CD 輸入盤

ピアノ独奏曲全集 ジョフロワ・クトー(6CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LDV170
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ブラームス:ピアノ独奏曲全集
ジョフロワ・クトー(6CD)


2005年ブラームス国際コンクールで優勝のジョフロワ・クトー
ブラームスへの情熱が込められた壮大な全集プロジェクト!

2005年ブラームス国際コンクールで優勝したジョフロワ・クトーによる、ブラームスのピアノ独奏作品全集。13歳の時に『6つの小品 op.118』を弾いたのがブラームスとの最初の出会いであったというクトーは、パリ国立高等音楽院への入試もブラームス『7つの幻想曲 op.116』を演奏し難なく入学、その後ブラームス国際コンクールで優勝し、最初に録音した作曲家もブラームスという生粋のブラームス弾き。
 作曲家への深い理解を育むのは「情熱と時間」であると語るクトー。本全集は、長年に渡りブラームスの音楽を演奏・探求し、自問を繰り返しながら、この音楽と共に歩んできたクトーが満を持して録音した、壮大なプロジェクトです。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
ブラームス:
● スケルツォ変ホ短調 op.4
● ピアノ・ソナタ第2番嬰ヘ短調 op.2
● ピアノ・ソナタ第1番ハ長調 op.1

Disc2
● ピアノ・ソナタ第3番ヘ短調 op.5
● シューマンの主題による16の変奏曲嬰ヘ短調 op.9
● ハンガリーの歌による13の変奏曲ニ長調 op.21-2

Disc3
● 4つのバラード op.10
● 創作主題による変奏曲ニ長調 op.21-1
● 変奏曲 op.18

Disc4
● ヘンデルの主題による25の変奏曲とフーガ変ロ長調 op.24
● パガニーニの主題による変奏曲イ短調 op.35
● 16のワルツ op.39

Disc5
ハンガリー舞曲集
● 8つの小品 op.76
● 2つのラプソディ op.79

Disc6
● 7つの幻想曲 op.116
● 3つの間奏曲 op.117
● 6つの小品 op.118
● 4つの小品 op.119

 ジョフロワ・クトー(ピアノ)

 録音時期:2015年4月19-24日(Disc1,2)、7月5-11日(Disc3,4)、8月3-8日(Disc5,6)
 録音場所:フランス、グラディニャン、四季劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 日本語解説付

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Scherzo in E-Flat minor, Op. 4
  • 02. I. Allegro Non Troppo, Ma Energico
  • 03. II. Andante Con Espressione
  • 04. III. Scherzo: Allegro
  • 05. IV. Finale: Sostenuto. Allegro Non Troppo E Rubato
  • 06. I. Allegro
  • 07. II. Andante
  • 08. III. Scherzo: Allegro Molto E Con Fuoco
  • 09. IV. Finale: Allegro Con Fuoco

ディスク   2

  • 01. I. Allegro Maestoso
  • 02. II. Andante Espressivo
  • 03. III. Scherzo: Allegro Energico
  • 04. IV. Intermezzo: Andante Molto
  • 05. V. Finale: Allegro Moderato Ma Rubato
  • 06. 16 Variations in F-Sharp minor on a Theme By Schumann, Op. 9
  • 07. 13 Variations in D Major on a Hungarian Song, Op. 21, No. 2

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フランスの俊英ピアニストであるジョフロワ...

投稿日:2019/07/27 (土)

フランスの俊英ピアニストであるジョフロワ・クトー、幼い頃からブラームスの音楽に親しんできたというクトーだけあって、作品が手の内に入ってる感じで伸び伸びとリラックスして弾いているな、という印象。ややゆったり目のテンポ設定で、抒情的でしなやかなブラームスである。『ハンガリー舞曲集』では原曲の4手用版ではなくブラームス本人の編曲によるピアノ独走版を用いるなど工夫も凝らしている。時に渋く重厚に演奏されがちなブラームスのピアノ曲の新しいスタイルの演奏として楽しめるアルバム集である。音質も非常に良好で、まるで目の前でピアノを弾いてもらってるかのようだ。日本語解説付き。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品