Blu-ray Disc

ドイツ・レクィエム パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル、ラトヴィア国立合唱団、マティアス・ゲルネ、ヴァレンティナ・ファルカス(日本語解説付)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC9540
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc

商品説明


日本語解説付き
ブラームスの最高傑作『ドイツ・レクィエム』
初演150年記念コンサート。作品ゆかりのブレーメンを拠点とする
パーヴォ・ヤルヴィ率いるドイツ・カンマーフィルが演奏


バッハの『ロ短調ミサ曲』やベートーヴェンの『ミサ・ソレムニス』とも共通する、宗教の枠組みを超えた、人類の「祈り」を描いたブラームスの『ドイツ・レクィエム』。この作品は、1868年4月10日にブレーメン大聖堂で(第1稿、 第5曲を除く)が初演されました。ブレーメンを本拠地とするドイツ・カンマーフィルとパーヴォ・ヤルヴィは、初演からちょうど150年後にあたる、2018年4月10日にブレーメンの聖ペトリ大聖堂で『ドイツ・レクィエム』を演奏、その記念コンサートのライヴ映像が発売されます。
 ドイツ・カンマーフィルは2004年よりパーヴォ・ヤルヴィが芸術監督に就任、以降、独自のプロジェクトなど精力的に活動し、世界各地の音楽祭での演奏で聴衆を魅了、国際的オーケストラとしての評価を一気に高めました。パーヴォ・ヤルヴィと同楽団のブラームス演奏の素晴らしさは交響曲全曲録音でも実証済。『ドイツ・レクィエム』は重厚かつ長大なイメージのどっしりした名演が多いですが、本演奏は荘厳な雰囲気をたたえつつ、楽曲の瑞々しさにも焦点を当てた、創意に富んだオリジナリティに満ち溢れる演奏を披露しています。
 第3、6曲で登場するバリトン独唱には、柔らかく豊潤な歌声で、リートやオペラ、宗教作品の檜舞台で名演を聴かせて来たマティアス・ゲルネ。第5曲のソプラノ独唱はルーマニア出身のヴァレンティナ・ファルカス。そして合唱には、合唱王国ラトヴィアのラトヴィア国立合唱団を起用し、美しいハーモニーを響かせています。(写真c Julia Baier)(輸入元情報)

【収録情報】
● ブラームス: ドイツ・レクィエム Op.45


 ヴァレンティナ・ファルカス(ソプラノ)
 マティアス・ゲルネ(バリトン)
 ラトヴィア国立合唱団
 ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団
 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)

 収録時期:2018年4月10日
 収録場所:ブレーメン、聖ペトリ大聖堂(ライヴ)
 映像監督:アンドレアス・モレル

 収録時間:71分
 画面:カラー、16:9、1080i
 音声:PCMステレオ、DTS-HD MA 5.0
 字幕:英韓日
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。
 輸入盤・日本語帯・解説付


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品