CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第1番、ピアノ四重奏曲第1番(管弦楽版)、他 ティリモ、ザンデルリング&ロンドン・フィル、ラトル&バーミンガム市響、他(2CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2283632
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

EMI Classics for Pleasure
ラトル/ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番オケ版、
ティリモ/ブラームス:ピアノ協奏曲集

ながらく廃盤だったラトル若き日のピアノ四重奏曲第1番オケ版と、マルティーノ・ティリモのピアノ協奏曲集(1番はザンデルリング!)を組み合わせた注目のブラームス・アルバム。
 マルティーノ・ティリモはキプロス出身のピアニスト&指揮者で、シューベルトの楽譜校訂、モーツァルトのピアノ曲全集やピアノ協奏曲集、ドビュッシーのピアノ曲全集などでも知られています。
 ザンデルリングと録音したブラームスの1番は、演奏時間約55分という巨大で重厚なもので、 ティリモの若き日を代表する優れたレコーディングとして知られていましたが、廃盤になって久しかったため、今回の復活は嬉しい限り。
 ラトルのピアノ四重奏曲第1番はシェーンベルクがオーケストレーションを施したヴァージョンで、ベルリン・フィルとのコンサートでもとりあげて映像化もされているというお気に入りの作品。この29歳のときの録音では、当時のラトルらしい冴えたリズム感が魅力となっています。これも久々の復活となります。

ブラームス:
・ピアノ協奏曲第1番ニ短調 op.15
 マルティーノ・ティリモ(ピアノ)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 クルト・ザンデルリング(指揮)
 録音:1978年(ステレオ)

・ピアノ協奏曲第第2番変ロ長調 op.83
 マルティーノ・ティリモ(ピアノ)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヨエル・レヴィ(指揮)

・ピアノ四重奏曲第1番ト短調 op.25(シェーンベルク編)
 バーミンガム市交響楽団
 サイモン・ラトル(指揮)
 録音:1984年(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Brahms: Piano Concerto No. 1 Op. 15: I. Maestoso 25:15
  • 02. II. Adagio 16:26
  • 03. III. Rondo (Allegro non troppo) 13:27
  • 04. Piano Concerto No. 2 Op. 83: I. Allegro non troppo 18:06

ディスク   2

  • 01. II. Allegro appassionato 8:52
  • 02. III. Andante (Alexander Cameron, cello) 13:14
  • 03. IV. Allegretto grazioso 9:16
  • 04. Piano Quartet No. 1 Op. 25 (orch. Schoenberg): I. Allegro 13:59
  • 05. II. Intermezzo (Allegro ma non troppo) - Trio 8:19
  • 06. III. Andante con moto - Animato 10:49
  • 07. IV. Rondo alla Zingarese (Presto) 9:18

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
第1番はオーケストラが重厚な音色ですごい...

投稿日:2013/10/15 (火)

第1番はオーケストラが重厚な音色ですごい迫力です。第2番は同じオーケストラなのに現代的でスマートな感じがします。ピアノ四重奏曲のオケ版は流麗です。

カズニン さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブラームス、ピアノ協奏曲第一番の第二楽章...

投稿日:2008/11/11 (火)

ブラームス、ピアノ協奏曲第一番の第二楽章は、危うい美しさに溢れている。ためらうが如き曲想を進むピアノ、冷静な指揮で付けるK・ザンデルリング。この演奏は、指揮者自らの苦闘の記憶が「なつかしさ」に変わる瞬間を味わう心地がする。特にこの楽曲で他の演奏に見られる劇的演出に食傷気味の方へお薦めです。HMV様へのお願いですがブラームス、ピアノ協奏曲第二番K・ザンデルリング指揮、E・アックスのピアノで1997年LIVEのCDの再発売を切に望みます。

スカラベ さん | 札幌 | 不明

1
★
★
★
★
★
ピアノ協奏曲第1番のオーケストラ(ザンデ...

投稿日:2008/10/27 (月)

ピアノ協奏曲第1番のオーケストラ(ザンデルリング指揮)が素晴らしい。レヴィ指揮の第2番、ラトルの・ピアノ四重奏曲第1番はあまりピンとこなかった。

PYY さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品