CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第1番、第2番、4つのバラード ツィモン・バルト、エッシェンバッハ&ベルリン・ドイツ響(2CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
C5210
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ブラームス:ピアノ協奏曲第1番、第2番(2CD)
ツィモン・バルト、エッシェンバッハ&ベルリン・ドイツ交響楽団
ピアノ協奏曲はどちらも50分台なかばで、遅い部分での没入ぶりが驚異的!


フロリダ生まれの豪腕ピアニスト、ツィモン・バルトは、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、古代ギリシャ語、ラテン語、ヘブライ語に通じ、詩作もおこなうという人物。クリストフ・エッシェンバッハの長年の友人でもあるバルトの芸風は、緩急の幅が非常に大きく、チャイコフスキーのピアノ協奏曲の冒頭部分を劇遅で弾いてみたり、ラヴェルの『夜のガスパール』をグロテスクに弾いてみたりと、ユニークな面白さが特徴でもあります。
 今回の2枚組アルバムは、ブラームスのピアノ協奏曲2曲と作品10のバラード4曲を収録したもので、協奏曲ではエッシェンバッハ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団と共演。エッシェンバッハも自由な芸風の持ち主ですが、ここでは部分的に極度に遅いテンポを採用することで相乗効果が発揮されることとなりました。
 ピアノ協奏曲第1番も第2番も50分台なかばというスロー・テンポですが、特に遅い部分での没入ぶりには凄いものがあり、改めて作品の懐の深さを思い知らされます。組み合わされたブラームス若き日のバラードも、遅めのテンポでじっくり仕上げられており第4番は11分半という長さで聴き手を驚かせます。(HMV)

【収録情報】
Disc1
ブラームス:
● ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.15 [55:05]
● バラード第1番ニ短調 Op.10-1 [05:26]
● バラード第2番ニ長調 Op.10-2 [07:28]

Disc2
● ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.83 [55:52]
● バラード第3番ロ短調 Op.10-3 [04:25]
● バラード第4番ロ長調 Op.10-4 [11:30]

 ツィモン・バルト(ピアノ)
 ベルリン・ドイツ交響楽団(協奏曲)
 クリストフ・エッシェンバッハ(指揮:協奏曲)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
常識はずれの異常に遅いテンポに面食らう。...

投稿日:2015/10/20 (火)

常識はずれの異常に遅いテンポに面食らう。 10数回聞いたが、聞くほどによくなる。 克明でしかも重くないピアノと、それと同じくらい端正なエッシェンバッハの指揮にとても癒される。 ブラームスの協奏曲として妥当な演奏ではないが、実に満足感が大きい。 ソロも遅いが、だんだんと深く説得されてしまう。 不思議な音楽体験で、気分がよい。

タケセン さん | 千葉県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品