CD 輸入盤

ブラームス:交響曲第1番、ウェーバー:『魔弾の射手』序曲 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ベルリン・フィル(1952)(平林直哉復刻)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GS2227
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ベスト・セラーの最新リマスター!
フルトヴェングラー&BPO
ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』序曲+ブラームス:交響曲第1番(1952)
音質大幅改善で再登場!


【このCDの復刻者より】
「このディスクの2曲はGS-2127(2015年)として発売し、短期間で完売してしまいましたが、このたびバイロイトの第9(GS-2205/2019年)と同様、テープを録音スタジオに持ち込み、マスタリングの全行程をプロ用の機器で行いました。GS-2127も非常に良い音だと思っていましたが、リマスターのGS-2227は情報量がさらに豊かになり、一度こちらに慣れると、旧盤には戻れません! 前回同様、ブラームスは全くハサミのない唯一のテープを使用、永久保存盤を目ざしました。」(平林直哉)

【収録情報】
1. ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』序曲
2. ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68


 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1952年2月10日(2)、1952年12月8日(1)
 録音場所:ベルリン、ティタニア・パラスト
 録音方式:モノラル(放送用ライヴ録音)
 使用音源:Private archive(2トラック、19センチ、オープンリール・テープ)

収録曲   

  • 01. 歌劇「魔弾の射手」序曲
  • 02. 交響曲第1番 ハ短調 Op.68

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
音質が良くなり、大変すばらしい。特に、両...

投稿日:2020/11/26 (木)

音質が良くなり、大変すばらしい。特に、両曲共に、ライブ録音らしさが、大変いい。そして、大変おこがましい気がするが、フルトヴェングラー指揮の「ブラームス:交響曲第1番」は、宇野大先生の意見に反対するが、この様にフルトヴェングラー指揮の「ブラームス:交響曲第1番」は、こう解釈していたのだと思う。この演奏は、オーソドックスな「ブラームス:交響曲第1番」と違うが、これでいいのだ!これに文句を言うなら、ヴァント指揮の「ブラームス:交響曲第3番」の解釈なども文句を付けないといけなくなると思います。この演奏の素晴らしさを是非とも楽しんでほしい。

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品