CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第1番、第2番 ハフ、ウィッグルスワース&モーツァルテウム管(2CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDA67961
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

名匠スティーヴン・ハフのブラームス
遂に実現したピアノ協奏曲全集新録音!


ここ日本でも絶大な支持を得ているラフマニノフのピアノ協奏曲全集、英グラモフォン誌のゴールド・ディスク賞(過去30年間で最高の1枚)に選ばれたサン=サーンスのピアノ協奏曲全集、作品の細部に至るまで徹底的に研究を行ったチャイコフスキーのピアノ協奏曲全集。イギリスの当代最高のピアニスト、スティーヴン・ハフのキャリアにおける最も重要なレコーディングとなる新たなピアノ協奏曲全集は、ヨハネス・ブラームスのピアノ協奏曲全集新録音!
 かつて20代後半に、アンドルー・デイヴィス指揮BBC交響楽団とブラームスのピアノ協奏曲第1番&第2番をレコーディングしているスティーヴン・ハフ。20年以上の歳月を経て実現した新録音では、ハイペリオン(Hyperion)初登場となるオーストリアのモーツァルテウム管弦楽団、イギリスのマエストロ、マーク・ウィッグルスワースと共演!
 1度目のレコーディング以来、自身のメイン・レパートリーとしてブラームスの2つのピアノ協奏曲を弾き続けてきたスティーヴン・ハフが、遂に決断した新録音。50歳を越え、漂う巨匠の風格と、円熟味を増したピアニズム。英国ピアノ界の王者、スティーヴン・ハフの新たなブラームスが今ここに!(東京エムプラス)

【収録情報】
ブラームス:
・ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.15
・ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.83

 スティーヴン・ハフ(ピアノ)
 ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団
 マーク・ウィッグルスワース(指揮)

 録音時期:2013年1月11-15日
 録音場所:オーストリア、ザルツブルク祝祭大劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Piano Concerto No 1 in D minor Op 15 Maestoso [22'53]
  • 02. Piano Concerto No 1 in D minor Op 15 Adagio [13'28]
  • 03. Piano Concerto No 1 in D minor Op 15 Rondo Allegro Non Troppo [12'41]

ディスク   2

  • 01. Piano Concerto No 2 in B Flat Major Op 83 Allegro Non Troppo [18'19]
  • 02. Piano Concerto No 2 in B Flat Major Op 83 Allegro Appassionato [9'10]
  • 03. Piano Concerto No 2 in B Flat Major Op 83 Andante [11'52] - Various Performers
  • 04. Piano Concerto No 2 in B Flat Major Op 83 Allegretto Grazioso [9'30]

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品