CD 輸入盤

ブラームス:交響曲第3番、ドヴォルザーク:交響曲第8番 カラヤン&ウィーン・フィル

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4782661
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

DECCA ORIGINALS
ウィーン・フィルとの60年代を象徴するしなやかな名演


クラシック界の頂点に上り詰めていくカラヤンが1960年代にウィーン・フィルと残した名盤として名高い2つの交響曲。ベルリン・フィルとはまた一味違う、しなやかに躍動する快演です。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
・ブラームス:交響曲第3番へ長調Op.90
・ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調Op.88

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1961年9〜10月
 録音場所:ウィーン、ゾフィエンザール
 録音方式:ステレオ(セッション)
 96kHz 24-bit Remastering

収録曲   

  • 01. Brahms: Symphony No.3, Op.90: I. Allegro con brio - Un poco sostenuto - Tempo I [09:44]
  • 02. II. Andante [08:13]
  • 03. III. Poco allegretto [05:54]
  • 04. IV. Allegro [09:06]
  • 05. Dvorak: Symphony No.8, Op.88: I. Allegro con brio [09:51]
  • 06. II. Adagio [11:08]
  • 07. III. Allegretto grazioso - Molto vivace [06:06]
  • 08. IV. Allegro ma non troppo [09:35]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ドヴォルザーク交響曲8番はカラヤン数種あ...

投稿日:2015/06/14 (日)

ドヴォルザーク交響曲8番はカラヤン数種ある同曲の中で最良の演奏だと思う。第1楽章冒頭チェロの音からして素晴らしい。全楽章が後年の演奏よりもこの交響曲の魅力を表出している見事な演奏。

2
★
★
★
★
★
ドヴォルザークについては、方々の賞賛のご...

投稿日:2012/04/06 (金)

ドヴォルザークについては、方々の賞賛のご意見に同調。1楽章及び4楽章のエネルギッシュな躍動、2楽章、3楽章のカンタービレな調べは、今もって遜色なし。晩年の再録音も聴きどころはあるけれど、エネルギッシュかつ舞い上がるメロディーが売りのこの曲にあっては、迫真あるこちらの演奏の方が一段上である。ブラームスは、4曲いずれもそうだが、特に3番などは、場面転換が難しく、呼吸を間違えると演奏が空中分解しそうな代物(第1楽章など、アクロバティックな姿勢が求められると言っても過言ではない)。しかしながら、ここはカラヤン、場面場面の節目で一呼吸おいて、だけど統一感がとれているところはやっぱりすごい。そして2楽章の香りたつメロディーと3楽章の郷愁−。最近の演奏はやたら「大声」だが、ここでは小さい声で素朴に。かっこいい。

どぜう さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
2曲とも50年以上前の録音とは思えないほ...

投稿日:2012/03/30 (金)

2曲とも50年以上前の録音とは思えないほど充実しています。ステレオ感が素晴らしいし、音質も聴きやすいものです。演奏はスマートで立派なものだと思いますが、ドヴォルザークの第8はジョージ・セルさんの晩年の録音を超えるほどではないと思います。

カズニン さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品