1965年ステレオ)、ラヴェル:ボレロ ルドルフ・ケンペ&バイエルン放送交響楽団

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ATS935
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ケンペ&バイエルン放送響 ステレオ・ライヴ
ブラームス:交響曲第1番。ヴァイオリン左右両翼配置
高音質UHQCDにて登場! 完全限定盤


実演で燃えるケンペの代表的名演。嬉しいステレオです。ミュンヘンというケンペ所縁の地で最も優秀なオーケストラと言えばバイエルン放送響。ケンペが愛したヴァイオリンを左右両翼に配置した古典型セッティングによる演奏です。南ドイツのオーケストラ特有の温かな音色を生かし、堂々たる威容を誇ります。特に第4楽章における左右のヴァイオリンの掛合のスリリングさはブラームスに隠されていた前衛性とも言える過激なものです。
 ボーナスとしてあまりに贅沢な収録がラヴェルの『ボレロ』。こちらはモノラルですがケンペの軽妙さが感じられる佳演です。(販売元情報)

【収録情報】
1. ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68
(I. 13:07/ II. 8:22/ III. 4:31/ IV. 15:01)
2. ラヴェル:ボレロ(15:57)

 バイエルン放送交響楽団
 ルドルフ・ケンペ(指揮)

 ライヴ録音:1965年1月17日(ステレオ:1)、1960年11月9日(モノラル:2)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品